転職1週間で辞めたいなら辞めてもいい!【3つの方法を実践しよう】

男性、女性がコラボレーションする画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

・転職して1週間だけど、もう辞めたい。辞めてもいいのかな?辞めるためのいい方法はないかな?

と悩んでいませんか?


実は、この記事の『転職1週間で辞める3つの方法』を実践すれば、辞めることはできます。

なぜなら、僕も2回仕事を辞めて、転職経験があるからです。


この記事では、転職1週間で辞めたい理由をはっきりさせて、1週間で辞めるデメリットや辞め方を紹介します。

読み終えた時には、自分が辞める理由がはっきりして、実際に辞めれるようになっているでしょう。

4分くらいで読めるので、最後まで読んでみてください。


本記事でわかること

  • あなたが転職1週間で辞めたい理由。
  • 転職1週間でも辞めていい理由。
  • 転職1週間で辞めるデメリット。
  • 転職1週間で辞める3つの方法。


転職1週間で辞めたい理由とは?【どれかに当てはまるはずです】

ミーティングする男性と女性の画像。

まず、あなたが1週間で辞めたいと思った理由はなんですか?

考えられる理由は、だいたい下の4つに当てはまります。

  • 理由1:会社がイメージと違った。
  • 理由2:すでに会社の人と合わない。
  • 理由3:言われていた就業条件と違う。
  • 理由4:仕事内容がイメージと違った。


理由1:会社がイメージと違った。


1つ目の理由が、会社がイメージと違った場合です。


前の転職活動中に企業研究はしたでしょうが、どうしても会社のことを100%知ることはできません。

実際に働いてみてからわかることもありますし、イメージと違うこともあります。


そのため、辞めたくなることもあるでしょう。


理由2:すでに会社の人と合わない。


2つ目の理由が、すでに会社の人と合わない場合です。


人間関係が原因で転職したいと思うのは、普通のことです。

僕も人間関係が悪くて、25歳の時に転職しました。


1週間も働けば、「この上司と合わないな」「同じ職場の◯◯さん嫌い」ということもわかります。

人間関係が充実しないような会社で働き続けたとしても、ストレスがかかるだけなので、辞めるべきです。

>>>人間関係が辛い時の4つの対策!


そのため、すでに会社の人と合わないのも理由です。


理由3:言われていた就業条件と違う。


3つ目が、言われていた就業条件と違うことです。


もしかしたら、あなたも「給料が転職前と言われていたのと違うな」「言われたほど休めないな」となっていませんか?

転職あるあるですが、転職前と言われていた就業条件が違うということはあります。


企業も転職者に少しでもいいイメージを持ってもらうために、就業条件を盛って言ったりするようで、それで違いが出るようです。


理由4:仕事内容がイメージと違った。


4つ目が、仕事内容がイメージと違ったことです。


仕事の内容は、どうしても目立つ部分と目立たない部分があります。

例えば、ブライダルでは結婚式を手伝うことが目立ちますが、実は裏では事務作業や走り回ったりと、地味な作業があります。


このように、仕事にはどうしても目立つ部分と目立たない部分があるので、仕事内容がイメージと違うということがあります。


以上の4つが、1週間で辞めたいと思った理由として考えられます。

あなたが辞めたい理由はありましたか?

では、そんなあなたは1週間で辞めてもいいのでしょうか?


スポンサーリンク

【転職1週間辞めたい】本当に辞めてもいいのか?

質問する女性と答える女性。

もし本気で1週間で仕事を辞めたいと思っているのなら、辞めてもいいです。

なぜなら、辞めたい仕事を続けるのはストレスが大きいからです。


例えば、あなたが前職を辞めたいと思ったのはなぜですか?

何か仕事に不満があったり、ストレスを感じていたからではないでしょうか?


1週間だろうが、「辞めたい」と思ったということは、その時と同じでストレスを感じる状態です。

前職で辞めたいと思う不満=今の仕事で辞めたいと思う不満 ⇨ 『同じようにストレスを感じる』

それでは、全く楽しく働けませんし、あなたの時間も無駄になります。


大切なのは、あなたが仕事で幸せになること、幸せな生活ができることなので、ストレスは避けて働くべきです。

そのため、1週間だろうと辞めたいなら辞めていいです。


ただ、もちろん転職1週間で辞めるデメリットもあります。


1週間で辞めたいけど転職するデメリットも知っておこう!

