大手から転職したい理由はなんですか?【幸せな将来を考えよう】

データをいじる画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

・大手に勤めているけど、転職したい。
・大手企業から転職するのは、良くないのかな?

そう悩んでいる人は、読んでみてください。

「大手企業から転職する。」こんなことを昔は言うと、「アホか!転職するとかやめておけ!」と絶対に返されたでしょう。

ただ現代は、大手企業でも理由があれば転職すべきです。


『終身雇用の崩壊=大手企業も安定ではなくなる。』→ここからは、あなた自身の選択が重要になります。

本記事で、大手からの転職の悩みを解消しましょう。


本記事でわかること

  • 大手から転職した方がいいのか?
  • 後悔しないための大手から転職するときの注意点。
  • 大手から転職を成功させるためには?

読み終えた時は

笑顔のビジネスマンのイラスト。

「いい転職にするために、がんばろう!」

と行動し始めているでしょう。

4分くらいで読めるので、読んでもらえると嬉しいです。


あなたの大手から転職したい理由はなんですか?

ハテナを持つ女性の画像。

大手から転職しても大丈夫かなと不安になる人は、転職の理由を考えてみましょう。

結論、転職の理由で転職した方がいいか、分かれます。


転職の理由→行動

【転職した方がいい】
①大手企業が合わない。→転職した方がいい。

②もっとたくさんのことに挑戦したい。→転職した方がいい。

③成果次第で評価されたい。→転職した方がいい。

④早く役職者になりたい。→転職した方がいい。

【転職しない方がいい】
⑤安定したい。→転職しない方がいい。

⑥のんびり働きたい。→転職しない方がいい。

上記のようになるのが、そもそも大手と中小企業(ベンチャー)で特徴が違うからです。


企業の特徴が違う→働きやすさが変わる


特徴が違う=働き方や働きやすさが違う


企業の特徴

メリットデメリット
大手・安定する。
・福利厚生がしっかりしている。
・給料が高い。
・信頼がでかい。
・役職が上がりにくい。
・責任のある仕事が回ってきにくい。
中小(ベンチャー)・成績で評価される。
・給料が上がりやすい。
・若くても役職者になれる。管理職が狙える。
・若くても責任のある仕事が回ってくる。
・安定しにくい。
・個人の責任は重い。
・1人の働く量は多い。
・福利厚生がしっかりしていない。
・休日出勤が多い。

上記のような違いがあるので、

・どちらに魅力を感じるのか?
・どっちの方が自分に合っているのか?

で選ぶのがいいです。

※もちろん、企業によって違う場合もありますよ。


もし大手の特徴の方が合っているなら、転職しない方がいいかもしれません。


スポンサーリンク

【後悔しないために】大手から転職するときの3つの注意点!

デザインの統計の画像。

大手から転職するときの注意点があります。

しっかりチェックしないと、転職してから後悔することになります。

  • 注意点1:年収と福利厚生が減る可能性が高い。
  • 注意点2:働く量が増える可能性が高い。
  • 注意点3:責任の重さが上がる。

※『大手⇨大手』で転職すれば、それほど変化はしないかもしれません。

『大手⇨中小』なら、確実に変化する可能性が高いです。


注意点1:年収と福利厚生が減る可能性が高い。


まず、中小企業は成果にあって給料が貰える、大手ははじめから基本給が高いという違いがあるので、年収が下がる可能性は高いです。

そして、福利厚生は大手の方がいいので、減ってしまう可能性は高いでしょう。


年収や福利厚生にかなり拘っているようであれば、後悔してしまうでしょう。


注意点2:働く量が増える可能性が高い。


働く量が増える可能性も高いです。


例えば、『大手⇨中小』で転職した場合、中小企業は大手よりも社員が少ない分、1人に回ってくる仕事量が多くなります。

そのため、仕事量が増えてしまうことがあります。


注意点3:責任の重さが上がる。


これは『大手⇨中小』の場合に言えるでしょう。

中小企業の場合は、若くても新卒でも責任のある仕事が回ってきやすいです。

そのため、『大手企業よりも、早めに責任のある仕事をすることになる=責任の重さが上がる』ということです。


転職することで責任の重さが上がる可能性があり、責任を追いたくない人は転職してしまうと、後悔します。


以上の3つを注意して、転職しなければ転職後に後悔するかもしれません。

気をつけてくださいね。


大手から転職したい!【成功させるために3つ実行してみましょう】

男性と女性の画像。

大手からの転職を成功させるためには、次の3つのことを実行してください。

  • ①転職の目的を明確にする。
  • ②中小企業と大企業の違いをしっかり理解する。
  • ③転職エージェントを利用する。


①転職の目的を明確にする。


まずは転職の目的をはっきりさせてください。

上のカテゴリー『転職の理由』に近いですが、転職の目的がはっきりしていないと転職は失敗します。


というのも、『転職の目的=将来の方向性』です。

転職は、『幸せになれる仕事を探す作業。』

仕事は『幸せになるための手段』なので、転職も仕事も幸せになれないとやる意味がありません。

そのため、将来どのように幸せになるのかを考えて転職することが重要です。

※ただなんとなくで転職するのは、絶対にNG。


転職の目的を考えましょう。

目的をはっきりさせる方法は『転職の目的をはっきりさせる2つの手順!』にまとめています。


②中小企業と大企業の違いをしっかり理解する。


中小企業と大企業の違いを、しっかり理解しましょう。

先ほども言いましたが、中小企業と大企業では働きやすさや働き方が全く違います。

僕は『中小⇨大企業』で転職しましたが、福利厚生の良さや休日の多さにびっくりしました。


まずは、中小と大企業の違いを明確にしていきましょう。

※上にもまとめていますが、ここにもまとめます。

企業の特徴

メリットデメリット
大手・安定する。
・福利厚生がしっかりしている。
・給料が高い。
・信頼がでかい。
・役職が上がりにくい。
・責任のある仕事が回ってきにくい。
中小(ベンチャー)・成績で評価される。
・給料が上がりやすい。
・若くても役職者になれる。管理職が狙える。
・若くても責任のある仕事が回ってくる。
・安定しにくい。
・個人の責任は重い。
・1人の働く量は多い。
・福利厚生がしっかりしていない。
・休日出勤が多い。


上記の違いを理解して、転職先を決めていきましょう。


③転職エージェントを利用する。


転職エージェントを利用して、転職を有利にしましょう。

転職サイトは求人が掲載されていますが、それに転職サポートも加えられているのが、転職エージェントです。


転職エージェントを利用することで、

・合う求人を見つけやすくなる。
・転職の成功の方法をアドバイスしてもらえる。
・履歴書・職務経歴書、面接の対策をしてくれる。
・就業条件の交渉を代理でしてくれる。

という風に、転職が成功しやすい状況を作り上げていくことができます。


もしあなただけで転職活動をした場合、

『面接の日程を決めながら、履歴書を何枚も書いて、面接の準備をして、他の企業も探して応募する。』

という感じで、かなり忙しいです。


この忙しい状態で、冷静に転職ができますか?

僕ならきついですね…


そのため、少しでもあなたにかかる負担を減らして、『大切なこと=企業選びや将来設計』に時間を使うべきです。


転職エージェントにサポートしてもらって、いい転職にしましょう。

転職エージェントは『転職エージェント6選!選び方や不安まとめ』にまとめています。


どんな状況でも、転職というのは不安なはず。

だからこそ、いい転職にしてもらえれば嬉しいです。


ぜひ、本記事の内容を参考にしてみてくださいね。

おしまいです。

人気の記事>>>中小企業に転職したら負け組?【むしろ生き残ります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です