20代で介護職に転職はありです!【4つのメリットと成功方法】

びっくりマークを見つける画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

・20代で転職するんだけど、介護職も考えている。ただ周りからは止められた。
・介護職って20代ではならない方がいいのかな?他の仕事した方がいいかな?

そんな風に考えている人は読んでください。


20代で介護職に転職?少し悩みますよね。

介護職と言えばあまりいいイメージないし、評判も悪いから。

僕も、はじめはそう思っていましたよ。

ただ当時の僕に言いたいのは、「自分のイメージだけで、仕事を決め付けてはいけないよ」ということです。

本記事で、20代で介護職に転職することの悩みを解消します。


本記事でわかること

  • 20代で介護職で働くべき?
  • 20代で介護職で働くメリット、デメリット。
  • 20代で介護職の転職を成功させるには?

記事の信頼性

ユウスケの真顔のイラスト。
・25歳に中小企業から大手企業に転職。
・28歳に福祉業界に転職。現在2年目。
・副業で在宅ワークをする。(月3万)


記事を読み終えた時には、前向きに転職を進めているはずです。

4分くらいで読めるので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。


【結論】20代で介護職に転職はありです!

共有する男性と女性の画像。

結論から言いますが、

20代で介護職に転職するのはありです。


とはいっても、20代で「介護職に転職しようかな」と周りに言うと「もったいないよ」と言われると思います。

これは現在、介護職には

介護職=負け組、落ちこぼれ

のようなイメージを持たれているからです。


ただ、その考え方だけで仕事を決め付けているのが、本当にもったいないです。

どんなことでもそうですが、やったこともないのにイメージだけで仕事を選ぶと失敗します。


介護職の現状


そもそも介護職のイメージが悪いですが、だんだん改善されてきています。


例えば、介護職がきついということですが、これも昔の話。

昔は利用者さんのベッドは動きませんでしたが、現在では車椅子へ移動が楽なベッドになっています。


労働の基準も厳しくなってきたので、スタッフに過剰な働き方をさせることも難しくなっています。

そして、給料も少しずつ上がってきています。

>>>介護職の給料は安いのか?【業界のこれからと上げ方】

※介護職員がまだまだ必要なので、今後も上がっていくと予想できます。


確かに、まだまだ成熟していない業界ではあります。

ただ今後の社会の状況を考えると、介護職はさらに伸びるので、20代の転職の選択肢として考えていいと思います。


スポンサーリンク

【20代で介護職】働く4つのメリット!

デザインを考える画像。

20代で介護職で働くメリットは、4つです。

  • メリット1:若い人は重宝される。
  • メリット2:若いうちに役職者になれる。
  • メリット3:身についたスキルは他の施設でそのまま活かせる。
  • メリット4:これから伸びる業界だから。


メリット1:若い人は重宝される。


1つ目のメリットが、若い人は重宝されるということです。


介護職では、若い人材は重宝されます。

理由は2つあって

①スタッフの平均年齢が高いこと。
②力仕事があるため。

です。


現在の介護職の年齢割合は

20歳未満20〜29歳30〜39歳40〜49歳50〜59歳60歳以上
男性0.9%24.5%34.8%18.7%10.7%8.6%
女性0.6%9.7%17.9%25.0%25.6%19.0%

(参照元:厚生労働省 介護労働の現状

です。


男性であれば20代〜40代、女性であれば30代〜50代が多いことがわかります。

ただ男女比で言うと、

正社員→男性:女性=3:7
非正規社員→男性:女性=1:9

女性が多いので、年齢層は高いことがわかります。


ただ、介護職はかなりの力仕事です。

例えば、利用者さんが寝たきりの場合、車椅子に乗せたりベッドを移動させたりすることになります。

利用者さんも成人男性だったりするので、本当に力がいります。


このように、若い人が少ないのに力仕事があるため、若くてパワーのある人は重宝されます。


メリット2:若いうちに役職者になれる。


2つ目のメリットが、若いうちに役職者になれることです。


これは現状の話ですが、福祉業界は労働年数や資格で評価される傾向にあります。

いわゆる、昔のサラリーマンみたいな感じです。


そのため、経験年数が長いと役職者になりやすい傾向にあります。


メリット3:身についたスキルは他の施設でそのまま活かせる。


3つ目が、身についたスキルは他の施設でそのまま活かせるということです。


下のカテゴリーでも話しますが、福祉の仕事で大切なのが施設です。

施設によって、働き方や給料も違います。

そのため、施設をうまく変えていけると、労働条件のいい施設で働くことができます。


他の施設に変わったとしても、身についたスキルはそのまま活かせます。

20代でスキルが身につけば、そのスキルを他の施設で活かしていけばOKです。


メリット4:これから伸びる業界だから。


4つ目のメリットが、介護職はこれから伸びる業界だからです。


今後の日本は高齢社会で、高齢者のための施設がたくさん必要になります。

これは、間違いのない事実です。

国も介護士や施設を増やそうと政策しているので、これから待遇が良くなっていくのは間違いないでしょう。


2025年に向け、介護人材を量と質の両面から確保するため、国と地域が二人三脚で、「参入促進」「資質の向上」「労働環境・処遇の改善」を進めるための対策に総合的・計画的に取り組むこととしています。

引用元:厚生労働省 介護人材確保に向けた取り組み


そして、介護職の需要はどんどん伸びていくので、仕事がなくなることもありません。

20代のうちに介護職についておけば、伸びる業界の恩恵に預かっていけます。

>>>介護職に将来性がある3つの理由!


