自分の気持ちがわからないまま転職すると失敗する!【具体的な対策】

文章の中に3人の人のことが書いてある画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

腕を組む女性のイラスト。

「転職活動しているのに、自分の気持ちがわからない。どうすればいいんだろう?自分は何がしたいのかな?」

そんな風に悩んでいる人に読んでほしいです。

はっきり言いますが、自分の気持ちがわからないまま転職すると失敗します。

ただ正直、自分の気持ちがはっきりわかって転職している人は少ないです。それでも、気持ちに気づく方法があります。


ユウスケの真顔のイラスト。
僕も転職で自分の気持ちがわからずに、迷い続けていました。「自分は何がしたいんだろう?」そんな風に悩みながら、フラフラしていましたね。

それでも最後には自分のやりたいことを見つけて、今は楽しく働いていますよ。

本記事で、自分の気持ちがわからない悩みを解決します。


本記事でわかること

  • 自分の気持ちがわからないときはどうすればいいか?
  • 自分の気持ちがわからないまま転職すると、どうなるのか?
  • どうしても自分の気持ちがわからない時の最終行動。

読み終えた時には

笑顔の女性の画像。

「自分の気持ちがわからなかったから、なんかスッキリした。転職が上手くいくように、ゆっくり考えてみよう!」

と進み始めているでしょう。

少し前置きが長くなってしまってすみません。では本編にどうぞ!

※4分くらいで読めます。


サポートが充実している転職エージェント

  • リクルートエージェント
    求人数10万件以上、転職支援実績、顧客満足度No.1。
    非公開求人数が業界NO.1で、合う企業を選別して紹介してくれる。
  • ハタラクティブ
    完全に未経験でも、正社員として就職できるようにサポートしてくれる。
    紹介先は、実際に足を運んだことのある会社ばかり。


転職で自分の気持ちがわからない時は違う角度で見るといい!【見方は4つです】

女性が携帯に新しい情報を入れようとしている画像。

転職で自分の気持ちがわからない時は正しい判断ができないため、違う角度から気持ちを探るといいです。


笑顔のユウスケのイラスト。
次の4つの角度で考えてみると、気持ちがわかる可能性があります!
  • 違う角度1:好きなこと。
  • 違う角度2:趣味。
  • 違う角度3:辛いこと、辛い経験。
  • 違う角度4:私生活で普段考えること。

1つずつ深掘りしてみましょう!


違う角度1:好きなこと。


あなたの好きなことには、たくさんのヒントが隠れています。

なぜなら、好きなことはやりがいになるから。


仕事をするときは、やりがいを感じていなければイキイキと仕事ができません。

  • 給料
  • 目標
  • 職種
  • 好きなこと

など、やりがいがあれば仕事はがんばれます。


好きなことを考えると、あなたの気持ちも知ることに繋がります。


違う角度2:趣味。


趣味は、あなたのやりたいことと同じです。

例えば、釣りが趣味だとしたら釣具を扱う仕事や釣りの施設に転職できれば楽しくありませんか?


このように、趣味で気持ちがわかります。


違う角度3:辛いこと、辛い経験。


過去の辛いことや経験から、気持ちを探ることができます。

辛かったことはもうやりたくはないですよね?


力仕事が辛かったとしたら、力仕事がある転職先は選択肢に入りません。

このように辛いこと、経験から気持ちがわかります。


違う角度4:私生活で普段考えること。


生活していると、ふと思い浮かぶことってありますよね。

いわゆる、思いつきというやつ。

この思いつきが、あなたの本当の気持ちであることが多いです。


そのため私生活で普段考えたことを思い出すと、気持ちがわかります。


このように転職ではなく

  • 違う角度1:好きなこと。
  • 違う角度2:趣味。
  • 違う角度3:辛いこと、辛い経験。
  • 違う角度4:私生活で普段考えること。

で違う角度から気持ちを探ると、あなたの気持ちに気付けるかも知れません。


【注意】わからないからと言って焦らずに考えましょう!


