自由な働き方を実現したい!【具体的な2つの方法と職業】

旅する女性の画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。 

悩む少年のイラスト。

「あぁ〜今の会社が不自由すぎて本当にストレスだ!自由に働きたい。どうすればいいのかな?」

と悩んでいるなら読んでください。

自由な働き方の実現のやり方をお話しします。


…なんか、昔の僕を見ているようです。


というのも、僕も自由な働き方に憧れて会社を辞めました。

現在29歳ですが、アルバイトをしながらブログで収益を出して、4ヶ月ごとにフラフラと旅に行ってます。


僕の中で、会社に縛られていることに違和感を感じていました。

「せっかくの一度きりの人生が、このままでいいのかな?」そう思って仕事を辞めて、今の生活をしています。


ぶっちゃけ、めちゃくちゃ幸せです。


この記事では

  • 不自由な働き方になっている理由。
  • 自由な働き方をするためには?
  • 自由な働き方ができる仕事。

がわかる内容になっています。

読み終えた時には

笑顔の男性のイラスト。

「自分も自由な働き方がしたい!ちょっと考えてみよう!」

と行動し始めているでしょう。

4分くらいで読み終えれますので、読んでもらえる嬉しいです!


不自由な働き方になっているのは『時間』『場所』『お金』に縛られているから!

重たい箱を運ぶ男性の画像。

自由な働き方ができていな原因は


あなたを縛っているものがあるから


です。


どういうことかを、噛み砕きながら説明していきますね。


まず、あなたを縛っているものは3つです。

①時間
②場所
③お金

この3つに自由を奪われていると言っても、過言ではありません。


例を挙げながら説明します。


縛られているもの①:時間


例えば、あなたのやっている仕事が朝9時〜夕方の18時までだとします。


そこから出勤時間を考えたら、家に帰るのは19時くらいです。


家では夕飯の準備やら、家事やら、明日の準備やらやることがありますよね。

もし子供がいるようなら子供の世話もしないといけません。


なんやかんやしていると、もう夜の10時です。

そして、次の日も朝の8時には出ないと行けないので早く寝ますね。


こういう毎日を送っていると、あまり自由に使える時間なんてありません。

これって時間を縛られていますね。


なので、不自由に感じる理由が時間なんです。


縛られているもの②:場所


次に場所ですが、会社勤めをしているのがいい例です。


会社勤めをすると、どこかに支社に配属されます。


例えば東京に配属されたら、その近辺で住む場所を探すでしょう。

また配属先の移動がない限りは、ずっとその場所で働き続けることになります。


これは、完全に場所に縛られている状態です。


なので、場所も不自由を感じる理由です。


縛られているもの③:お金


最後にお金ですが、生活をイメージすればわかりやすいです。


例えば、給料が手取りで20万だとします。

それで家賃、自動車代、車の維持費、保険、税金、光熱費、生活費と支出があって2万くらいしか手元に残らなかったら、とにかく働かないと貯金もできません。

ちなみにこれは、僕の26歳の時の状況です。


これでは遊んでいる余裕も全くありませんし、必死に働かないと生活もままなりません。


こんな状態になるので、お金も自由を奪う理由になっています。


このように、3つが原因で「自由になりてぇ〜!」と思うわけです。


でもこれで原因はハッキリしましたよね。

自由な働き方をするには『①時間、②場所、③お金』を自由なものにすればいいんです。


※ただ人によっては大切なものが違うので、「時間だけ」とか「場所だけ」っていうのでもありですよ。


ではどうしたら『①時間、②場所、③お金』の縛りを解消して、自由な働き方が実現できるのかお話しします。


スポンサーリンク

自由な働き方をするためできることは2つ!

寝転がりながらパソコンを使う男性の画像。

どうしたら『時間、場所、お金』の縛りを解消して、自由な働き方が実現できるのかお話しします。


ぶっちゃけ、やれることは2つしかありません。

  • 方法1:縛りが無くなるように成果を出す。
  • 方法2:自由な働きの職業に転職する。

順番に説明します。


方法1:縛りが無くなるように成果を出す。


縛られている状態になる時は、基本的に成果が出ていない時です。


成果が出ていれば、仕事も早く終わりますし無駄な仕事を回されることもありません。

お金も満たされます。


成果さえ出ていればいろいろとわがままが聞くので、自由な働き方に近づきます。


縛りが無くなるように、成果を出しましょう。


方法2:自由な働きの職業に転職する。


一番簡単なのが、自由な働きの職業に転職してしまうことです。


仕事さえ変えてしまえば、好きな仕事に就くことができます。

転職で、自由な働きができる職業を選びましょう。


※自由な働きができる職業は、下でお話しします。


この2つの方法で、自由な働き方ができるでしょう。


では最後に、自由な働き方ができる仕事を紹介して終わりにします。


自由な働き方ができる職業を4つ紹介します!

