無能だから転職できないはありえない!【能力を開花させる方法】

インターネット銀行を利用する男性の画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

腕組みする作業着の男性のイラスト。

「無能だけど転職したい…どうすればいいのかな?」
「無能な人に転職ってできるのかな?」
「自分なんて無能だ。転職なんてできるわけがない!」

と悩んでいる人は読んでみてください。

無能だろうが転職はできます。


僕は任されたことだけをやっていたので、金魚のフンと言われていました。新卒の時は、内定がもらえたから入社しました。別に自慢できるスキルも資格も持ってませんでした。それでも外資の大企業に転職できました。正直、誰でも無能ということはないです。

この記事では

  • 無能だから転職できないということはない。(少なくても学生や仕事で今まで経験してきたことがあるはずなので、必ず何かが身についてる。)
  • 無能だと思ってしまう原因。(①後輩が上司になった。②仕事でミスして怒られてばっかりいる。③結果が全く出ない。)
  • 会社が変われば無能ということはない。(今の会社や前の会社だけで、自分の可能性を決めない。①前職が合わなかった。②新しいことを覚えれば可能性は広がる。)

がわかる内容です。

読み終えた時には

満面の笑顔の作業着の男性のイラスト。

「無能だと自分を下げていたけど、少し自信が湧いてきた。チャレンジしてみようかな!」

と前向きになっていると思います。

4分で読み切れますので、自分に当てはめながら読んでもらえると嬉しいです!

関連記事:これからは転職しないリスクがヤバい!【対応しないと危険です】


無能だから転職できないはありえない!【必ず何かの能力はついています】

パソコンを使う女性の特徴をまとめた画像。

僕も昔は「自分は無能だ!」と自信がありませんでしたが、今だから言えるのは


無能だから転職できないということはありません。


[名・形動]能力や才能がないこと。役に立たないこと。また、その人や、そのようなさま。「無能な指揮官」「無能無策」⇔有能。

引用元:コトバンク


言葉の意味では能力がないこと、そのような人のことです。


ただ本当に能力がない人なんて、いるんでしょうか?

あなたも今まで、たくさんのことを経験してきているはずです。

例えば

・学生の時に勉強してきたことや遊んできたこと。
・小学生の時にやっていた習い事、ゲーム。
・会社で働いていた職種。


必ず何かを経験して、少しでも身につけてきたでしょう。

この段階で能力を持ってるってことですよね?


誰しも無能なんてことはありません。

では具体的に身についていることとは、どんなことでしょうか?


身についていること

  1. 職種の内容。
  2. パソコンの能力。
  3. 営業力。
  4. マネジメント能力。
  5. 行動力。
  6. コミュニケーション能力。
  7. 企画力。
  8. 自分で勉強できる力。
  9. 調べる力。
  10. 提案力。
    など


上のように、あなたにも何かしらの能力は身についているはずなので、無能と嘆く必要はありません。


ではなぜ無能だと思ってしまったのでしょうか?


スポンサーリンク

無能という考えは転職の邪魔!【思ってしまう3つの原因】

女性が柱を壊す画像。

あなたにも「自分って無能だなぁ」と、思ってしまったきっかけがあるはずです。

具体的にどんなことがあるか、考えてみましょう。


  • 原因1:後輩が上司になった。
  • 原因2:仕事でミスして怒られてばっかりいる。
  • 原因3:結果が全く出ない。

主にこの3つでしょう。


原因1:後輩が上司になった。

後輩が上司になるということは、立場を追い抜かされたということです。


例えば、あなたが5年くらい仕事を続けているのに3年目の後輩が先に主任になったら、あなたはどんな感情を抱きますか?

仕方ないと思いながらも、自分に腹が立ちますよね。


それではプライドが傷つけられて、無能だと自分を否定してしまうでしょう。


原因2:仕事でミスして怒られてばっかりいる。

仕事でミスをすれば、当然怒られます。

ただそれが1回や2回だけでなく何回も続いたら、必ず自分を否定してしまうでしょう。


怒られて、いい気分がする人などいません。

仕事に対するモチベーションも下がってしまうでしょう。


原因3:結果が全く出ない。

仕事は、結果が求められます。

営業職がわかりやすいですが、成績が数字で見えるように出されて会社によっては社員同士で比較されます。


結果が出ていない状態だと、どうしても自分の能力が低いとばかり思ってしまうので、悲観的になってしまうでしょう。


このように、あなたが無能だと思ってしまった原因があるはずです。

読んでいてわかるかもしれませんが、全て自己否定が入っています。


ショックなことがある。 ⇨ 自己否定。 ⇨ 無能だと思ってしまう。


自己否定してもいいことは全くありません。


自己否定のことは下の記事で詳しく触れていますので、参考にしてください。

関連記事:自分を否定する人の特徴と原因、3つの改善策!【実証済みです】


ただはじめにも言いましたが、人間は生きてきた中で何かしらは経験しているので全く無能という人はいません。


特に30代・40代の場合、転職であなたの経験を話すのはとても大切です。

年齢が上がれば上がるほど、自分が大した経験をしていないことに引目を感じて、周りに経験を話せない人がいます。


それでは転職で苦労するので、経験は大きい小さい関係なく話せるようになっておく方がいいです。


あなたにも、何か能力があるはずです。


無能だからこそ転職しよう!【会社が変われば能力が開花する】

デザインを振り返る画像。

前職で仕事がうまくいかなくて無能だなと感じたり、「お前は無能だ!」と言われた経験があるかもしれませんが、会社が変われば力が出せるという人はいくらでもいます。


なぜなら

  1. 前職が合わなかった。
  2. 新しいことを覚えれば可能性は広がる。

からです。


仕事がうまくできないのは

  1. 会社の社風
  2. 人間関係
  3. 職種
  4. 職場環境

などに原因がある場合が多いです。


要するにあなたの能力は関係なくて、仕事がしにくいという状況に原因があったということです。


こういう状況の人たちが、転職して能力を開花することはよくあります。


また今やっていることに興味が持てなかっただけで、新しいことをはじめれば楽しくて自分の可能性が広がることもあります。


今の会社や前の会社だけで、自分の可能性を決めるのだけはやめましょう。


転職は自分の可能性を広げる手段です。


「無能だからこそ転職する!」という気持ちでがんばってください。



最後に簡単にまとめます。

◯無能だから転職できないということはない。
少なくても学生や仕事で今まで経験してきたことがあるはずなので、必ず何かが身についてる。

◯無能だと思ってしまう原因。
①後輩が上司になった。
②仕事でミスして怒られてばっかりいる。
③結果が全く出ない。

◯会社が変われば無能ということはない。
今の会社や前の会社だけで、自分の可能性を決めない。
①前職が合わなかった。
②新しいことを覚えれば可能性は広がる。

無能だからこそ転職しよう。


おしまいです。


次の記事>>>転職しないほうがいい業界とは?【幸せに働くために知っておこう】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です