以上の、4つのメリットがあります。

「20代で介護職をするともったいない」と言う人がいますが、時代の流れを読めずに、先入観だけで決めてしまう方がもったいないですね。


ただもちろんデメリットもあるので、確認しておきましょう。


【20代で介護職】働く2つのデメリット!

テキストファイルの画像。

20代が介護職で働くデメリットもあるので、確認しておきましょう。

  • デメリット1:社会のイメージが悪い。
  • デメリット2:スタッフの年齢層が高い。


デメリット1:社会のイメージが悪い。


1つ目のデメリットが、社会のイメージが悪いことです。


「20代で介護職はもったいない」もそうですが、介護職と聞くと『きつい、汚い、給料が安い』という、悪いイメージがあります。

人によっては「介護職をしている男なんて、格好悪い」と言われるくらいです。


この社会のイメージはすぐには変わるものではないので、デメリットにはなります。


デメリット2:スタッフの年齢層が高い。


2つ目が、スタッフの年齢層が高いことです。


現状の介護職の年齢割合は、下記のような感じ。

20歳未満20〜29歳30〜39歳40〜49歳50〜59歳60歳以上
男性0.9%24.5%34.8%18.7%10.7%8.6%
女性0.6%9.7%17.9%25.0%25.6%19.0%

(参照元:厚生労働省 介護労働の現状


30代以降のスタッフが多いので、20代で始めると同年代がいない可能性が高いです。

そのため、同年代と働きたいという人だと働きにくいかもしれません。


以上の2つが、20代で介護職で働くデメリットです。

デメリットも大したことないなと感じるのなら、問題ないでしょう。


では、20代が介護職の転職を成功させるには、どうしたらいいのでしょうか?


20代で介護職の転職を成功させるには?

男性がステップアップしている画像。

20代で介護職の転職するときは、施設選びを絶対に意識してください。

はっきり言いますが、介護職は施設で全く違います。


わかりやすく、具体例を挙げてみます。

施設A:利用者に対してスタッフの数が少なく、問題が起きながらも仕事を進めていく。
施設B:スタッフの数が多くて、利用者さんとしっかりコミュニケーションを取りながら働ける。


あなたなら、どちらの施設で働いた方が幸せでしょうか?

誰でも『施設B』で働きたいと言いますよね。


ただリアルな話、Aのような施設もたくさんあります。

もしAのような施設を選んでしまうと、しんどすぎて介護職も嫌いになります。

※介護職が嫌いになる人の、大きな原因が施設です。


ただBのような施設で働ければ、本当に楽しくやりがいを感じながら働けるんです。

このように、施設選びで幸せに働けるかが変わってりますので、絶対に意識してください。


ではここまで話すと「施設をしっかり選ぶには、どうしたらいいの?」と言われるでしょう。

施設選びのために、使ってほしいサービスがあります。


20代が介護職に転職するにはエージェントを利用しよう!

前向きな処理をする女性の画像。

施設選びには、介護職専門のエージェントを利用しましょう。


エージェントサービスは、あなたの転職が成功するようにサポートするサービスです。


転職エージェントは、施設の情報を集めています。

転職エージェントは、合う求人を紹介してくれたり、相談に乗ってくれたりするので、施設内のことを聞きながら施設を探す。

これで、施設探しも上手くいきます。


【大切】介護職は派遣社員から始めましょう!


そして介護職は1度、派遣社員になってから正社員を目指すのがおすすめです。


理由は

①施設の変更が簡単。
②働きながら資格を目指せる。(無料のサポートあり)
③派遣から正社員になれる派遣会社もある。

からです。


まず派遣であれば、施設の変更は正社員より簡単です。

もし施設がよくなければ、派遣会社に言えば変えれます。

1度正社員として働いてしまうと変更がしにくいので、派遣で始める人は多いです。

>>>正社員よりおすすめ?介護派遣で働き始めるメリットとは?


そして派遣会社によっては、資格に必要なお金を代わりに補償してくれるので会社もあります。

介護職は資格があれば給料が上がるので、資格のお金がかならないのは本当にお得です。


また派遣会社の中には、施設で働いてそのまま正社員として働ける派遣会社もあります。


以上の理由から、

まずは派遣会社で働く。 ⇨ いい施設を見つける。 ⇨ その施設で正社員になれるように働く。

がいいと思います。


介護職専門のおすすめ転職エージェント!


介護職専門の、おすすめ転職エージェントをまとめます。

5分くらいで登録できます。登録、サポートは『無料』です。


かいご畑


かいご畑は、厚生労働大臣が『介護就職支援センター』として認可している、派遣会社です。


利用すると『キャリアアップ応援制度』という制度で、実質0円で介護資格が取れます。

※詳しくはサイトに載っていますが、僕が介護職をはじめるなら、資格もとってキャリアアップしながら働きますね。


国に認可されているので、安心して施設探しができます。

無資格・未経験からのキャリアアップ!介護専門求人サイトかいご畑


きらケア

きらケア 介護求人


きらケアでは、職場から集められた情報を元に、合う求人を紹介をしてくれます。


また支援制度があるので、「0円」で資格習得支援スクールに通うこともできます。

口コミでも、サポートの評判がいいです。

きらケアの登録はこちら


僕なら、上記のどちらかを利用します。

資格が無料で取れるというのも大きいですし、施設のことをしっかり検討できるのはでかいですね。

気軽に利用してくださいね。


最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

20代でも、介護職は選択肢としてありです。


これから伸びていく業界で国も力を入れている業界なので、ぜひ前向きに考えてみてくださいね。

おしまいです。

人気の記事>>>介護職を目指しているのに採用されない男性の3つの特徴!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です