画面を見る男性と女性の画像。

転職1週間で辞めるデメリットは、次のようなことです。

①次の転職が不利になる。
②我慢できないクセがつく。
③周りの人から、批判がくる可能性がある。


上記のようなデメリットがあります。

特にあなたにとって関係してくるのは、『①次の転職が不利になる。』です。


もし今の仕事を辞めるとなったら、次の仕事を探すために転職活動をすることになりますよね。

ただ、1週間しか仕事が続かなかったと面接官が知れば、確実に「この人はすぐ仕事を辞めるかも」と悪いイメージを持たれます。


面接のイメージが悪い対策は、しっかりあります。

そのことは『短期退職の誰でもできる失敗しない伝え方!』にまとめているので、読んでもらえれば解決しますよ。


また、我慢できない癖もついしまうので、意識してつかないようにしなければなりません。


そして、辞めたいのに辞められない人にありがちなのが、『③周りの人から、批判がくる可能性がある。』ので、ためらってしまうことです。


当然、1週間で辞めるなんてやばいという人も出てきます。

「そんな意見は聞かなくてもいいよ」とアドバイスする人もいますが、そうは言っても気になってしまうはずです。


そんな言葉に立ち向かえるだけの気持ちがないと、大きなデメリットになるでしょう。

※気持ちの対策は、下のカテゴリーの『辞める方法』で紹介しています。


このように、転職1週間で辞めるデメリットはあります。

それでも、上でも話しましたが、辞めたいと思っている仕事を続けるのは本当にストレス。

辞めないままでいることの方がデメリットなので、辞めるべきです。


転職1週間で辞めたいなら辞める3つの方法を実践しよう!

タブを開けていく男性の画像。

転職1週間でも辞める方法は、次の3つを実践してください。

  • 辞める方法1:辞めたいことを正直に言う。
  • 辞める方法2:1週間でも辞めていいと理解する。
  • 辞める方法3:辞めるまでは丁寧に行動する。


辞める方法1:辞めたいことを正直に言う。


まず1つ目が、辞めたいことを正直に言うことです。

「辞めます」と言いにくいと思いますが、言わないと何も始まりません。


ただこれを言うと「わかってるよ」って話ですよね。

そのため、次の方法で気持ちの部分も作っていきましょう。


辞める方法2:1週間でも辞めていいと理解する。


2つ目の方法が、1週間でも辞めていいと理解することです。

これは気持ちの部分を作るために、実践してほしい方法です。


どうしても1週間で辞めたい。だけど周りから批判されるのが怖い。そんな人が仕事が上手くいくわけない」と躊躇う気持ちが生まれます。

それを払拭するために、ぜひ1週間でも辞めていいと理解してほしいです。


リアルな話、1週間で仕事を辞めたところで、あなたの人生になんら影響はありません。


例えば、上司に「合わないので辞めます。」と言ったら、1週間で早くないと職場で話されるでしょう。

ただ、仕事を辞めてしまえば職場の会うこともなくなります

それよりも、働き続けてストレスがかかる方が辛くないですか?


このように、将来ことを考えれば、1週間でも辞めた方が人生にプラスだとわかります。

なので、気持ちを前向きに持つために、1週間でも辞めていいと理解してください。


辞める方法3:辞めるまでは丁寧に行動する。


3つ目が、辞めるまでは丁寧に行動することです。


1週間で辞めると言うことは、入社前にやってもらった契約書の処理や人件費などを、全て無駄にさせるという行動です。

そのため、適当なことをして会社に迷惑をかけて辞めようとすると、めんどくさいことになる可能性も0ではありません。


迷惑をかけたことは事実なので、しっかりと丁寧に辞めて、後腐れなく辞めましょう。

綺麗な辞め方は『問題なく退職できる5つの手順!』を参考にどうぞ。


以上の3つの方法を実践することで、1週間でも辞めることは可能です。

幸せな人生にするためにも、ぜひ行動してくださいね。


今回はこれでおしまいです。

次の転職は失敗しないためにも、『転職に失敗したらやり直せばいいだけ!【成功率を上げる5つの方法】』も読んで、いい転職にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です