【発見】HSPの理想の働き方3選!【実現する方法あります】

ウェブを開発する女性の画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

腕を組む女性のイラスト。

「HSPの理想の働き方ってあるのかな?いつも辛いなぁって思ってる…自分に合った働き方がしたいな。」

と悩んでいるなら読んでください。

HSPは『人いちばい繊細』な気質から、仕事では悩みがち。

ただ、理想の働き方があるので本記事で紹介します。


本記事でわかること

  • HSPの理想の働き方とは?
  • HSPはどういう働き方が辛いのか?
  • HSPが理想の働き方をするには?

読み終えた時には

笑顔のビジネスウーマンのイラスト。

「すごい素敵な働き方だ!自分もこんな働き方を目指そう!」

と前向きになっているでしょう。

4分くらいで読めるので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。


HSPの理想の働き方3選!

芸術を考える女性の画像。

HSPの理想の働き方は3つです。

  • 理想の働き方1:自分のペースで仕事ができること。
  • 理想の働き方2:人と深く関わりすぎないこと。
  • 理想の働き方3:しっかりと休みながら仕事ができること。

上記の働き方が理想と言えるのは、HSPの特徴が関わっています。


HSPの特徴

①人いちばい繊細。
②責任感が強い。
③周りが気になる。
④マイペース。
⑤感覚がするどい。
⑥考え方が複雑で、深く考えてから行動する。


上のような特徴があります。

HSPは『人いちばい繊細』な気質を持っているので、その気質に適した仕事がベストです。

なので、3つの働き方が理想です。


では理想の働き方を、1つずつ見てみましょう。


理想の働き方1:自分のペースで仕事ができること。


HSPは、マイペースな性格です。

ペースを崩されると仕事が手につかなくなるので、自分のペースで仕事ができるのが大切です。


自分のペースといってもHSPは真面目なので、自分のペースで仕事をしていてもしっかり働きます。


なので、自分のペースで仕事できるのがいいです。


理想の働き方2:人と深く関わりすぎないこと。


繊細で感受性の強いHSPは、周りの人の声や目線をかなり気にしてしまいます。

常に周りの人の言葉を気にしてしまうので、あまり距離感を縮めすぎるのはよくありません。


そのため、人と深く関わりすぎないのがベストです。


ただそうなってくると「ずっと一人で、楽しく働けない」と思うでしょう。

心配いりません。


HSPを理解してくれる人とは、しっかり関わっていきましょう。


感受性が強いということは、周りの人の気持ちがしっかりわかるということです。

HSPはどうしても理解されにくいですが、中には理解を示してくれる人がいます。

そういう人が仲間。


だからHSPを理解してくれる人とはしっかりと関わり、理解できない人とは深く関わらない。

これがHSPの、人との距離感としてベストです。


理想の働き方3:しっかりと休みながら仕事ができること。


HSPは人よりも繊細なため、いろいろなことがストレスになって気疲れしやすいです。

だから、しっかりと休みながら仕事ができるのが理想です。


無理な残業や、休憩がないという職場で働かないことが理想的です。


以上の3つが、HSPにとって理想な働き方と言えます。

本当は、3つとも揃っている職場がいいです。

ただ、なかなか揃っている企業も少ないので、理想の職場を見つけやすいように、転職の相談ができるといいですね。


転職のことは、転職エージェントが気軽に相談に乗ってくれます。

相談に乗ってくれる転職エージェントのことは、『相談から受けてくれる転職エージェントと注意点!』の記事を参考してください。


理想の働き方に合う職種とは?


では、上の理想の働き方に合う職業を紹介していきます。


理想の働き方に合う職種

①フリーランス
②在宅ワーク
③公共施設のスタッフ
④動物園や水族館
⑤芸術や音楽などの仕事


どれも自分のペースで働けて、過度に働かされることもありません。

フリーランスは給料が安定しませんが、お金の部分さえクリアできれば自分の好きなように働けるので、合っています。


大切なので、もう一度働き方を簡単にまとめておきましょう。

理想の働き方1:自分のペースで仕事ができること。

理想の働き方2:人と深く関わりすぎないこと。

理想の働き方3:しっかりと休みながら仕事ができること。


これであなたも、素敵な働き方ができるでしょう。


では、HSPはどういう働き方が辛いのでしょうか?


スポンサーリンク

HSPはどういう働き方が辛いのか?

形を説明する男性の画像。

HSPは『人いちばい繊細』な気質を持っているので、働き方を間違えると辛いです。


どんなときに辛くなるかというと

1.職場の人たちに自分の話をされている時。目線がなんとなく気になる時。

2.過度に成果を求められた時。

3.自分のペースを崩された時。

です。


上記のような時は、かなり辛いです。

やはり、人いちばい繊細な気質が関わりますね。


人のことを気にしてしまうので、職場の環境はストレスに感じやすいです。

かといって、働かないわけにもいかないので、我慢する。この状態はよくありません。


ストレスを抱えすぎると、心や体を壊したりうつ病になったりするので、無理だなと感じたら早めに仕事を休むようにしましょう。

HSPのストレスを受けるような向いていない仕事は、『HSPが向いていない仕事6選!』を読んでください。


では最後に、HSPが理想の働き方をする方法をお話しします。


HSPが理想の働き方をする2つの方法!

携帯の動きを開発する女性の画像

HSPが理想の働き方をするには、2つの方法があります。

  • 方法1:人との距離感を保つこと。
  • 方法2:適職、天職に就くこと。

この2つがベストです。


方法1:人との距離感を保つこと。


まずは、人の距離感をしっかりと保ちましょう。

理想の働き方のところでも言いましたが、理解のない人と関わりすぎるのはご法度です。


ストレスは持つと働きにくくなったり体調を崩す可能性があるので、理解のない人とは仕事だけの付き合いにしましょう。


人との距離感は、意識してください。


方法2:適職、天職に就くこと。


もう1つが適職、天職に就くことです。


というのも、もともと感受性が強く責任感の強い真面目なHSPの人たちは、働く能力が優れています。

ただどうしても繊細な気質が影響して、仕事ができないと思われているだけです。


仕事ができるのがHSP。そこは間違ってはいけません。

HSPの特徴を活かせる適職や天職があります。


※詳しくは下の記事にまとめていますので、参考にしてください。


最後にまとめておきます。

◯HSPの理想の働き方は3つ。
理想の働き方1:自分のペースで仕事ができること。
理想の働き方2:人と深く関わりすぎないこと。
理想の働き方3:しっかりと休みながら仕事ができること。

◯HSPが辛い働き方。
1.職場の人たちに自分の話をされている時。目線がなんとなく気になる時。
2.過度に成果を求められた時。
3.自分のペースを崩された時。

◯HSPが理想の働き方をする方法。
方法1:人との距離感を保つこと。
方法2:適職、天職に就くこと。


HSPはどうしても繊細な気質が影響して仕事に悩んでしまいますが、理想の働き方ができれば素晴らしいビジネスライフにできます。


もし本当に辛くなったらすぐに休むこと。無理に働くことが一番よくありません。

周りは嫌味を言ってくるかもしれませんが、本当に理解してくれる人はいます。

そういう人と、一緒に働いていきましょう。


理想の働き方を手にして、素敵な生活を送ってください。

おしまいです。


HSPの関連記事⇩

HSPが嫌われる原因は気質?【直そうとせずに環境を変えよう】

残念ながらHSPは営業職に向きません!【具体的な5つの理由】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です