転職エージェントは何社くらい利用すべき?【3社の理由とメリット】

携帯のメッセージを確認する男性の画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

悩む少年のイラスト。

「転職エージェントって何社登録すればいいのかな?目安ってあるのかな?」

そんな風に悩んでいるなら読んでください。

転職エージェントの登録はいくつすればいいのか、解決します。


僕も転職エージェントを利用していましたが、はじめは同じ悩みを持っていました。

最終的には希望の会社に転職できて、幸せに働いていたので成功体験からお話しします。

本記事でわかること

  • 転職エージェントは何社くらい利用するべきなのか?
  • 転職エージェントを複数登録するメリット
  • 転職エージェントを複数利用する注意点。

読み終えたときには

笑顔の男性のイラスト。

「転職エージェントは、◯社利用するのがいいんだな!いい転職にできるようにがんばろう!」

と行動し始めているでしょう。

4分くらいで読み切れますので、参考になると嬉しいです。


 

転職エージェントは何社くらい利用するべき?

出版する男性の画像。

結論からいいますが

転職エージェントは、3社併用するのがおすすめです。


「併用すると良くないんじゃない?」と思ってしまうかもしれませんが、複数利用は絶対にすべきです。

というのも、理由とメリットがあるからです。

※メリットは、次のカテゴリーでお話しします。


3社以上併用した方がいい理由は、次の通りです。

  • 転職エージェントには、特化した分野や年齢、職業がある。
  • 転職エージェントによって、抱えている求人が変わる。


まず転職エージェントは、特化した分野や年齢などがあります。

転職エージェントの種類

総合、外資系、20代、ミドル世代、福祉関係、医療関係、ハイキャリア、女性、IT関係 など

そのため、複数利用して転職戦線を戦いやすくした方がいいです。


そして、転職エージェントによって抱えている求人が変わります。

※もちろん被っている求人もあります。

そのため、たくさんの求人に出会えるようにするために転職エージェントは複数利用した方がいいです。


以上のような理由から、併用することで転職成功率が上がります。

そのため転職エージェントは、複数利用していきましょう。


なぜ3社くらい?→管理が鬼大変になるから!


ただ「併用することで転職の成功率が上がるのなら、たくさん使った方がいいじゃん!」と思うかもしれませんが、僕は使いすぎるのもおすすめしません。

というのも、転職エージェントの使いすぎは管理がかなり大変になるからです。


転職エージェントに登録すると、求人をたくさん紹介してもらえます。

というのも、はじめは求人を実際に見ないと始まらないので。


それで例えば、気になった求人が5つリクルートエージェントに合ったとしましょう。

他にもdodaに3つ。マイナビエージェントに3つ。ランスタッドに4つ。パソナキャリアに4つ。ハタラクティブに3つ。


各サイト内なら、求人を管理できるようになっているので問題ないですが、他のサイトも使い始めると、どこに気になった求人があるかわからなくなります。

あと、選考が進んだ時に選考を忘れたり履歴書の提出を忘れたりと、ミスもでたりするでしょう。


・利用が少ないと、自分に合う求人に合いにくい。
・多すぎると管理できなくて、転職がうまくいかない 。

バランスの良い3社にしましょう!


複数利用は転職を成功させるために必要ですが、多すぎると管理ができなくて意味がない。

そのため、『多すぎず、かと言って少なすぎない=3社』がいいんです。

3社であれば『総合1つ、専門2つ』で、バランスよく利用できます。


転職エージェントは、3社利用していきましょう。

転職エージェントの使い方は『【完全版】転職エージェントの使い方』にまとめています。


おすすめの転職エージェント(全て5分くらいで登録できます。)

リクルートエージェント
求人数10万件以上、転職支援実績、顧客満足度No.1。

doda
リクルートエージェントと双璧をなす、日本最大級のエージェント。

ランスタッド
年収1000万以上の求人が過半数を占める、ハイクラスのキャリア形成に最適な世界最大級の転職エージェント。

JACリクルートメント
高単価の求人が多いハイキャリア転職のエージェント。

ハタラクティブ
未経験職種への転職に強いです。
紹介先は、実際に足を運んだことのある会社ばかりです。

パソナキャリア
女性を採用したい企業に圧倒的に支持される転職エージェント。


では、転職エージェントを併用したらどんなメリットがあるのでしょうか?


スポンサーリンク

転職エージェントを何社か併用→3つのメリットが出ます!

製品の写真を撮っている画像。

まずは、転職エージェントを複数使った時のメリットです。

  • メリット1:たくさんの求人に出会える。
  • メリット2:総合型と専門職特化型を使い分けられる。
  • メリット3:自分の相性の良いコンサルタントに出会える。

1つずつ説明します。


メリット1:たくさんの求人に出会える。


まず複数転職エージェントを利用しているので、たくさんの求人に出会えるようになりますよね。


そして登録する大きなメリットは、非公開求人も選択肢に入れられるようになること。

実は転職エージェントは、たくさんの非公開求人を抱えているんです。

登録さえすれば、非公開求人にも応募できるようになります。


登録しないと出会えない求人のため、複数掛け持ちすることで応募できる求人も増えて、成功率が上がります。


メリット2:総合型と専門職特化型を使い分けられる。


転職エージェントには、総合型と専門職特化型あります。

具体例

総合型リクルートエージェント、doda、マイナビエージェントなど
専門職特化型JACリクルートメント、ハタラクティブ、きらケア、レバテックキャリアなど


総合型だけでは専門的な情報やサポートに限界がありますし、専門的すぎると選択肢が狭まりすぎます。

複数を併用することで、お互いのいい点を組み合わせて転職活動ができます。


メリット3:自分の相性の良いコンサルタントに出会える。


転職エージェントは組織ではありますが、コンサルタントの力量によって転職成功率が変わってきます。

コンサルタントの腕が良ければいい求人を紹介してもらえますし、逆に悪いコンサルタントに当たるとサポートも適当です。


転職エージェントが1つだと危険なので、良いコンサルタントに出会えるように複数使った方がいいです。


複数利用することで、以上のようなメリットがあります。

あと転職エージェントを何社も利用する時には注意することもあるので、確認しておきましょう。


何社も転職エージェントを利用する時の2つの注意点!

