大企業は無能な人が多い!【3つの理由と大切な考え方】

リモート会議をする画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

・大企業って無能な人が多くない?
・大企業に転職したけど、ベンチャー企業の方が優秀な社員が多かったように感じる。

そう考えている人は、読んでみてください。

大企業と聞くと、優秀な社員が集まる企業と思われるかもしれません。

ただ、そうでもないことがあります。

僕もベンチャー企業から大企業に転職しましたが、エネルギッシュで能力が高い人が多かったのは、間違いなくベンチャー企業です。

無能な人と働かないとならない時や、あなたがすべきことをまとめていきます。


本記事でわかること

  • 大企業は無能な人が多いのか?それはなぜ?
  • 無能な上司との関わり方。
  • 自分が同じにならないことが本当に大切。

読み終えた時は

笑顔のビジネスマンのイラスト。

「確かにな。自分のためになるように、行動していこう!」

と行動し始めているでしょう。

4分くらいで読めるので、読んでもらえると嬉しいです。


大企業は無能な人が多い!【2・6・2の法則】

人々を検索している画像。

まず結論ですが、大手企業と言えど無能な社員はたくさんいます。

次のような法則を聞いたことはありませんか?


2・6・2の法則

どのような組織でも、2割の人間が優秀な働きをし、6割の人間が普通の働きをし、2割の人間がよくない働きをするという法則(経験則)を意味する語。

引用元:weblio辞書

パナソニック創設者の、松下幸之助さんが提唱されたと言われている法則です。


会社で、優秀なやり手社員は2割。平凡な社員が6割。無能なのは2割。

10000人規模なら、

・優秀→2000人
・平凡→6000人
・無能→2000人

ということです。

こういった感じで会社は構成されているんです。


実際に働いていると、「あの人必要?」と感じることありませんか?

会社内には必ずいる2割なので、仕方のないことではあるんです。


ただ日本の場合は、上司に無能な人が集まっていたりします。

それはなぜでしょうか?


スポンサーリンク

日本の大企業に無能な上司が3つの理由!

2人の男性がコンテンツを作っている画像。

大企業の上司が無能が多いのは、今までの日本の労働体制などが影響しています。

理由は次の通りです。

  • 理由1:日本特有の年功序列の文化があった。
  • 理由2:大手企業が安定したので辞めない。
  • 理由3:在職していれば給料が貰えるので勉強しない。


理由1:日本特有の年功序列の文化があった。


昔から、年功序列という文化が日本にはあります。

年功序列とは、年齢が高い人や勤続年数の長い人の待遇が良くなる評価方法のこと。


年功序列があることで、勤めていさえすれば自然と年収や役職が上がっていくので、無能だろうと勤めてさえいればOK。

年功序列があったことで、無能な人材が上司に上がってしまうという現象が起こりました。


年功序列の悪影響が、現在はで始めています。


理由2:大手企業が安定したので辞めない。


昔から「大手企業に入社すれば、将来安泰。」と言われてきました。

確かに、年功序列や終身雇用が維持できている時は安定していました。


先ほども言いましたが、勤め続けてさえいれば年収や役職が上がっていたので、役職に無能な人がついてしまうということがあります。

ただ安定していることもあって、上司からすると他の企業に転職するメリットも全くないため、辞めることがありません。


その影響で、上司に無能な人が残り続けてしまっています。


理由3:在職していれば給料が貰えるので勉強しない。


在職していれば給料が貰えるので、勉強することがありません。

また終身雇用の影響で、辞めることもありませんでした。

これでは全く有能な人材が育つことがないので、無能なまま上司になってしまうという悲劇が起こります。


以上の3つの理由で、大企業の上司が無能な人がいるのです。

日本特有の文化が、ここにきて悪影響を及ぼしているのがはっきりしていますね。

脱却しようとする大手企業も、出始めています。

※大手企業の動きは、45歳以上がクビにされ始めていることに現れていますよ。→45歳以上がクビにされる4つの理由!


ではあなたが無能な上司と関わらないとならない時、どうすればいいのでしょうか?


【大企業で生きていく!】無能な上司とどうやって関わるべき?

オフィスで話す二人の画像。

無能な上司との関わり方は、シチュエーションで分かれます。

シチュエーションは2つだけ。

  • シチュエーション1:上司が仕事に関わる場合。
  • シチュエーション2:上司がほとんど仕事に関わりない場合。

別々に説明しますね。


シチュエーション1:上司が仕事に関わる場合。


まずは、あなたがやっている仕事に上司が関わる場合です。


例えば、

・部署で直接的な上司にあたる場合。
・やっているプロジェクトに上司が関係している場合。

などですね。


こういった場合は、距離感を保ちつつ、仕事の時だけの関わりにしましょう。

ぶっちゃけ、仕事に関わる以上は上司を蔑ろにすると悪影響が出てしまう可能性があるので、仕事と割り切って我慢するしかありません。


ただそもそも無能な上司なんかと関わるメリットは0なので、仕事に影響がないところな全く関わらない。

こういった動きでいいでしょう。


シチュエーション2:上司がほとんど仕事に関わりない場合。


次に、あなたがやっている仕事に上司がほとんど関わりない場合です。


例えば、

・同じ部署だけど裁量権を持っていない。

などですね。


この場合は、完全に関わらないが答えです。

無能な上司と関わっても、何もメリットがありません。


ぶっちゃけ、話す時間すら無駄です。

関わらないようにしましょう。


以上のように、無能な上司との関わっていきましょう。

では最後に、大企業に無能な人がいた時に大切にしてほしいことをお話しします。


【一番大切】あなたは大企業で無能な人材ならないようにしよう!

環境設定をする画像。

大企業に無能な人がいた時に大切にしてほしいことは、

自分も同じように、無能な人材にならないことです。


はじめにも言いましたが、現在の45歳以上がクビにされていることでもわかるように、日本も能力主義の社会に変わります。

>>>このままいけば、終身雇用はなくなり能力主義の社会になる!

ということは、無能な人材は働くことができない。クビにされるということ。


大企業にいることが安定ではなくなったので、成長するしかありません。

ぶっちゃけ、何もしなければあなたもその無能な人と同じように、何もできない人材になってしまう可能性はあります。


そのため、成長できるように行動しましょう。


【無能は人に学ぼう】同じにならないように行動を!


あなたはラッキーで、目の前で無能な人を見ています。

ということは、同じことをしなければいいんです。


無能な人がしていたことは、ただ会社に勤め続けたこと。

それと違うことは、行動することです。

行動する内容

・将来の役立つスキルを勉強する。
・いつでも転職できるように専門知識を身に付ける。


上記のように行動していきましょう。

『常に勉強を続けよう!』ということですね。


自分で生きていけるだけの力があれば、必要な社員でい続けられます。

無能にならないように、スキルアップしていきましょうね。


ちなみに将来的に役立つスキルは『未来に儲かる仕事8選!【役立つスキルを身につけよう】』にまとめているので、参考にしてくださいね。


大企業でも無能な人はいます。

ただ関わったところでメリットはないので、関わり方は考えて自分の学びに変えてくださいね。

おしまいです。

人気の記事>>>中小企業に入社したらむしろ勝ち組!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です