【HSPで仕事がつらい、辞めたいあなたへ】対策して幸せに働こう!

情報を見る女性の画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

泣いている少年のイラスト。

「HSPは、やっぱり仕事できないのかな?仕事が辛すぎて、辞めたい。いい対策ないかな?」

と悩んでいる人は読んでください。


HSPで、「仕事が辛い」と悩む人はたくさんいます。

HSPは人口の20%とたくさんいますが、まだそんなに認知されていないせいか、理解され辛いです。

HSPは『人いちばい繊細』。なので、働く環境や向いている職種を選ぶことが大切。

本記事で、HSPの仕事の辛い悩みを解決しましょう。


本記事でわかること

  • HSPは仕事ができないのか?
  • HSPが仕事がつらい原因。
  • HSPが仕事がつらいときの対策。

読み終えた時には

笑顔の男性のイラスト。

「自分の幸せのために行動しよう!」

と進み始めているでしょう。

4分くらいで読めるので、読んでもらえると嬉しいです!


【HSPで仕事をつらい、辞めたいあなたへ】実は才能の塊です!

友達の猫と一緒にいる女性の画像。

HSPに限らず、仕事が辛いと「自分って仕事できないのかな?」と思ってしまいますよね。

ただ、そんなことないですよ。


HSPって、実はかなり仕事のできる人たちです。


HSPは「人いちばい繊細な人」ですが、その気質から芸術的な仕事が向いていたり、真面目に働けます。

※向いている仕事に関しては、下のカテゴリーでお話しします。

なので仕事にも人いちばい熱心で、人のことを考える、仕事ができる才能を持っています。


HSPは仕事ができます。まずは、そのことを理解してください。

笑顔のユウスケのイラスト。
HSPは一生懸命に仕事ができる、素晴らしい人材です。「自分は仕事ができない!」と、気に病む必要はありませんよ。


ただHSPの「人いちばい繊細」という気質が、仕事が辛くなる原因にもなっています。

次にお話しします。


スポンサーリンク

HSPは仕事が辞めたいくらいつらい!【3つ原因があります】

ネット友達の画像。

大前提に、HSPが仕事を辛く感じるのは、「人いちばい繊細」という気質を持っているからです。


では具体的に、どんなことが原因になってつらくなるのか見てみましょう。

  • 原因1:同僚や上司の目が気になる。
  • 原因2:人と争うような仕事。
  • 原因3:自分のペースが乱される。

1つずつお話ししますね。


原因1:同僚や上司の目が気になる。


HSPは「周りのことをかなり気にしてしまう+人いちばい繊細」なので、他人の言動や目線が気になります。

「自分のことを、言われているんじゃないか?」「自分の評価は悪いんじゃないか?」と気にするので、人と仕事をしているとストレスを感じます。


同僚や上司の目が気になり、つらくなります。


原因2:人と争うような仕事。


人と争うような仕事も辛いです。

そもそもHSPは争いを好まない平和主義者。どんなことも、周りとの協調性を大切に仕事します。


例えば、人と争うような仕事の代表格の営業職ですが、全く向きません。

>>>残念ながらHSPは営業職に向きません!


人と争うような仕事も、つらくなる原因です。


原因3:自分のペースが乱される。



HSPは、自分のペースを乱されることがストレスです。

のんびりと自分のペースでできる仕事でなければ、つらくなります。


ただ会社に勤めると自分一人で終わるという仕事は少ないので、自分のペースを乱されてつらくなってきます。


以上の3つのような原因で、HSPの人は仕事がつらくなります。

あなたにも当てはまる原因はありましたか?

ユウスケの真顔のイラスト。
辛い状況をほっておくのは、本当に良くありません。僕も過去に、ストレスで体調を壊しています。


【結論】職場の環境や職種で辛くなる!


ということで辛くなる原因を見てきましたが、結論を簡単にまとめると

職場の環境や職種で辛くなる

ということですね。


逆に言えば、職場の環境が最高で向いている仕事をしているHSPは、悩むことが少ないということです。

少し対策が見えてきましたね。

では具体的にはどうすれば職場環境を整えられたり、向いている仕事が始められるのでしょうか?


【辞めたいHSP】仕事がつらい時の2つの対策!

医者の診断の画像。

HSPが仕事が辛い原因はハッキリしましたが、「それなら、気質を直せば解決するんじゃない?」と思われたかもしれません。


ただ残念ながら気質は生まれ持った性質なので、直そうと思っても直せません。

そのため「人いちばい繊細」という気質と、うまく付き合っていくしかありません。


それを踏まえて、HSPが仕事が辛いときにできる対策をお話しします。

  • 対策1:会社の上司にHSPを打ち明けて、対策を相談する。
  • 対策2:向いている仕事に転職する。

順番に解説していきます。


対策1:会社の上司にHSPを打ち明けて、対策を相談する。


会社の上司にHSPであることを打ち明けて、辛くなくなる方法を相談しましょう。


上司の仕事は、部下がノビノビと気持ちよく働けるように環境を整えることです。

そのため悩んでいることを伝えれば、対策をしてくれるでしょう。


ただ、もし相談したのにも関わらず上司が動いてくれないようであれば、そんな会社で働いていても辛いだけなので、辞めてしまう方がいいでしょう。


対策2:向いている仕事に転職する。


向いている仕事に転職してしまいましょう。

辛い仕事を無理して続ける必要は、全くありません。


仕事に限らず、辛いと感じていることはぶっちゃけしなくてもいいです。

例えば、寒いのが嫌いなのに寒中水泳したりするのは辛すぎる。

そんな辛いことはせずに、自分が好きだなとか楽しいな、気楽だなと思うことだけをする。それでいいです。


辛いと感じるような仕事は辞めて、本当に自分に合う仕事をしましょう。


※ちなみにHSPに向かない仕事・向いている仕事は、『HSPが向いていない仕事・向いてる仕事』にまとめています。

※HSPの転職には、『HSPの転職の悩みの効果的な対策』を読んでみてください。


以上の、2つの対策がいいでしょう。


【大切なこと】対策も自分のペースでやりましょう!


対策はお話ししました。あとは行動するだけです。

とは言っても、自分のペースを守って始めてください。


HSPで大切なのは、自分なりのスピードで進むことです。

世の中では「行動スピードが大切!」と言われる風潮がありますが、HSPにとって、準備できていないスピードで行動することはストレス。

行動しているのに、ストレスを抱えていては仕事を辞める意味もありません。


・行動するにしても自分のペースで。
・周りの言っていることはあまり気にしない。

そんな風にしっかりと気持ちを整えながら、進んでくださいね。


【HSPで仕事がつらい、辞めたい】幸せのためにゆっくり行動しましょう!

世界を持つ女性の画像。

最後に大切なことは、自分が幸せに生きるということです。


HSPの人は辛すぎると、どんどん自分を追い込みます。

追い込むと体調を崩して私生活にも影響を出すので、早めの対策が大切です。


かと言って、自分のペースを乱しながら進むこともストレスです。

なので、

自分のペースを守りながら行動する。


それで、自分が幸せになれる仕事を始めてくださいね。

幸せに働ける天職については『HSPが働きやすい天職=人より繊細な気質を活かせる仕事』を読んでください。

おしまいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です