女性が危険を見つけた画像。

転職エージェントを、複数する時の注意点があります。

  • 注意点1:併用して利用することを伝えておこう。
  • 注意点2:メールや電話の返信はしっかりやっていこう。

順番にお話しします。


注意点1:併用して利用することを伝えておこう。


併用して利用することを、転職エージェントに伝えておいた方がいいです。

というのも、のちのち転職が決まってくると他の転職エージェントを断ることになります。

その時に、他の転職エージェントを利用していたことを先に言っておいた方が、断りやすくなります。


「伝えると不利になりませんか?」と不安になるかもしれませんが、併用することは転職業界では当たり前のことなので、担当者も言われても普通です。

逆にそんなことでキレる担当者ならいい転職のサポートはできないので、切った方が身のためです。

>>>転職エージェントは中断できるのが当たり前?


先に併用して利用することを伝えても問題ないので、伝えておきましょう。


注意点2:メールや電話の返信はしっかりやっていこう。


転職エージェントからくるメールや電話の返信は、しっかりやっておきましょう。


担当者も人です。

メールや電話が全く折り返しがないと、嫌気がさして求人を紹介してくれなくなります。


確かに、複数使ってメールや電話が多くなるので、めんどくさくなる気持ちもわかります。

ただ全ては転職がうまくいくためなので、転職活動中だけだと思ってしっかりと連絡は返しましょう。


以上の2つは、併用するときの注意点です。

大切なポイントになってくるので、しっかり意識しておいてくださいね。


【内定獲得】何社も転職エージェントを利用したのなら中断しておこう!

どこでも働ける女性の画像。

あと内定を獲得してからの話ですが、内定を獲得した転職エージェント以外はしっかりと利用の中断を伝えましょう。

仮にそのままほっておくと、その後も求人の紹介がき続けます。

変な問題になっても嫌なので、中断はしっかりしておきましょう。


転職エージェントの辞め方は『他で内定を獲得した時の転職エージェントの断り方!』にまとめてあります。


最後までしっかりやって、いい転職にしましょうね。


実際に転職エージェントを何社か使ってみよう!

ボタンの形の画像。

では、実際に転職エージェントを何社か使ってみましょう。

※はじめに結論をお話ししたように、3社くらいは登録してみましょうね。


簡単にまとめておきます。

リクルートエージェント総合求人数、顧客満足度No.1
doda総合リクルートエージェントと双璧
ハタラクティブ20代未経験職種を正社員で転職させる実績80.4%
ランスタッド ハイキャリア年収1000万以上の案件を多数紹介
JACリクルートメントハイキャリアハイキャリア求人を多数抱える
パソナキャリア女性女性を採用したい企業から圧倒的な支持


リクルートエージェント


おすすめポイント

  • 求人数10万件以上、転職支援実績、顧客満足度No.1。
  • 約32万人に選ばれる安心できるエージェント。

迷っている場合は、とりあえずリクルートエージェントを利用すれば間違いはありません。

ここから登録(公式サイト)


doda


おすすめポイント

  • 日本最大級の求人数を掲載(10万件以上)
  • 非公開求人を含む求人からあなたに合った求人を紹介。
  • 内定までをトータルサポート。

しっかりしたサポートで、たくさんの求人に出会いたいなということなら、dodaがいいでしょう。

ここから登録(公式サイト)


ランスタッド


おすすめポイント

  • 世界最大級の転職エージェントでハイクラスのキャリア形成に最適
  • 世界で年間20万件の転職をサポート

紹介している分野は「医療」「消費財」「製造」「テクノロジー」「管理部門」など。

年収1000万以上の案件を多数紹介しており、登録しておけばいい企業に巡り逢えるでしょう。

ここから登録(公式サイト)


JACリクルートメント


おすすめポイント

  • アジア各国で知名度の高いグループ会社で、外資系企業や海外の求人も扱っている。
  • サポートも手厚くて、ハイキャリアの転職を手伝ってくれる。

サポートも手厚くて、英語の履歴書の添削や英語の面接対策、中国語の話力チェックなど、さまざまなサービスを提供してくれます。

ここから登録(公式サイト)


ハタラクティブ


おすすめポイント

  • 未経験や第2新卒、フリーターなど、世の中で転職に弱いと言われる立場の人たちのサポートに力を入れている。
  • コンサルタントが、実際に足を運んだ会社を紹介してくれる。


正社員成功率が80.4%という、驚異的な数字を誇っています。

20代やフリーター、未経験職種を希望する人は登録しましょう。

ここから登録(公式サイト)


パソナキャリア


おすすめポイント

  • 女性を採用したい企業から、圧倒的な支持を得ている。
  • 25万人の転職支援実績で、25,000件以上の求人から紹介。

2019年、オリコン顧客満足度調査で『転職エージェント』第1位を獲得している優良なサイトです。

ここから登録(公式サイト)


転職エージェントは併用してください。

大切なのは、あなたの転職が成功すること。

転職エージェントを利用して、いい転職にしてくださいね。

おしまいです。


人気の記事>>>転職エージェント6つを比較しました!【全ておすすめです】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です