転職失敗で無職になった時の3つの対策!【スキルなしの僕もできた】

計画を確認する男性の画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

・転職活動始めたけど、結局退職までに決まらなくて、無職になった。2ヶ月以上も貯金もたないし、どうすればいいのかな?

と悩んでいませんか?


実は、この記事の『転職失敗で無職になった時の3つの対策』を実践すれば、生活しながら転職を成功させれます。

なぜなら、僕も在職中に転職先が決まらずに無職でしたが、実践して大手企業に転職できたからです。


この記事では、転職失敗で無職になるあるあるや特徴、無職のリスクと転職失敗で無職になった時の対策を紹介します。

読み終えた時には、転職成功の方法を理解できて、安心して生活もできる状況を作っていけます。

4分くらいで読めるので、読んでみてください。


記事の信頼性

ユウスケの真顔のイラスト。
・25歳と27歳で2回の転職経験。
・25歳は、退職後に3ヶ月ほど無職で、大手企業に転職。
・27歳は退職後、1年間無職で生活。

本記事でわかること

  • 転職失敗して無職になるあるある。
  • 転職に失敗して無職になる人の共通する特徴。
  • 無職のままでいるリスク。
  • 転職失敗で無職になった時の3つの対策。


無職のサポートに強い、転職エージェントで求人検索してはいかがでしょうか?

『ハタラクティブ』は、無職やフリーターなどの、弱い立場の人の転職サポートに実績があります。利用者の80.4%が、正社員で転職しています。

足切りもなく、無職でも利用できる、利用者目線のサービスです。

無料』で登録・サポートしてくれるので、気軽に始めてみましょう。

ハタラクティブの公式サイトに飛びます>>


転職失敗で無職になる人あるある!

2つのコンテンツを持つ女性の画像。

転職を失敗して無職になるあるあるがあるので、挙げてみましょう。

あなたも当てはまってませんか?

  • あるある1:在職中に転職活動をしていなかった。転職が決まらなかった。
  • あるある2:自分の市場価値を見誤っていた。


あるある1:在職中に転職活動をしていなかった。転職が決まらなかった。


まずは、在職中に転職活動をしていなかった。転職が決まらなかった。ことです。


転職を成功させている人は、基本的に在職中に活動を進めています。

在職中に、転職先が決めている人もいるくらいです。


転職は、思い通りにならないことも多いです。

そのため、大変でも在職中に隠れながらでも転職活動をしていないと、退職後に無職になるリスクも減ります。

>>>在職中の転職活動がばれたらどうしたらいいの?【ばれることは前提にしておこう】


あるある2:自分の市場価値を見誤っていた。


2つ目のあるあるが、自分の市場価値を見誤っていたことです。


「市場価値」って言葉が有名になり始めていますが、自分の値段みたいなものです。

もちろん市場価値が高ければ、いい企業に転職しやすいですし、低いとそのレベルの企業への転職しかできません。


ただプライドや自己分析の甘さから、市場価値を見誤って、レベルの高すぎる企業ばかりに募集する人もいます。

当然、企業からすれば必要な人材ではないので、落とされます。


ただ、市場価値をしっかり分析できていないと、そのことすらも気付きません。

そして、無職で過ごすということになるわけです。


以上の2つは、転職に失敗する無職あるあるですね。


では、転職に失敗しやすい人はどんな人たちでしょうか?

実は、転職を失敗して無職になりやすい人は、共通した特徴があるので、紹介していきます。


スポンサーリンク

転職を失敗して無職になりやすい人の共通特徴!

ボードを組み合わせている男性女性の画像。

転職を失敗して無職になりやすい人には、共通した特徴があります。

下記に紹介していきます。


転職を失敗して無職になりやすい人の特徴

①自己分析をしっかりしていない。
②企業研究をしっかりしていない。
③転職活動をなめている。
④就職活動と同じように考えている。


もし上記に当てはまるのなら、転職失敗するだろうなと思います。


転職の基本は、自己分析と企業研究です。

この2つをしっかりしていないと、履歴書も面接対策も、まともにできません。


また転職も1つの挑戦で、他の転職者との戦いでもあります。

簡単にできるものではないので、なめているような気持ちでは勝てるわけありません。


あとよくあるのが、「就職戦線を勝ち抜いてきたから、転職は余裕。」という人。完全に間違っています。

就職活動は、大学や新卒という看板を持っています。そのため、将来性で見てくれますが、1度就職してしまうと社会人として見られます。

目線が全く違うので、就職活動と同じように考えていると、転職活動は上手くいきにくいです。


上記の特徴に当てはまるようなら、失礼な話ですが、転職に失敗してしまうのも、なんとなくわかります。


ただここで、モチベーションを下げずにがんばってほしいです。

なぜなら、転職に失敗したからと何もしないと、無職でリスクがでかいからです。


【転職に失敗】無職のままでいるリスク!

