英語ができない…でも外資系に転職する方法!/体験談も解説

世界地図の画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

真顔の男性のイラスト。

「外資系に転職したいんだけど、英語ができないんだよね。やっぱり英語って話せないとダメなのかな?いい方法ないかな?」

と悩んでいる人は読んでみてください。

外資系の転職で、英語がいるのかなと悩んでいる人は多いはず。英語いると思って外資を諦めている人もいて、本当にもったいないです。

ぶっちゃけ、英語がいらない外資企業なんてたくさんあるので、本編で詳しくお話ししていきます。


笑顔のユウスケのイラスト。
実は僕も外資系に転職しました。僕は今でも英語は全くです。それでも、実際に転職を成功させましたし、楽しく働いてきました。

記事内容

  • 英語ができなくても外資系に転職できるのか?
  • 外資系に転職する方法は?
  • 外資系に転職して僕の人生が変わった話。


読み終えた時には

幸せな男性のイラスト。

「外資系転職でも、英語使わなくてもいけそうじゃん!応募してみよう!」

と行動し始めているでしょう。

長くなってすみません。では本編へどうぞ。

※本編は4分くらいで読めます。


英語ができない…でも外資系に転職できるんです!

仕事の終わりの時間の画像。

外資系に転職しようと思うと必ず思うのが、「英語が話せない」ということでしょう。


結論からいうと

外資系企業は、英語が話せなくても転職できます。

細かく言うと、英語が必要ない企業と必要な企業があります。

ユウスケの真顔のイラスト。
僕は英語が必要ない外資系に転職してます。ただ、同じ外資系なんですよね!


詳しく話す前に、まず簡単に外資系企業の特徴をお話しします。

※方法が早く知りたいという人は、飛ばしてもらってOKです。


外資系企業の特徴


外資系企業には、日本とのはっきりした違いがあります。

外資系企業の特徴

  1. 能力主義。
  2. 社員間の関わりが少ない。個人で仕事をする。
  3. 仕事と休日が完全に分けられている。
  4. 残業はほぼない。定時で帰る。


上記の内容は、英語が必要な企業もいらない企業も同じです。

日本の企業との大きな違い、年功序列なんてなくとにかく実力次第。

休みに仕事なんて持ち込みませんし、残業なんてしないように仕事を進めます。


とにかく成果さえ出せば、ほぼ自由なのが外資系です。


では両者の違いですが、先に簡単に違いをお話ししておくと

転職活動中転職後
①英語が必要履歴書、面接などで英語を使うこともある。社内や取引先で英語が必要なこともある。
②英語がいらない履歴書も、面接も日本語。社内や取引先でも、ほぼ日本語。

という感じ。


下のように2つに分けてお話しします。

  • ①英語が必要な外資系企業
  • ②英語がいらない外資系企業

では1つずつ説明しますね。


①英語が必要な外資系企業


英語が必要な外資系企業はあります。

求人に「英語必須」「TOEIC◯◯点以上」などと記載されている場合は、英語が必要だと判断できます。


実際に面接に行くと、英語で質問させたり英語で答えなければならない場合があるので、対策は必要です。

転職してからも

・英語でコミュニケーションを取っている。
・英語が必要な取引先。(海外、外人など)
・上司や同僚が外人。

ということもあるので、英語はできるようになっておかないといけません。


日本の場合は、英語があるだけで重宝される人材になれるので、英語を習得しておくと今後の人生にも間違いなく活きるでしょう。


②英語がいらない外資系企業


英語がいらない外資系企業もあります。

面接や履歴書も日本語でいいですし、実際に面接する時も日本人が面接官です。

企業の形は、海外に本社がありますが日本の会社はほぼ独立しているという状態です。


転職してからも

・コミュニケーションは日本語。
・取引先も英語が必要ない企業ばかり。
・上司や同僚も日本人ばかりか、日本語のできる人ばかり。

と、英語が必要になることはほぼありません。


職場の環境は、日本の会社とほぼ変わりなし。あるのは、外資系企業としての能力主義の部分や自由な風土です。


このように外資系企業には、英語が必要な企業と不要な企業があります。

では、どうすれば外資系企業に転職できるのかお話しします。


スポンサーリンク

英語ができる、できない。2つのパターンで外資系に転職するには?

男性が左右の分かれ道を選んでいる画像。

どうすれば外資系企業に転職できるのかですが、英語が必要な企業と不要な企業で転職の流れが変わるので、別々にお話ししていきます。

笑顔のユウスケのイラスト。
あなたの今の英語力と希望の将来を考えながら、読んでみてくださいね。


①英語が必要な外資系企業


英語が必要なのでまずは、英語のレベルが上がっていなければなりません。

先ほども軽くお話ししましたが、面接や履歴書でも英語を使用することがあるので、確実に準備が必要です。


転職までの流れ

英語の習得、求人応募に必要なレベルの準備 ⇨ 転職サイトやホームページから応募


まずは全く英語ができない状態だと、応募もできません。

また転職できても仕事で英語を使用することになるので、コミュニケーションが普通にできるくらいの英語力はつけた方がいいです。


英語力はかなり重宝されるので、もしまた転職する時にも大きなスキルになります。

また仕事に活かせるのは間違いないので、英語力は磨いておいて損はないでしょう。


※英語の勉強には下のサイトがかなり効果的なので、使ってみてください。⇩

  • ライザップイングリッシュ
    筋トレで有名なライザップが運営しています。
    専属トレーナーがマンツーマンで、1人1人に合わせたカリキュラムで指導します。
  • 【BizEnglish(ビズイングリッシュ)】
    成果が出なかった人や継続できなかった人におすすめです。
    継続率は90.9%、満足度も97.3%と非常に高くて、3ヶ月で話せるようになると話題です。


