ホワイト企業に転職しよう!【3つの見つけ方と簡単な方法】

男性が家を選ぶ画像。

はい!どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

真顔の男性のイラスト。

「今度はホワイト企業に転職したいな。どうすれば転職できるかな?」

そんな風に考える人に読んでもらいたい記事です。


「ブラック企業でめっちゃ辛かった!」そんな風に感じる人は、多いのではないでしょうか?

僕もその一人です。

ただ、転職したらいい会社で楽しく働けました。

世の中はブラック企業が多いことは確かですが、ホワイト企業も存在します。

では、そんなホワイト企業はどのように見つければいいのでしょうか?

本記事で、ホワイト企業への転職の悩みを解決します。


本記事でわかること

  • ホワイト企業とは?
  • ホワイト企業の見つけ方。
  • ホワイト企業に転職するためには?

※4分くらいで読めます。


ホワイト企業に転職するのは簡単?

家に帰る画像。

ホワイト企業の転職は、やり方を知っていれば割と簡単です。


そもそも、ホワイト企業と感じる理由は人によって違います。


あなたが思うホワイト企業とは?


主に、ホワイト企業と呼ばれるような会社は

①給料がしっかりもらえる。
②就業時間が守られる。
③残業が少ない。
④ハラスメントがない。
⑤福利厚生が充実している。
⑥休日出勤が少ない。

という中に当てはまります。


あなたがもしホワイト企業に転職したというのなら、上記からあなたが大切にする特徴に優先順位を決めておきましょう。


先ほども言いましたが、ホワイト企業と感じることは人によって違います。

例えば、

・少し残業がある企業でも、その分高給が貰えている。→ホワイト企業だと感じる。
・全く残業しない。→ホワイト企業だと感じる。

という感じです。


あなたが働く中で大切することを守れる企業であれば、ホワイト企業になるはずなので、上記の特徴から優先順位を決めておきましょう。

そして、ブラック企業が多い業界や職種があるのも事実です。


ブラック企業が多い業界=まだ成長していない


ブラック企業が多い業界は、『まだ成長していない業界』です。


例えば、福祉業界なんかがそうです。

現在の福祉業界は人材不足で、少ない人材で施設を回しています。


人材が集まらない理由は、給料が安いのに労働時間が長い。労働がきつい。などです。

間違いなく、ブラックな業界だと言えます。

ちなみに、僕は福祉業界で働いています。


ただこの状態って、昔は建設業界がそうでしたよね。

力仕事でキツイのに、そこまで給料が良くない。

ただ現在は、働き方はキツイですが、その分高給です。


このように、成長していない業界はブラックな働き方になってしまうので、必然的にブラック企業が増えてきます。

ブラック企業については、『【残念】ブラック企業はなくならない?』でさらに深掘りしているので、参考にしてみてください。


では、あなたがホワイト企業を見つけるためにはどうしたらいいのでしょうか?


スポンサーリンク

ホワイト企業に転職しよう!【3つの見つけ方】

女性がブックマークする画像。

ホワイト企業を見つけるには、3つ対策があります。

  • 見つけ方1:転職サイトから洗い出す。
  • 見つけ方2:紹介してほしい求人の条件を転職エージェントに伝えて、求人紹介してもらう。
  • 見つけ方3:ホワイト企業大賞や記事を参考にホームページから応募する。

全て、上のカテゴリーで優先順位をつけたホワイト企業の特徴に沿って、対策しましょう。


見つけ方1:転職サイトから洗い出す。


1つ目が、転職サイトから洗い出す方法です。


転職サイトには、求人がたくさん集まるので企業を見つけるのが簡単です。

なおかつ、転職サイトは企業が求人を掲載するのが有料のため、人材募集に力を入れていない企業は掲載しません。

そのことが、ホワイト企業が集まることに繋がるので、転職サイトを使いましょう。


「ハローワークはダメなの?」と言われるかもしれませんが、ハローワークはブラック企業が多いので、ホワイト企業で洗い出しましょう。

>>>ハローワークはブラック企業ばかり?【簡単な見分け方】


洗い出す方法は、1つずつ企業の募集要項を見て、あなたの希望の条件に合う企業を選んでいくことです。

企業研究は、企業を洗い出してから。それで信頼できそうかを判断していきましょう。


さらにホワイト企業か見極めるためには、面接の時や企業見学、口コミサイト使っていくことになります。

まずは、転職サイトで洗い出していきましょう。


見つけ方2:紹介してほしい求人の条件を転職エージェントに伝えて、求人紹介してもらう。


2つ目が、紹介してほしい求人の条件を転職エージェントに伝えて、求人紹介をしてもらうことです。


転職エージェントのサポートで、合う求人の紹介をしてくれます。

合う求人を自分で見つける必要もなく、紹介はたくさんくるので、その中から自分の興味があるものだけ応募していけばOKです。


転職活動が簡単になるだけでなく、自分以外の目線も入るので客観的に転職活動ができます。

そのため、いい企業に出会いやすくホワイト企業も見つけやすくなるでしょう。


見つけ方3:ホワイト企業大賞や記事を参考にホームページから応募する。


3つ目が、ホワイト企業大賞や記事を参考にホームページから応募する方法です。


ホワイト企業大賞というものが、発表されています。

東洋経済 新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ500の表。
引用元:東洋経済 新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ500


上記は、2017年に発表されたものです。

実際にホワイト企業をランク付けしているので、ここから興味のある企業を実際に検索して、応募してみましょう。


ホームページに『転職者募集』などと記載がある場合はもちろん、書いてなくても応募してみれば、面接してもらえる可能性もあります。

ぜひ、積極的に応募していきましょう。


以上の3つの対策をして、ホワイト企業を見つけてください。

では最後に、ホワイト企業に確実に転職する方法をお話しします。


ホワイト企業に確実に転職するためには?

タイトルを設置する画像。

ホワイト企業かどうかは、実際に転職してみないとわからない場合が多いですが、もし企業の中を確認することがミスマッチの可能性は減らせますよね。

そのために、

①転職エージェント
②口コミサイト

を利用しましょう。


まず転職エージェントは、企業のことを知っている可能性が高いので、中の情報がもらえます。

確かに全てを知っているとは考えにくいですが、知っていることだけでも聞いておくことができれば、ミスマッチは減ります。

転職エージェントは『転職エージェント6つをパッと比較!』に、詳しくまとめています。


また、口コミサイトは会社で実際に働く人や働いていた人が書いています。

そのため、会社内部のリアルな情報を手に入れやすく、ミスマッチも減らせるでしょう。


無料で登録可能な口コミサイト『転職会議』


おすすめポイント

  • 国内最大級の口コミサイト。掲載100万件以上。
  • 会員登録したら48時間口コミを見放題。
  • 口コミ投稿で90日間も口コミ見放題。

口コミサイト転職会議の無料登録はこちら


転職エージェントも口コミサイトも、登録やサポート無料です。

ホワイト企業に転職するためにも、転職エージェントと口コミサイト積極的に利用してくださいね。


最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

実際にホワイト企業は存在します。

要はその企業を見つけるために、しっかりと対策をして見つけていくことが大切です。


ぜひ、本記事を元に行動してみてくださいね。

おしまいです。

人気の記事>>>転職はどこに相談すればいいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です