失敗しない転職、12の手順!【初心者の僕でもできた流れです】

カンファレンスをしている女性の画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

考え事をするビジネスマンのイラスト。

「転職しようと思っているんだけど、どうやって進めればいいか分からないんだよね。」

と悩んでいる人は読んでみてください。


転職がはじめてだと、どう進めればいいのかわからないですよね。

僕もどうやって転職活動をすればいいか分からずに、なんとなく動いていました。

転職には成功しましたが、もっと楽に活動できたなと思っています。


これから転職を始められる人に、イメージが湧くように手順をお話しします。


本記事でわかること

  • 転職を成功させる12の手順。

読み終えた時に

笑顔の若いサラリーマンの画像。

「いい転職にできるようにがんばろう!」

と行動し始めているでしょう。

5分くらいで読めますので、読んでもらえると嬉しいです。


失敗しない転職、12の手順!【初心者の僕でもできました】

2人の女性が計画の準備をしている画像。

転職の流れをイメージできるように、手順をまとめます。

手順は12個です。

  • 転職の手順1:転職サイト、エージェントに登録。
  • 転職の手順2:退職理由、転職の目的、譲れない条件を明確化する。
  • 転職の手順3:自己分析する。
  • 転職の手順4:履歴書、職務経歴書、面接の基本を学び、準備する。
  • 転職の手順5:求人を検索する。(転職エージェントの場合、お願いする。)
  • 転職の手順6:企業研究する。
  • 転職の手順7:転職サイト、エージェントで募集し履歴書、職務経歴書を送る。
  • 転職の手順8:面接を受ける。
  • 転職の手順9:内定をもらう。
  • 転職の手順10:内定先を選定する。
  • 転職の手順11:入社の準備をする。
  • 転職の手順12:入社する。

※この間で現職を退職したり、転職エージェントの面談を受けたりする必要もあります。

現状のあなたに合わせて、チェックしていきましょう。


転職の手順1:転職サイト、エージェントに登録。


はじめに転職サイト、転職エージェントに登録します。

「え!いきなり」と思われたかもしれませんが、はじめにしておくことで転職が上手くいきやすくなります。


というのも、転職サイトや転職エージェントには、転職のノウハウが詰まっています。

求人もたくさんあるので、求人を見ることでイメージも湧きやすくなり、転職が失敗しにくくなります。


どうやって進めればいいかわからないまま活動すると、無駄な時間を使ったりするので、はじめに登録しておくことが得策です。


はじめに転職サイト・転職エージェントに登録するメリット

・無駄な行動をしなくて済む。
・転職できるイメージが湧く。
・転職する勇気やモチベーションも湧く。


実際、転職を成功させている人は、複数の転職エージェントを利用しています。

転職エージェント(人材紹介会社)利用社数のデータ。
参照元:リクナビNEXT 転職エージェントの平均利用社数を参照して筆者が作成。

※上記のリクナビNEXTのデータでも、転職決定者は『4.2社』利用しています。


転職サイトも転職エージェントも、『無料』で登録・サポートしてくれるので、マイナスがないので気軽に使用できますね。


5分くらいで登録ができるので、この機会に行動しておきましょう。

  • リクナビNEXT
    転職サイト。
    限定求人が85%、転職者の約8割が利用、転職決定率がNo1。
  • リクルートエージェント
    業界最大手の転職エージェント。
    求人数10万件以上、転職支援実績、顧客満足度No.1。
  • ハタラクティブ
    未経験や20代など、立場の弱い人のサポートに優れた転職エージェント。
    完全に未経験でも、正社員として就職できるようにサポートしてくれる。
    実際に、足を運んだことのある会社を紹介。

その他の転職エージェント>>>転職エージェント4つを比較!


転職の手順2:退職理由、転職の目的、譲れない条件を明確化する。


次に退職理由、転職の目的、譲れない条件を明確化します。

これは、自己分析をする前にしておきます。

理由は、自己分析してからにすると、あなたがいけそうな条件を譲れない条件にしてしまうからです。


この手順2はめっちゃ大切なので、必ず押さえておいてください。


よく転職を失敗した人は

・早く転職活動をやめたかったから、内定をもらった会社に入社した。
・やりたい仕事もなかったから、内定をもらえた会社に入社した

と言っています。


これ転職中に陥りやすいことですが、転職活動は厳しくて辛いので挫折しそうになって早く仕事を決めようとします。

そのため、自分の譲れない目的まで妥協してしまいます。

>>>転職は譲れない条件以外は妥協すべき!


あなたが思う転職の成功ってなんですか?

幸せに働けることではないですか?


『転職活動→内定→入社』はただの過程にすぎません。

働き始めてから、幸せに働けるかが大切です。


あなたが転職する上で

退職理由、転職の目的、譲れない条件は明確にすること = 入社後の最高な仕事に繋がる

ので、この早い段階で明確化してください。


明確化したものは紙かパソコン、スマホなどにメモして残しておいて、ときどき見るようにしましょう。


転職の手順3:自己分析する。


次が自己分析です。

自分を知らないと、履歴書や面接でうまくアピールできないので、必ずやりましょう。


自己分析するときは、転職サイトやエージェントのサービスを利用するとやりやすいです。

もしくは、ノートにまとめましょう。


自己分析するのは

・自分の長所、短所
・あなたの好きなこと
・将来目指すこと、夢
・前職の職種、職歴、学んだこと
・前職での成果(大きさは関係ない)
・前職での失敗談、失敗談から学んだこと
・前職で嬉しかったこと、悲しかったこと、感動したこと

