HSPの失敗しない仕事の探し方!【ヒント:企業選び】

製品を使い回す画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

腕組みする作業着の男性のイラスト。

「HSPの性格に合う仕事がどうやって探したらいいのかな?正しい探し方ってあるのかな?」

と悩んでいる人は読んでください。


HSPは病気ではありませんが、その気質から職場が合わずに辛くなって、辞めてしまうことが多いです。

うーん、仕事を何回も辞める。これって辛すぎますよね。

自分は社会不適合かと、思ってしまうと思います。

ただHSPでも適職はありますし、仕事の探し方があります。


本記事で、仕事の探し方の悩みを解消しましょう。


本記事でわかること

  • HSPの仕事の探し方は?
  • HSPがやってはいけない探し方。
  • HSPが仕事を探す時のポイント。
  • HSPの適職。

読み終えた時には

満面の笑顔の作業着の男性のイラスト。

「いい仕事を探せるように、がんばろう!」

と行動しているでしょう。

4分くらいで読めるので、ぜひ読んでみてくださいね。


【HSPの失敗しない仕事の探し方】転職エージェントを使いましょう!

携帯を見る男性の画像。

結論、HSPは転職エージェントを利用して、仕事を探した方がいいです。

理由は、hspの気質や特徴と関係しています。


HSPの気質と特徴とは?


まずHSPとは

Highly Sensitive Person(ハンリー・センシティブ・パーソン)の略称のこと。
エレイン・アーロン博士が付けた「人の気質」を表す名称。

のことです。


そんなHSPの気質は『人いちばい繊細』なことです。

※気質で病気ないため、直そうとしても直せるものではありません。そのため、受け入れるしか対策がありません。


そして、HSPは次のような特徴もあります。

HSPの特徴

・周りからの刺激に敏感。
・周りに共感しやすい。
・周りの反応や言葉を気にしやすい。
・感受性が豊かで感動しやすい。
・想像力が豊か。
・よく考えてから行動する。


以上のような気質や特徴があります。

この気質と特徴が、仕事の探し方に関係します。


【気質と特徴が関係】合わない企業で働くとストレスがやばい!


感受性が強く、他人の行動や言動を気にしてしまうので、合わない企業で働くとストレスがやばいです。

そのため、『仕事探し=企業選び』に、最大の気を使わなければなりません。


転職エージェントは、あなたの希望条件から合う求人を紹介してくれます。

あなたの主観だけでなく客観的に企業選びができるので、ミスマッチが減ります。


また企業選びをしっかりするには、企業研究をしっかりする必要があります。

ただ、転職活動はやることがめちゃくちゃ多いので、企業研究している暇がないんですよね。


そこで転職エージェントに合う求人を紹介して貰えば、あなたが求人検索をする必要が無くなります。

時間を削減できるので、その分、企業研究がしっかりできますよね。

これで、さらに転職を失敗する可能性が減ります。


なので、転職エージェントを利用して、しっかり企業を選ぶのがいいです。

『無料』で登録・サポートしてくれるので、金銭的なマイナスがないのもいいですよね。


【合う企業を探すために】HSPにおすすめの転職エージェント!


HSPにおすすめの転職エージェントは、下にまとめます。

あなたに合うエージェントに、登録してみてくださいね。

◯総合的 → リクルートエージェント
◯20代やフリーター → ハタラクティブ
◯女性 → パソナキャリア


リクルートエージェント


求人数、顧客満足度、実績がNO.1の、業界最大手のエージェントサイトです。

サポートもしっかりしているので、合う企業を的確に紹介してくれます。

ここから登録>>(公式サイトに飛ぶ)


ハタラクティブ


20代やフリーターなど、転職に弱いと言われる立場の人たちのサポートに、実績のある転職エージェントです。

サポートは、転職エージェント内でも随一に期待できます。

ここから登録>>(公式サイトに飛ぶ)


女性はパソナキャリア


女性を採用したい企業が圧倒的に支持している、転職エージェント。

利用者の満足度も96%以上で、女性の支援に強いエージェントです。

ここから登録>>(公式サイトに飛ぶ)


【要注意】HSPがやってはいけない探し方は?