自分の気持ちをわかりたいと無理に考えなくてもいいです。

なぜなら、気持ちは考えることで生まれるのではなく、経験することから自然と感じていくものだからです。


例えば、

・ピアノを聞いて感動したから、ピアニストを目指した。
・病気で辛かったときに看護師に優しくしてもらえて看護師を目指した。
・自然に感動したから写真家を目指した。

と経験したことから感情や考えが動いて、「自分が何がしたいのか?」と気持ちがわかるようになる。

これが普通。

笑顔のユウスケのイラスト。
時間がかかったり、わからないままだと不安になるのもわかりますが、あなたの気持ちは生活していれば固まっていきます!


気持ちは無理に考えて結論を出そうとせずに、時間をかけて焦らずに整理していってください。


ではもし自分の気持ちがわからないまま転職したら、どうなるのでしょうか?

リスクがあるので要チェックです。


スポンサーリンク

自分の気持ちがわからないまま転職するとリスクがある!【要チェックです】

男性がバツを見つけた画像。

自分の気持ちがわからないまま転職してしまうと、リスクがあります。


具体的にリスクは下の2つが出ます。

  • リスク1:転職してから長く続かない。
  • リスク2:ストレスがかかる。
  • リスク3:企業や職種とミスマッチが起こる。
ユウスケの真顔のイラスト。
転職を成功させるために、リスクは要チェックです!


リスク1:転職してから長く続かない。


気持ちがわからないままで転職しても、長くは続かないでしょう。


仕事は人生の大半を占めているので、やりたくない仕事をやり続けるほどきついものはありませんよね?

すぐに辞めたいと思ってしまう危険性があります。


転職しても長くは続かないでしょう。


リスク2:ストレスがかかる。


やりたくない仕事はストレスになります。


例えば、行きたくもない旅行にわざわざ休みを使ってまで行かないとならなかったら「嫌だな…」と思いますよね?

それと同じで、やりたくないことはストレスになります。


ストレスは健康状態や精神状態も悪くする原因にもなりますので、ストレスがかからないように仕事できるのがベストです。


リスク3:企業や職種とミスマッチが起こる。


気持ちがはっきりしていない状態なので、企業や職種でミスマッチが起こる可能性があります。

企業や職種でミスマッチが起こると、また時間と労力を使って転職活動をすることになるので、リスクがあります。


以上のように3つのリスクがあります。

自分の気持ちがわからないままだと、納得できないまま転職しない方がいい業界を選んでしまう危険性もあるので、気をつけてほしいです。

>>>転職しない方がいい業界を確認


ただこれだけ考えても、どうしても自分の気持ちがわからないということはあります。

というか気持ちはそんな簡単に見つかるものではないので、気にする必要はありません。

ではそんな時はどうするのか?


どうしても自分の気持ちがわからない時は転職エージェントを利用しよう!

握手をし合う2人のビジネスマンの画像。

ここまで考えて自分の気持ちがわからないのなら、一人で考えていても答えが出ないので、転職エージェントに手伝ってもらいましょう。


正直、一人で考えているとどうしても主観で考えたり考え方が固まったりして、答えが出てきません。

これは誰でもそうなので、気に病む必要はありませんが「わからない!」という状態のまま立ち止まってしまうのが、1番いけません。


『一人でわからないなら、周りの人の手を借りる。』適切な方法です。


転職エージェントは、転職のプロで第三者です。

今まで多くの求職者を転職させてきた経験があるので、あなたの悩みに的確に答えてくれます。


一人で考えていても答えが出ないのなら、転職エージェントに手伝ってもらいましょう。


転職エージェントのことをお話ししているとかなり長くなってしまうので、詳しくは下の記事にまとめています。


※ちなみに転職エージェントは、相談だけでも大丈夫な会社もあります。⇩

転職エージェントは相談だけでも受けてくれる会社と注意点


自分の気持ちがわからないときは違う角度から気持ちをみたり、無理せず時間をかけて知っていくことが大切です。

無理に答えを出して進もうとすると余計に辛い思いをするときがあるので、ゆっくりでもいいので自分を知っていってください。


あなた自身の気持ちがはっきりとすればいい転職ができます!

焦らず、確実に進んでください!


おしまいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です