などです。


この後、履歴書や職務経歴書を書くときにさらに深く考えることになるので、ここでは思いつくままに書き出していくようにします。


転職の手順4:履歴書、職務経歴書、面接の基本を学び、準備する。


さて次に履歴書、職務経歴書、面接の基本を学び、準備します。

この作業が1番おもしろくありませんが、大切なのでのんびりでもやりましょう。


書き方や面接のやり方は、登録した転職サイト、エージェントを見ればわかります。

履歴書、職務経歴書、面接の準備は、手順2と手順3で候補を出したので、それを元に書くだけです。


※履歴書、職務経歴書を元に面接で話せると「一貫性のある人」と思われるので、コピーを残して保存しておいてください。

面接前に見て、話すようにしましょう。


転職の手順5:求人を検索する。(転職エージェントの場合、お願いする。)


次に、求人検索を開始しましょう。


転職エージェントを利用している場合は、転職エージェントに合う求人の紹介をしてもらえるようにお願いしましょう。

※転職エージェントだと、求人紹介をしてくれるので、時間短縮ができます。

求人検索は、上記の手順2の『譲れない条件』や『転職の目的』に沿って、探していきましょう。


何万社もある中から探すのは大変ですが、希望の求人がなければ活動できないので、がんばってください。

複数の転職サイトや転職エージェントで求人を探した場合は、募集が重複しないようにメモを取っておいたほうがいいです。


転職の手順6:企業研究する。


次に、検索して選んだ企業を研究しましょう。

ぶっちゃけ、ここが1番大切。


企業研究することで、転職後のミスマッチが減ったり、企業選択が適切にできるようになります。

面接でも、その企業に転職したい気持ちをしっかり伝えることができるので、企業研究が転職を成功させる基本になります。


重要な部分なので、しっかりしましょう。


転職の手順7:転職サイト、エージェントで募集し履歴書、職務経歴書を送る。


転職サイト、エージェントで求人に募集して、募集要項に書いてあるように手順を踏んで下さい。

そのあとに履歴書、職務経歴書を送ることになります。


もしかしたら、すぐに面接になって履歴書、職務経歴書は持って行く形になるかもしれません。

それは、会社に合わせてくださいね。


転職の手順8:面接を受ける。


書類選考が通れば、面接を受けることになります。

面接のことは内容が豊富なので、別記事にまとめています。『転職で面接対策!【6つのポイント】』を参考にしてください。


面接を受ける前に履歴書、職務経歴書で書いたことや自己分析したこと、退職理由、転職の目的、譲れない条件をもう一度見て、面接にのぞんでください。


転職の手順9:内定をもらう。


書類選考、面接が全て合格すれば「おめでとうございます!」内定獲得です。

ここまでくるのが一苦労ですが、ここまできたら苦労したこともスカッとして喜びが湧き上がってきます。


ただ少し喜んだら、次にしてほしいことがあります。


転職の手順10:内定先を選定する。


内定を獲得したらやってほしいのが、もう一度内定先を選定することです。

※転職成功のために、めっちゃ大切。

理由は、転職活動中に手順2ではじめに考えていたことが、ブレている可能性があるからです。


そのため

・手順2で明確にした退職理由、転職の目的、譲れない条件に当てはまるか?

・手順2で明確にした退職理由、転職の目的、譲れない条件を多少妥協しても入社した会社か?

を考えて内定先を選定します。


内定が1社であろうと、内定が複数であろうとこのように内定先を選定して行きましょう。


転職の手順11:入社の準備をする。


内定先が決まれば、次は内定を受諾をして、入社の準備をしていきましょう。


内定を受諾するには

・直接メール、電話をする。
・転職エージェントを通して、内定受諾を伝えてもらう。

のどちらかで対応しましょう。


その後に、他に選考を受けいた会社に断りを入れたり、決まった転職エージェント以外に転職活動を辞めることを伝えます。

辞め方は『転職エージェントの途中の辞め方』を参考にしてください。


入社前に準備することは

・転職先で必要なもの(スーツ、カバン、勉強道具)
・転職先の職種の簡単な基礎知識
・その他(転職先が言ってきたもの)

です。

入社準備を万全にして、入社日まで待ちましょうね。


転職の手順12:入社する。


おめでとうございます。希望の会社に入社できました。


ただお伝えしたように、転職は入社してからが大切です。

がんばってください。

転職活動、お疲れ様でした。


以上が12個の手順です。

イメージが湧いてきましたか?


大切な部分をまとめます。

・はじめに転職サイト、エージェントに登録して、転職の成功イメージを作る。

・『退職理由、転職の目的、譲れない条件』を明確化にすることが転職がうまくいくか、いかないかを分ける。

・内定を獲得したら、手順2を『退職理由、転職の目的、譲れない条件』が大丈夫か見直していく。


仕事を決めるのはあなたです。

後悔のないように、がんばってくださいね。

おすすめの転職サイト・転職エージェント(5分くらいで登録ができます)

  • リクナビNEXT
    転職サイト。
    限定求人が85%、転職者の約8割が利用、転職決定率がNo1。
  • リクルートエージェント
    業界最大手の転職エージェント。
    求人数10万件以上、転職支援実績、顧客満足度No.1。
  • ハタラクティブ
    未経験や20代など、立場の弱い人のサポートに優れた転職エージェント。
    完全に未経験でも、正社員として就職できるようにサポートしてくれる。
    実際に、足を運んだことのある会社を紹介。


会社にバレないように転職活動するには、『バレずに転職活動するマル秘テクニック』も合わせて読んでみてくださいね。

おしまいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です