逆にやってはいけない探し方もあるので、チェックしてください。

HSPがやってはいけない探し方が

①自分の目線だけで仕事を探すこと。
②前回の仕事を辞めたくなった理由を明確にせずに、企業を探すこと。
③周りの人の言いなりにならないこと。

です。


HSPは繊細で、周りの目を気にしてしまうので、どうしても周りに流されやすいです。

ただ転職するのは、あなた自身。業界や職種、企業などを決めるのはあなたです。

そのため、周りの意見に流されないように意識しないといけません。


そしてどんな転職者でも言えることですが、仕事を変えたいと思った理由があるはずです。

その理由を明確にしないまま転職すれば、また同じような企業に入ってしまう可能性があります。

それではまた辞めたくなるので、辞めた理由は明確にしていなけばいけません。


このように上記の3つは、HSPが転職を失敗する可能性があるので、気をつけてくださいね。

さらに、HSPの転職のことについては『HSPが転職で悩むことは4つ!』を参考にしてくださいね。


では、HSPが仕事を探すときのポイントはあるのでしょうか?

3つポイントがあるので、知っておきましょう。


スポンサーリンク

HSP仕事の探し方のポイント!

ドロップメニューを見る女性の画像。

HSPが、仕事を探すときは3つポイントがあります。

  • ポイント1:『業界<職種<企業』の優先順位で仕事を探す。
  • ポイント2:しっかり休みが取れる企業にすること。
  • ポイント3:自分の考えを大切にすること。

上記の3つだけでいいので、意識してください。


ポイント1:『業界<職種<企業』の優先順位で仕事を探す。


1つ目が、『業界<職種<企業』の順で、仕事を探しましょう。


業界や職種は、確かに大切です。

業界によっては、きつい業界もありますし、職種によっても厳しい働き方の職種があります。


ただどの業界に入っても、どの職種を選んでも、最終的に企業が働き方や就業条件を決めます。

ブラック企業の集まる業界に入ったとしても、もしかしたらあなたの勤める企業だけは、社員を大切にする企業かもしれません。


企業次第で、働きやすさやストレスのかかり方などが変わるので、最も企業選びに気を使わないといけません。

『業界<職種<企業』の優先順位で、仕事を探してください。


ポイント2:しっかり休みが取れる企業にすること。


しっかりと休みが取れる企業にしましょう。

※誰でも休みは欲しいものですが、繊細なHSPの人は絶対にこだわるべき就業条件です。


繊細なので、ストレスがかかりやすいのがHSPです。

そのため、しっかりと休みを取りながら働かないとストレスで体調を崩します。


体調を崩すと、また転職することになるので、しっかり休みが取れる企業にしましょう。


ポイント3:自分の考えを大切にすること。


自分の考えを大切にしましょう。


上のカテゴリーのやってはいけない探し方でも話しましたが、HSPは周りの目を気にしてしまうので、言われたことを受け入れがちです。

そのため自分の意見を引っ込めて、『周りの意見を尊重=流されてしまう』んです。


ただ先ほども言いましたが、転職のことを決めるのはあなたです。

どんなこともそうですが、自分自身で決めないと後悔します。


納得する転職にするために、自分の考えを大切にしましょう。


以上の3つのポイントは、HSPは仕事を探すときの気をつけてくださいね。

では、最後にHSPの適職を紹介します。


【仕事の探し方くらい大切】HSPの適職とは?

自分の人となりのファイルの画像。

HSPの適職は、次のような仕事です。

1.カウンセラー
2.整体師
3.鍼灸師
4.マッサージ師
5.セラピスト
6.介護福祉士
7.公共施設のスタッフ
8.システムエンジニア、プログラマー
9.WEBデザイナー
10.ライター
11.学者
12.トリマー
13.ペットシッター
14.デザイナー

などです。

>>>HSPが働きやすい天職とは?


HSPの人は、繊細で感受性が豊か。実はHSPは、適職に就ければ才能が豊かな存在なんです。


そのため、ぜひ適職について楽しく働いてくださいね。

HSPの向いていない仕事は『HSPが向いていない仕事6選!【向いてる仕事も解説します】』にまとめています。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

HSPの、仕事の探し方は明確になりましたか?


ぜひ、自分に合う仕事を見つけてくださいね。

おしまいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です