ブルーな気分になる女性の画像。

転職に失敗したからと何もしないと、無職でいるリスクがでかいです。


リスクは

①給料もなく、お金がなくなる一方である。
②仕事にブランク(空白期間)ができるので、転職活動に不利になっていく。

ことです。


まず、無職のままでいると収入はないですよね。

お金もなくなり続けることになるので、生活も大変になっていきます。

>>>無職でお金がない時に、絶対にしてはいけないこととは?


また、仕事の空白期間は企業に悪い印象を与えるので、転職活動も不利になっていきます。

空白期間のことは『ブランクが転職で不利な理由!【企業が不安になります】』を参考にしてください。


生活にも仕事にも不利になっていくので、早めに現状を打破しないとリスクがあります。

これからずっとアルバイトや派遣で働きたいとは思っていないはずなので、正社員で働けるように、対策していきましょう。


転職失敗で無職になった時の3つの対策!

情報に基づいて決めていく男性と女性の画像。

転職に失敗して無職になったら、次の3つの対策で状況を打破できます。

  • 対策1:無職のサポートに強い転職エージェントを使う。
  • 対策2:失業保険や税金免除を使う。
  • 対策3:自己分析をし直して、自分に合うレベルの企業を選び直す。

大切なので、深掘りします。


対策1:無職のサポートに強い転職エージェントを使う。


1つ目が、無職のサポートに強い転職エージェントを使うことです。

もし今まで転職エージェントを使ってこなかったのなら、絶対に利用した方がいいです。


転職エージェントは、転職を失敗しないようにサポートしてくれるサービスです。


転職エージェントのサポート

・合う求人の紹介
・履歴書、職務経歴書の添削
・面接の対策
・企業との面接の日程調整
・就業条件を代理で交渉
・あなたの魅力を企業に押してくれる

など、様々なサポートをしてくれます。


特に求人紹介をしてもらえると、自分で求人検索をする時間も減らすことができて、企業研究に時間を使えます。

転職活動はやることが多いので、サービスを使うことで転職を成功させている人は多いみたいですよ。(下記のグラフからわかります)


転職エージェント(人材紹介会社)利用社数のデータ。
引用元:転職成功者の転職エージェント(人材紹介会社)利用社数のデータを引用して筆者がグラフを作成


さらに転職エージェントの複数利用については『転職エージェントは3社利用がおすすめの理由とメリット!』で悩みを解消できます。


また、転職エージェントには専門している分野があったりします。

IT業界が専門だったり、福祉業界が専門だったり、得意な分野があります。


そして、無職やニート・フリーターなどの転職の立場が弱い人のサポートに強い転職エージェントもあります。

そのため、その転職エージェントを使えば、転職の失敗率を減らすことができますね。


無料』で登録・サポートをしてくれるので、マイナス面もないのがいいですよ。

無職のサポートに強い、転職エージェントを使いましょう。


無職のサポートに強い『ハタラクティブ』


おすすめのポイント

  • 無職、フリーター、ニートなどの、転職に弱い立場の人のサポートに強い。
  • 利用者の80.4%が、正社員で転職を成功させている。
  • 実際に足を運んだことのある会社を、紹介してくれる。


ここから登録>>(公式サイトに飛ぶ)


対策2:失業保険や税金免除を使う。


2つ目が、失業保険や税金免除を使うことです。

これは生活のために、使った方がいい制度です。


失業保険は有名ですし、ハローワークに登録しにいくので、使われる人は多いでしょう。

ただ、税金免除はあまり使われていないかなと。


実は無職だと、市民税や年金などの税金を免除や減額ができます。

お住まいの役所に電話すれば教えてもらえるので、支出を減らすためにやった方がいいですね。


無職の時に使える制度は、『失業したら使える制度!』に詳しくまとめています。


対策3:自己分析をし直して、自分に合うレベルの企業を選び直す。


3つ目が、自己分析をし直して、自分に合うレベルの企業を選び直すことです。


まずは、自己分析をし直しましょう。

上でも話しましたが、自分の企業での価値の見直しやレベルの合う企業を見つけるために、自己分析は本当に大切です。


今まで自分のレベル以上の企業を選びすぎて、落とされてきた可能性も高いので、めんどくさいかもしれませんが、自己分析をやり直しましょう。


自己分析に関しては、登録している転職サイトや転職エージェントなどを使うといいです。

また『ミイダス』は自分の市場価値を見直すことに役立つので、使うと便利です。

もちろん、『無料』で利用できます。


 

市場価値を測定(ミイダス公式サイト)に飛ぶ>>


以上の3つの対策をすれば、状況は少しずつ変わっていくはずです。

無職のままでは厳しくなる一方なので、ぜひ行動し始めてくださいね。


今回は、これでおしまいです。

幸せに働ける会社を見つけるために、がんばってくださいね。

人気の記事>>>転職に失敗して人生が終わりではない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です