障害者も就活していこう!【仕事選びを成功させる最強の方法】

男性と女性の画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

あなたは

真顔の男性のイラスト。

「障害を持っているけど、仕事したいんだよね。どこに相談すればいいのかな?」

と悩んではいませんか?

方法はいくつかありますが、長く勤めるためにも適切な方法を使うことが必要です。


僕も現在、障害福祉のお仕事をさせてもらってます。障害を持った子供たちや成人の方を相手にしていますので「どういう風に働けるといいのかな?」と考えたりします。

この記事で

  • 現状の障害者の就活事情。
  • 障害者が就活を有利に進めるには?
  • 障害者に特化した転職エージェントの選び方。

がわかります。

読み終えた時には

幸せな男性のイラスト。

「ものすごく不安だったけど、いい方法があった。とりあえず相談しようかな。」

と進み始めるでしょう。

4分ほどで読めるので、読んでもらえると嬉しいです。


現在の障害者の就活は有利!【法定高揚率が右肩上がりです】

男性がデータで予測している画像。

現在は民間企業で、障害者の雇用が積極的に行われています。


引用元:東京都社会福祉協議会


理由は障害者雇用促進法が5年ごとに改正を繰り返して、障害者の立場を守っているからです。


障害者雇用促進法

【目的】 障害者の雇用義務等に基づく雇用の促進等のための措置、職業リハビリテーションの措置等を通じて、障害者の職業の安定を図ること。

引用元:厚生労働省 障害者雇用促進法の概要 pdf


最近では2018年4月に改正されて、法定雇用率(全社員に対しての障害者の割合)を引き上げました。

事業者区分法定雇用率
民間企業2.2%
国、地方公共団体2.5%
都道府県等の教育委員会2.4%


2021年4月には、さらに0.1%引き上げを予定しています。


このように、障害者の雇用は積極的に行われるように進められています。


就活の注意点

会社を選ぶ際に注意して欲しいのが、会社が国のルールを守るためだけに障害者を雇用している可能性があることです。


法定雇用率は国が定めたもので民間企業に守らせるために作ったルールなので、会社を経営する以上は守らなければなりません。


ただ悲しい話ですが、数値を超えることだけを目的に障害者を雇用する会社もあります。

そういった会社は入社してからは待遇も悪く、会社でも仕事がしにくいということはあり得ます。


そのため、会社選びはしっかりしなければなりません。


国のルールを守るためだけに障害者を雇用しているのではないかと、見極めないとならないことは注意点です。


スポンサーリンク

障害者の就活はプロを使って有利に進めよう!

2人の男性が握手している画像。

いろいろと考えながら就活しなければならないのでめんどくさくなってきますが、就職・転職を手伝ってくれるプロがいます。


転職エージェントとハローワークです。


転職エージェントにはいろいろな専門分野があって、障害者の方を手伝うことに特化した転職エージェントもあります。


悩みの相談を聞いて解決してくれたり、いろいろなことをサポートしてくれるサービスで、担当者がついてマンツーマンで手伝ってくれます。

あなたの障害レベルなども考えながら、合う仕事を探してきてくれます。


ハローワークは、地域にある仕事を紹介をしてくれます。


ハローワークも、担当者が話を聞いて合う仕事を紹介してくれます。

ただ完全にマンツーマンではないことと、地域の仕事しか紹介できないというデメリットはあります。


それでもプロなので、いい仕事を紹介してくれる可能性があります。



転職エージェント、ハローワークを利用すれば就職が有利になる!

転職エージェント、ハローワークを利用すれば就職・転職は有利になります。


有利になる理由

  1. 仕事探しの経験が豊富のため、あなたに合う仕事を選んでくれる。
  2. 企業にあなたの魅力をアピールしてくれる。
  3. 非公開求人をたくさん抱えている。


仕事を探すときは、プロを頼りましょう。


では次は、どんな転職エージェントを選んだらいいのかをお話しします。


障害者が就活に転職エージェントを選ぶ3つのポイント!

女性が疑問の出る画像。

転職エージェントの選び方には、3つのポイントがあります。

  • ポイント1:会社が大きい。
  • ポイント2:障害者の方に仕事を紹介してきた実績や会社の歴史が豊富。
  • ポイント3:障害者の方に仕事紹介を専門でおこなっている。

深掘りします。


ポイント1:会社が大きい。

会社が大きいと、求人数が豊富です。

求人数が少ないと仕事の選択肢が減ります。


選択肢を増やすためにも、会社が大きところがいいです


ポイント2:障害者の方に仕事を紹介してきた実績や会社の歴史が豊富。

会社の実績や歴史は大切です。

それが、担当者の経験に繋がるからです。


はじめに転職エージェントを利用する理由は、経験が豊富だからということをお話ししました。

それは仕事を紹介してもらう上で、本当に大切なことです。


経験が豊富 = 場数を踏んでいる


ということです。


紹介してきた実績や会社の歴史は、場数に繋がるため紹介してきた実績や会社の歴史は、押さえましょう。


ポイント3:障害者の方に仕事紹介を専門でおこなっている。

障害者の仕事紹介を、専門におこなっているというのは大切です。

なぜなら、健常者と障害者の悩みやつまづくポイントは違うからです。


健常者であれば「ドアのノックは3回」とか「手を組んで座る」など細かいところまでできるでしょうが、障害を持っている方はそういった部分もうまくいかなかったりします。

そのため全てをしっかりと考えて、サポートしてくれた方がいいでしょう。


以上が3つのポイントです。


転職エージェントを利用するのは、あなたの転職が良くなる可能性が上がるからです。

利用できるものはしっかり使って、転職を進めることがおすすめです。


障害者に特化したオススメの転職エージェント!

次がオススメの転職エージェントです。

どのサイトも登録が5分くらいで終わってしまうので、ぜひこの機会に行動してください。

もちろん無料です。


障害者の就職・転職なら【dodaチャレンジ】
CMで有名なdodaが運営しています。大手の会社でサイトに載せていないような非公開の求人など、幅広い求人のラインナップがあります。また初めのカウンセリングを大切にしているため、相談を元にあなたにあった仕事を紹介してくれます。


障がいのある方の「働きたい」を支援します!就労移行支援のMelk
首都圏(1都3県)専門の会社です。今まで就業者数891名、定着率81%を誇っています。働くために必要なスキルを習得できるようにトレーニングして 就職後も職場に定着できるようサポートをしています。


皆さまの就職・転職活動を力強くサポート【ラルゴ高田馬場】
取引先が年間約600社あり、 そのうち約7割が30年以上続いている安定企業を積極的に紹介してくれるので安心です。実践的・実務的なトレーニングを行い、就職後もアフターフォローをしてくれます。


以上の転職エージェントは歴史もあり、大きな会社で専門性もありますので安心して任せることができると思います。

会社によって紹介できる求人が違ったりしますので、選択肢の幅を広げるためにも「いいな」と思ったところは登録しておきましょう。


転職エージェントについては、下の記事も参考にしてください。


いい就職、転職ができるようにがんばってください。


おしまいです。


次の記事>>>仕事で人間関係が辛いときの対策!【幸せのために転職もすべき】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です