思いやりのあるENFJ適職まとめ!【向いていない職業もあり】

チームの精神の画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

・ENFJの適職って何だろう?
・ENFJ型なんだけど、合う職業と合わない職業が知りたい。

そう考えている人に読んでもらいたい記事です。


はじめに言っておきますが、ENFJは社会的に成功しやすい特徴をもった人たちです。


実際、自分の適性や性格を診断できる『16Personalities』でも

主人公型の人達は、天性の指導者で、情熱とカリスマ性に溢れています。

引用元:16Personalities ENFJ-A ENFJ-T

と出ています。

ただもちろん向いていない職業もあり、そんな仕事で働けばストレスで悩む原因にもなります。


本記事で、ENFJの適職や向いていない職業を、確認しておきましょう。


本記事でわかること

  • ENFJの特徴。
  • ENFJの適職と向かない職業
  • ENFJの適職の企業を探すための方法。


4分くらいで読めるので、ぜひ最後まで読んでみてください。


【ENFJの適職を知るために】特徴まとめ!

タイトルを設置する画像。

まずはENFJの適職を知るために、特徴を知っておきましょう。


一言で言うとENFJは、コミュニケーション能力の高い、仲間意識のあるリーダータイプです。

話し上手なので人を気持ちよくできるのですが、決して悪意があるわけではなくて、人に寛容な性格です。


ENFJ型の特徴

・社交的。
・コミュニケーション能力が高い。
・感情が豊か。
・他人との協力的で、人付き合いがうまい。
・仲間意識が高くて、他人に優しい。
・ルールをしっかり守る。
・性格は全体的に温厚で、他人にも寛容。
・自分には厳しい。
・他人のことを考えて働く、リーダーシップがある。
・デリケートな部分を持っている。


上記のような特徴を持っています。

ENFJ型は、本当に他人のことを思いやる心の持ち主。

他人に優しくて、人のために働けることを嬉しく感じます。


人との会話が得意なので自然と他人に好かれて、話をまとめていくことができるので、リーダー気質の持ち主です。

ただ自分に厳しいので、自分のミスには許せません。さらにデリケートなので、他人の言葉に必要以上に傷付いたりします。


以上のような特徴を持つのが、ENFJです。

この特徴から、ENFJの適職(向いている職業)をまとめていきます。


スポンサーリンク

ENFJの適職は?【他人のために働けると幸せです】

車いすの男性にプレゼントを渡す画像。

ENFJの適職(向いている職業)は、次のような仕事です。


ENFJ型の適職

・教師(小学、中学、高校、大学)
・キャリア関係(リクルーター、キャリアコンサルタントなど)
・カウンセラー
・医者、看護師
・獣医師
・ソーシャルワーカー
・新聞記者
・学者
・翻訳
・デザイナー(フォト、インテリア、アートなど多種にわたる)
・コピーライター
・マーケター
・企業責任者
・外交官


ずらっと挙げてみました。めちゃくちゃ多いですよね。

それだけ、才能に富んだ人だということです。


あと職業ではないですが、『起業家』も向いています。

リーダーとしての才能もあるので、向いていますね。


上記の職業の共通点は

・他人のことを考えることができる職業。

です。

人に共感できる職業ができると、幸せに働くことができます。


あなたが興味ある職業はありましたか?

自分に適した仕事で働けると、ストレスも少なくて気持ちよく働くことができます。

逆に向いていない職業につくと、あまりよくないので、チェックしておきましょう。


ENFJに向いていない職業!【ストレスを避けよう】


ENFJが向いていない職業は、次の仕事です。

ENFJ型に向いていない職業

・プログラマー
・エンジニア
・会計士
・裁判官
・検察官


人と関わりが少ない仕事は、自分が何のために働いているのか疑問を感じてしまうので、向いていません。


向いていない職業で働いていると、デメリットがあります。

向いていない職業をするデメリット。

①ストレスになる。
②楽しくない。
③時間の無駄。


働きにくい環境で働き続けることは、ストレスを我慢して働き続けるということです。

楽しいわけはないですし、嫌々やっていると成長速度も遅いので、同期には置いていかれて、後輩には追い抜かれます。


あなたの時間が無駄も無駄なので、上記のような職業は避けた方がいいでしょう。

※もし上記のような職業ですでに働いていて、ストレスを感じているのなら、職業を変えるのもありですね。


では、上記のような仕事を避けつつ、INFJの適職に就くにはどうしたらいいのでしょうか?


ENFJが適職の企業を探す方法!【転職エージェントを使いましょう】

ブックマークする女性の画像。

ENFJが適職に就くためには、転職エージェントを利用するのがベストです。


上でもお話ししましたが、INFJは他人と協力しながら働けることが大切です。あなた一人で黙々と働くような企業だと、嫌になってしまうでしょう。

チームワークのいい企業を探すのが、大切です。


ただ、企業内部のことを知る必要があるので、普通に転職活動をしていても、難しいです。

そのため使った方がいいのが、転職エージェントになります。


まず転職エージェントは、業界に精通しているので企業のこともある程度は知っています。

会社内部のことも知っている可能性もあるので、聞いてみるといいです。


そして転職エージェントは、あなたの希望の条件に合う求人を紹介してくれます。

例えば、「仲間を大切にする風土の企業に、転職したいです。」と伝えておけば、それに合う企業を探してくれます。


そして、それをあなた自身が企業研究をすることで、より確実に合う企業へ転職できるようになります。

※普通だと求人検索も自分でしないといけないので、企業研究する時間はないですが、紹介してもらえば時間を節約できます。

>>>【完全版】失敗しない転職エージェントの使い方!


ちなみに企業研究は、

・面接の時に、社員の働く風景を見せてもらう。
・会社に訪問した時に、すれ違いぎわの社員のテンションや表情を見ておく。

こともしておくと、より合う企業に転職できる可能性が上がります。


面接官や社長は会社の顔なので、ぶっちゃけ見え方を気にしています。

ただ普段から働いている人は、そんなこと気にしていられないので、厳しい会社だと表情はくらいです。


もちろん、企業の情報を見ることも企業研究ですが、面接などでも企業のことを知ることはできるので、やってみてください。


ちなみに下のデータでもわかりますが、転職成功者は転職エージェントを積極的に活用しています。

転職エージェント(人材紹介会社)利用社数のデータ。
参照元:リクナビNEXT 転職エージェントの平均利用社数を参照して筆者が作成。


ということで、転職エージェントを利用することで適職に転職できる可能性が上がります。


無料』で登録、サポートしてくれるので、金銭的なマイナスもありません。

求人には期日もあるので、自分に合う優良求人と出会うために、この機会に行動してみてくださいね。


仕事探しがしやすい転職エージェント

  • リクルートエージェント
    求人数10万件以上、転職支援実績、顧客満足度No.1。
    業界最大手のエージェントサイト。
  • doda
    リクルートエージェントと双璧。
    サポートの評判がかなりいい、エージェントサイト。
  • ハタラクティブ
    20代やニート、無職、フリーターなど、立場の弱いと言われる人のサポートに優れたエージェント。
    実際に、足を運んだことのある会社を紹介。

※全て、5分くらいで登録できます。


これで、今回はおしまいです。

ENFJの適職で働いて、いい人生にしてくださいね。

人気の記事>>>ENFJと相性のいい『INFP』の適職とは?

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です