在職中に転職活動をすれば高確率でばれる?【マル秘テクニック公開】

二人の男性が話す画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

腕を組む女性のイラスト。

「転職活動を上司にバレずにやるにはどうしたらいいのかな?」
「在職中に転職活動ってばれると大変なのかな?」

と悩んでいる人に向けて書いた記事です。

転職活動は上司にバレない方がいいのか。在職中の転職活動の悩みを解決します。


僕も在職中に転職活動をしました。その時は、上司も転職活動中のことを知っていました。ただ、実際に何も問題にはなっていません。

それは、僕がちょっとしたテクニックを使ったからです。

正直、在職中の転職活動はうまくやらないと本当に辛くなります。


この記事では

  • 在職中に転職活動をすれば上司にばれるのか?
  • 在職中の転職活動がばれたらクビになるのか?
  • 転職活動は上司にばれる前提でやった方がいい理由。
  • 転職活動がばれた時のデメリット。
  • どっちにしろ辞めるんだから気にする必要はない。

がわかる内容になっています。

読み終えた時には

笑顔のビジネスウーマンのイラスト。

「転職活動でばれない方法を考えていたけど、もっと大切なことがあったんだな!よしっ、転職活動がんばろう!」

と前に進めています。

4分くらいで読めるので、読んでみてください!


在職中に転職活動をすれば高確率で上司にばれる!

シグナルを探る男性の画像。

はじめに言っちゃいますが、


在職中に転職活動をすれば、高確率でばれます。


なぜばれるのか?

理由は

  • 面接などで休みが増えるから。
  • 服装の雰囲気が変わるから。

です。


面接は会社がやっている日に行うので、基本的に平日に休みをもらったり、早退したりすることになります。

なので「あれっ?おかしいな?」と感づかれます。


しかも上司も何回も転職する社員の雰囲気を経験しているはずなので、気づかれるのは時間の問題でしょう。


また面接を受ける時はきれいに見せたいと思うので、普段とは違うスーツやきれいにクリーニングしたスーツで行ったりするでしょう。

すると雰囲気が確実に変わるので、周りは「あれ?いつもよりきれいだな?おかしいな?」と思うはずです。


転職活動特有の行動が出てしまうので、在職中に転職活動をすれば高確率でばれます。


転職活動がばれたところでクビにはできない!


それで転職活動がばれたら心配になるのが、クビにされるのかということですが、会社はクビにできません。


なぜなら仕事を変えることは労働者の権利だからです。

憲法にも職業選択の自由が認められていて、就業規則よりも憲法が優先されます。

日本国憲法第22条第1項
「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する」


そのため、いかに会社に在職中の転職活動がばれたとしても、クビにする権利はありません。


これで安心してもらえたでしょうか?


では次に、転職活動が上司にばれる前提でやった方がいい理由をお話しします。


スポンサーリンク

転職活動は上司にばれる前提でやった方がいい!【理由は4つのメリットがあるから】

男性と女性がアナリティクスを見ている画像。

在職中に転職活動をすれば高確率でばれるのであれば、どうすればいいのでしょうか?


僕が転職活動の時に思ったのは、ばれることを前提に転職活動をした方がいいということでした。


なぜそう思うのか?理由は4つあります。

  • 理由1:余計な気を使う必要がなくなるので、転職活動に力が入る。
  • 理由2:休みが取りやすくなる。
  • 理由3:今の仕事もがんばれる。
  • 理由4:退職する時に辞めやすい。

順番に解説します。


理由1:余計な気を使う必要がなくなるので、転職活動に力が入る。


まず1つ目は余計な気を使う必要がなくなるので、転職活動に力が入るということです。


「上司にばれるからどうしよう?」「どうやって休みを取ろう?」などに気を取られていると、いい転職活動はできません。

目的は転職することなので、失敗するようなことはしたくないと思います。


転職活動は他の転職者とのバトルなので、他に気を取られているようではうまくいきません。


ばれることを前提に転職活動していれば、余計な気を使う必要がなくなるので、転職活動に力が入ります。


理由2:休みが取りやすくなる。


「なぜ休みが取りやすくなるの?」と疑問に思うかもしれませんが、転職活動がばれることと関係しています。


どっちにしろ面接をするために休みを取ることになりますが、ばれたくないと思っていれば休みのことを上司にお願いできませんよね?

ただばれることが前提にあれば、気にする必要はありません。


あなた「休みください!」 ⇨ 上司「転職活動でもしているのか?」 ⇨ あなた「そうです!」

休み申請が簡単にできましたね。


なのでばれることを前提に転職活動していれば、休みが取りやすくなるわけです。

僕は実際にやりました。


理由3:今の仕事もがんばれる。


退職する時には、絶対に今の仕事を精一杯がんばるべきです。

そうでなければ、退職しにくくなります。


転職するにも気持ちよくするべきなので、ばれることを前提に転職活動して今の仕事もがんばる方がいいです。


理由4:退職する時に辞めやすい。


ばれることが前提でやっている人は、転職する覚悟が決まっています。そのため、退職する時も辞めやすいでしょう。


退職する時には必ず引き止めに合います。

会社によっては、かなりしつこく引き止められます。

関連記事:しつこい引き止めでも退職できる断り方!【止める理由と残る悪影響】


それでも退職する覚悟が決まっていれば「辞めます!」と、強く言うことができます。


ばれることを前提に転職活動すれば、退職する時に辞めやすくなります。

 

以上の4つの理由から、ばれることを前提に転職活動した方がいいのです。


ただ転職活動がばれた時は、デメリットも出てきます。

次はデメリットの話をします。


転職活動がばれると出てくる2つのデメリット!

手を繋ぐ画像。

転職がばれた時のデメリットは2つです。

  • デメリット1:上司の当たりが強くなる。
  • デメリット2:職場に居辛くなる。働きにくくなる。

1つずつ深掘りします。


デメリット1:上司の当たりが強くなる。


転職活動がばれれば、上司の当たりが強くなる可能性があります。

そらそうですよね。辞める社員に、気なんて使うわけがありません。


会社からすると辞めていく社員は優しくするメリットもないので、当たりが強くなってきます。


デメリット2:職場に居辛くなる。働きにくくなる。


職場にも居辛くなります。


上司が知れば確実に情報は回って、あなたの同僚も知ります。

そんな職場なんて居やすいわけがありませんよね。


「あの子辞めるらしい」と思われているような職場で働きやすい人なんていないと思うので、大きなデメリットになります。

 

以上のようなデメリットは出ます。

それでも転職活動はばれる前提でやった方がいいです。


転職活動はばれるけど、どっちにしろ辞めるんだから気にする必要はない!

幸せな少年の画像。

転職活動がばれようが、上司や同僚にどう思われようがどっちにしろ辞めるのだから気にする必要はないです。


仕事を辞めてしまえば、あなたの会社の人ともう会うこともありません。

ぶっちゃけ、僕が前職で今でも関係がある人は0です。


上司にばれてどう思われようが、将来的には関係がないので気にしなくて大丈夫です。


それよりも、転職の成功に焦点を当てていきましょう。


気にしない方がおもいっきり転職活動に集中できるので、ばれるくらいでいいです。


おしまいです。  

PS:僕は「退職します」と上司に伝えた時に「転職活動しています」とも言いました。ばれれば職場に居づらくもありますが、それ以上に未来が大切だったのでこういう行動をしました。ばれてしまうくらい転職活動に集中した方がいいですよ!


次の記事>>>転職エージェント6つを比較しました!【全ておすすめです】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です