【厳選】HSPにおすすめの本6冊!【筆者も購読済みです】

本棚を見る女性の画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

・HSPのことを、もっと詳しく知りたいんだけど、いい本はないかな?

そう考えていませんか?


実は、本記事の『HSPにおすすめの本』を参考にすれば、HSPのことをしっかり学べる本が買えます。

なぜなら、僕も本サイトでHSPについて書いており、実際に本も読んでいるからです。


この記事では、HSPにおすすめの本6冊を紹介します。

読み終えた時には、読みたい本に出会えているでしょう。

本のことを知りやすいようにまとめているので、気になる本の解説から、読んでみてください。


本記事でわかること

  • HSPにおすすめの本6冊。


【厳選】HSPにおすすめの本6冊!

本を探す女性の画像。

HSPの人に、おすすめの本を紹介します。(ちなみに僕も購読済みです♪)

HSPにおすすめの本

  1. 繊細さんの本
  2. 鈍感な世界で生きる敏感な人たち
  3. 敏感すぎて「毎日がしんどい」を解決する5つのメンタル術
  4. 敏感すぎる自分を好きになれる本
  5. ささいなことに動揺してしまう 敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本
  6. ひといちばい敏感な子


簡単に特徴などをまとめると

題名特徴
1.繊細さんの本・45万部のベストセラー本。
・HSPの専門カウンセラーが書いている。
2.鈍感な世界で生きる敏感な人たち・HSPの悩みや対策をまとめている。
3.敏感すぎて「毎日がしんどい」を解決する5つのメンタル術・マンガで読みやすい本。
・内容も豊富で有益。
4.敏感すぎる自分を好きになれる本・HSPの「生きづらい」を解消する本。
5.ささいなことに動揺してしまう 敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本・HSP専門のキャリアコンサルタントが書いている。
・仕事や転職の悩みを解消できる。
6.ひといちばい敏感な子・『HSC=ひといちばい敏感な子』について書いた日本初のHSC専門の本。
・子供特徴を理解したい親におすすめ。

という感じです。


1.繊細さんの本


自身も、HSPの専門カウンセラーだからこそ書ける本です。

45万部を突破して、人々の共感を得ている注目の1冊です。


HSPの辛いシチュエーションや環境のことなどを、共感できることが書かれており、「すごい気持ちが楽になった!」という人が多数の、良本になっています。

HSP専門カウンセラーという、信頼できる人が書いているのも魅力ですね。


2.鈍感な世界で生きる敏感な人たち


この本は、僕がHSPという言葉を知って、一番最初に読んだ本です。

まだまだ知識がない時の自分でも、HSPのことを理解することができました。


具体的な対策や行動も解説されているので、しっかりと悩みが解消されるはずです。

1から10まで知りたいという人に、おすすめです。


3.敏感すぎて「毎日がしんどい」を解決する5つのメンタル術


HSPのことを、マンガで紹介している本です。


マンガなので読みやすいのはもちろんですが、内容も豊富で有益なので、かなり理解しやすいです。

口コミには「ギャグセンスが抜群で、ハマった」という人もいるくらい、楽しみながら読める本になっています。


書籍は少し読みにくさがありますが、本書はマンガなので、読みやすくてしっかり学べる良本です。


4.敏感すぎる自分を好きになれる本


日本で数少ないHSPの臨床医である著者が、HSPの「生きづらさ」を減らすための、具体的な対策を解説している本です。


HSPと言えば「生きづらい」「嫌われる」など、普通の人では理解しづらい悩みを抱えます。

>>>HSPが嫌われるたった1つの理由!

ただHSPは気質で直せないので、どのように付き合っていくかが大切です。


そんな中、本書ではHSPの「生きづらい」を解消するために書かれています。

もし「生きづらいな」「HSP辛いな」と悩んでしまっているのなら、読んでみてください。

悩みが、スッと晴れると思います。


5.ささいなことに動揺してしまう 敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本


HSP専門のキャリアコンサルタント『みさきじゅり』さんが、書かれた本です。

本サイトでも、HSPの理想の働き方や転職のことはお話ししていますが、本書でも考え方などを勉強させてもらいました。


HSPの短所だけに目が行きがちですが、長所もたくさんあります。そんな長所にも目をやって、仕事の悩みを解決しています。


HSP専門なので、HSPが悩む部分や、仕事での気持ちをしっかり理解してくれています。

転職や仕事で悩むなら、参考にするといいですよ。


6.ひといちばい敏感な子


本書は自分の子供が、HSPではないかと思った時に手に取って欲しい1冊です。


子供の場合は、『HSC=ひといちばい敏感な子』と表現していますが、日本初のHSC専門の本になります。


「うちの子おかしいな?」と悩む親も少なくはありませんが、それはADHDとかではなくて、HSCの場合もあります。

自分の子供の特徴を理解するために、本書はかなり役立ちますよ。


以上の6冊はHSPにおすすめです。

ぜひ、気になった1冊も読んでみてくださいね。

HSPにおすすめの記事>>>HSPの理想の生き方4選と合う仕事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です