ビジネスウーマンの画像。

今は自由な働き方に憧れて、仕事を変える人が増えてきました。

僕もその1人ですが。


自由な働き方ができる職業は4つです。

  • その1:リモートワーク (テレワーク)
  • その2:在宅ワーク
  • その3:フリーランス
  • その4:副業

この4つです。


気になる職業からどうぞ。


その1:リモートワーク (テレワーク)


リモートワークは、自由に働ける仕事として注目されています。

日本では、テレワークという言葉の方が馴染みがありますね。


リモートワークは、英語で「remote / work(遠く離れて / 働く)」と表記されます。

遠くに離れていても働けることが特徴です。


また働く時間を自分で選んでいる人も多くて「日本の会社なのに、今はタイにいる」とかは普通にあります。


あとお金も満たされている人が多いです。

理由は、リモートワークが実現できる仕事がIT関係だからということです。


IT関係はもともと給料がいいということもありますが、現在伸びている業界で今後も伸び続けていきます。

関連記事:2020年以降、これから伸びる業界とは?【要注目の5選】

伸びる業界は資金も満たされているので、社員に給料として渡せます。


なので、お金でも安心です。

リモートワークは、自由に働ける仕事として筆頭です。


※リモートワークに興味がある場合は、リモートワークの求人が集まっているサイトに登録して、企業を見るのもありです。⇩

  • doda
    転職ならdodaで有名、日本最大級の求人数を掲載しています。
    内定までをトータルサポートしてくれます。
    リモートワークの求人も多数掲載しています。


その2:在宅ワーク


在宅ワークも自由に働けます。


在宅ワークでイメージしやすいのは、キーホルダー作りとか小物作りとかです。


場所も家ですし、自分の時間配分で働けます。


ただお金の部分だと、あまり稼げないというデメリットもあります。

なので、主婦が空き時間でやることが多いです。


1つの自由な働き方の選択肢としては、ありです。


※リモートワーク 、テレワーク、在宅ワークの違いが気になった時は下の記事を参考にしてください。

関連記事:【徹底解説】リモートワーク、テレワーク、在宅ワークの違いとは?


その3:フリーランス


フリーランスは自分で何もかも決めていくので、自由に働けます。


自由な働き方というと1番にイメージされるのが、フリーランスでしょう。

会社員ではなく、1人の実業家として働くイメージなので仕事を取れば働きますし、働かないと思えば働かなくてもいいです。

働き方は本当に自由です。


ただ全てが自分の責任です。

固定給があるわけではないので、お金は不安定で稼げなければ給料は0円です。


お金に対しての稼ぐ覚悟があるのなら、自由な働き方になるでしょう。


フリーランスの代表的な職種

・プログラマー
・エンジニア
・ライター
・カメラマン
・画家
・音楽家


※フリーランスはクラウドソーシングで仕事を取ることが多いです。


その4:副業


副業も1つの自由な働き方です。


最近はサラリーマンの副業ブームで、かなり数が増えています。


副業としてやることと言えば、

ブログ、ライター、YouTubeなど

です。


実際にリモートワークをしながら、ブロガーとしても成功されている人もいます。

ツイート提供:Tsuzukiさん(@1276tsuzuki
リモートワークで働かれながら、副業でブログを運営されています。フォロワー数は3.2万人を超えています。副業に興味があるなら、フォローはしておいた方がいいでしょう。


副業でも少しでも稼げればお金の縛りはなくなるので、自由に近づくかもしれません。

※ただその分、時間は副業にも使うことになるのでバランスが大切です。


この4つが自由な働き方ができる仕事です。


あなたも自由な働き方を目指してみてください!


おしまいです。


次の記事>>>仕事はゲーム感覚がベスト!【人生がRPGみたいに楽しくなります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です