②英語がいらない外資系企業


英語がいらない外資系企業は求人を探せばあるので、転職サイトから応募しましょう。


ホームページから探す方法もありますが、1つ1つ潰しているとかなり時間がかかって転職が進まないので、転職サイトで「英語不要」で検索するのが早いです。

ただ英語ができないというフィルターがかかるので、応募できる求人数が減ります。

そのため応募できる数を増やすために、転職サイトの登録数を2、3社にしたり、ホームページから直接応募したりして、数を増やしましょう。


転職までの流れ

転職サイト、ホームページなどで直接応募。


※下記は、外資系企業に強い転職エージェントです。⇩

  • リクルートエージェント
    求人数10万件以上、転職支援実績、顧客満足度No.1。
    グローバル専門のキャリアコンサルタントが、合う企業を紹介してくれます。
  • JACリクルートメント
    アジア各国で知名度の高いグループ会社。
    サポート内容も幅広く、英語の履歴書の添削や英語の面接対策、中国語の話力チェックなど、さまざまなサービスがあります。
  • ランスタッド
    世界最大級の転職エージェント。
    年収1000万以上の求人が過半数を占める、ハイクラスのキャリア形成に最適なサイトです。


以上のように、英語の必要な企業と不要な企業では転職のやり方が変わります。


英語ができない僕が外資系に転職して人生が変わった!

幸せな少年の画像。

僕も中小企業から外資系企業に転職しました。

ぶっちゃけ、僕の場合は外資系企業だけに絞っていたわけではありませんでした。


きっかけは転職サイトをなんとなく見て企業を探していた時。僕はワインが好きだったので、目に止まったのが転職先です。

転職先の候補に入れた理由は、そんなに素晴らしいことではなくて

・外資系って響きがかっこいいな。
・スーツでバリバリ営業してるのかっこいいな。
・大企業で安定するな。
・給料も高いしいいな。
・海外の人に出会えるし価値観とか広がりそう。

って感じ。

人の役に立ちたいとか何もありません。

※もちろん履歴書や面接では、相手に響きやすいことを話しています。

ただそんな気持ちで履歴書出して、面接受けて、内定を頂きました。


転職には、転職エージェントやホームページを確認して応募していました。

笑顔のユウスケのイラスト。
外資系とかわからないことが多かったので、転職サイト・エージェントに助けてもらえたのは大きかったです。


転職してからは自由に働き、海外の社員さんとも出会い、仲間も増えて新しい価値観を育ちました。

給料もしっかりもらって、いい車に乗って幸せでした。


入社してから、外資系企業の素晴らしさを肌感覚で感じます。

特に成果で評価されるので、中途や年齢関係なく給料やキャリアも上がるのは本当に魅力。働き方も個人で自由なので、時間を縛られることも少ないですよ。


また外資系企業では入社後に上司に外人とかもあるので、自然と英語力も上がっていきます。

今後はグローバル・能力主義が当たり前なので、外資系企業での経験は人生に間違いなく活きていくでしょう。


英語ができないなんて心配いらない!将来のために外資系転職をしよう!【まとめ】

女性が注文を確認した画像。

英語ができないからと外資系転職を諦めないでください。

外資系の転職なんて、適切な方法ですれば全然できます。


ぶっちゃけ、転職すると企業のデカさや仕事のやり方の違いに、少し戸惑うかもしれません。

ただ外資系の転職は、自分の能力を上げるだけでなく価値観を変える。間違いなく、将来的に必要な力が磨かれます。


日本も終身雇用が崩壊し年功序列もなくなるので、海外のように能力主義になっていきます。

その時に信じられるのは、自分の力と仲間との繋がりです。

外資系は海外の会社なので、今後の日本が能力主義になった時に生きる力を今から磨けます。


自分の将来のために外資系を選ぶのも、いい選択になるはず。

ぜひ、外資系企業の転職を成功させてください。


おしまいです。

※英語の勉強には下のサイトがかなり効果的なので、使ってみてください。⇩

  • ライザップイングリッシュ
    筋トレで有名なライザップが運営しています。
    専属トレーナーがマンツーマンで、1人1人に合わせたカリキュラムで指導します。
  • 【BizEnglish(ビズイングリッシュ)】
    成果が出なかった人や継続できなかった人におすすめです。
    継続率は90.9%、満足度も97.3%と非常に高くて、3ヶ月で話せるようになると話題です。


※下記は、外資系企業に強い転職エージェントです。⇩

  • リクルートエージェント
    求人数10万件以上、転職支援実績、顧客満足度No.1。
  • JACリクルートメント
    サポート内容も幅広く、英語の履歴書の添削や英語の面接対策、中国語の話力チェックなど、さまざまなサービスがあります。
  • ランスタッド
    年収1000万以上の求人が過半数を占める、ハイクラスのキャリア形成に最適なサイトです。


人気の記事>>>英語が話せない人でも海外転職は簡単にできる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です