新卒1年目で転職するのは厳しい?【成功させる3つのポイント】

次の文字と女性の画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

考え事をするビジネスマンのイラスト。

「新卒1年目だけど退職したい。1年目の転職って厳しいって聞くけど、本当なのかな?転職するいい方法はないかな?」

と悩んでいる人は読んでみてください。

新卒でイメージと違う仕事だと、辞めたくなる気持ちわかります。ただ辞めていいものなのか悩みますよね…

その悩みを解決します。


仕事は本来、自分や周りを幸せにする手段です。僕も転職する時はかなり悩みましたが、自分の幸せを大切にしました。

この記事は

  • 新卒1年目で転職するのは厳しいのか?
  • 新卒1年目で転職が厳しくなる理由。
  • 新卒1年目が転職したくなる理由。
  • 厳しい転職を成功させるポイント。

がわかります。

読み終えた時に

笑顔のビジネスマンのイラスト。

「転職してもいいんだね!スッキリしたし、ポイント押さえながら行動しよう!」

と進み始めているでしょう。

長々とお話ししてすみません。では本編へどうぞ!

※4分くらいで読み終えれます。


新卒1年目で転職するのは厳しい?

ベアマーケットのデータを見る男性の画像。
ユウスケの真顔のイラスト。
新卒1年目で転職を考えると「たった1年で転職ってしても大丈夫なの?」って思いますよね。不安を解決していきましょう。

結論、

新卒1年目の転職活動は厳しいです。


さて、これを聞いたら「えー…やっぱり転職やめておこうかな」と考えてしまうでしょうが、それは少し待ってください。

まずは、なぜ厳しいのかを考えてみましょう。


あと厳しくても転職したいと思ったのならするべきなので、その理由も後述していきます。※下の方でお話しします。


では、なぜ1年目の転職は厳しいのかをお話しします。


新卒1年目で転職が厳しくなる理由。


理由は2つだけです。

  1. 長続きしない人という印象が付くため。
  2. 1年未満の第2新卒を採用するなら新卒を採用するから。

この2つです。


まず1年未満で辞める人には、企業側が「長続きしない人」という印象を受けるのは納得できますよね。

例えば、友達が英語の勉強をはじめたと思ったら「めんどくさいから」と3日目でやめてしまったりするのと同じです。

企業も「前の会社が1年未満なら、今回もその可能性がある」と思います。

企業は人材採用にかなりの時間と予算を使っているので、極力無駄な採用活動はしたくないので、すぐ辞めるような人材は取りたくありません。


あと第2新卒なら正直そこまで専門的な深い知識を持っていないので、新卒とさほど差がありません。

そのため、ややこしい人材を取るくらいなら可能性のある新卒を採用します。


上記の2つの理由から、1年目で転職すると厳しくなります。


スポンサーリンク

新卒1年目が転職が厳しい…でもしたくなる理由!

携帯のメッセージを確認する男性の画像。

ただ必ずあなたにも、転職したいと思った理由があるはずです。

その理由は尊重すべきです。

なぜなら転職した理由が、働きやすさに繋がるからです。

どういうことかを、具体的な理由を上げて説明します。


転職したくなる理由

①会社が合わなかった。
②上司や同僚が合わなかった。
③職種が合わなかった。
④将来が見えなかった。
⑤なんとなく楽しくない。


社会人1年目の人なら、上記のような理由が考えられます。

例えば、「①会社が合わなかった」だと、企業理念や会社のやっていることなどはわかりますが、職場の雰囲気などは入社しないとわかりません。


新卒1年目ともなると社会経験もほぼないので、知らないことばかり。

そんな中で自分に合わないような職場の雰囲気なら、会社自体が嫌になるでしょう。

もう、数学嫌いが理数系の大学に行くようなものです。


こんな状態では、働きづらくて仕方ないですよね。

ユウスケの真顔のイラスト。
働きづらい状態なら転職したいと思うのも、理解できますよね!ただそれでも、周りの声って気になってしまうと思います。


3年は我慢しようと言われるが転職しても大丈夫?


それでさらに気になってくるのが、「3年は我慢するべき」という言葉です。


結論から言うと、この言葉は完全に無視でいいです。


3年は我慢しようは企業側の洗脳みたいなもの。企業に長く勤めてほしいから、辞められると困るから言っています。

詳しくは仕事は何年我慢すればいいの?【三年説に根拠はありません】を読んでもらえれば、嬉しいです。


大切なのは仕事に長く勤めることではなく、仕事が将来の幸せに繋がっているかです。


そして新卒1年目ということは、言い方は悪いですが30代よりも40代よりも可能性が広いです。

僕ももう30歳になるので自分の可能性を否定するつもりはありませんが、年齢が上がれば守るものが増えて、身動きが取りづらくなります。

ただ新卒1年目なんて、まだまだ右にも左にも後戻りもできます。


転職なんて早いほど有利です。

3年も我慢していたら2年間が無駄。転職してしまってOKです。


転職したいならした方がいい!


転職したいのならした方がいいです。

なぜなら、先ほどお話ししたように我慢している時間が無駄なのと、やりたくもないことをするストレスが大きすぎるからです。


仕事のストレスは仕事やプライベートに悪影響を出します。

ストレスの悪影響

・何事にもやる気が出なくなる。
・私生活も楽しくなくなる。
・夜寝れなくなる。
・感情が不安定になる。
・うつ病になる危険性がある。


体にも影響を及ぼすので、ストレスになる仕事は辞めた方がいいです。


転職したいと思っているのはストレスがかかったからなので、早めに転職してしまいましょう。


新卒1年目の厳しい転職を成功させる3つのポイント!

デザインのノートを見る男性の画像。

新卒1年目の厳しい転職を成功さえるポイントは4つです。

  • ポイント1:長続きしない人材という印象は必ず消すように対策する。
  • ポイント2:自己分析を徹底的にする。
  • ポイント3:第二新卒に強い転職エージェントを利用する。

1つずつお話しします。


ポイント1:長続きしない人材という印象は必ず消すように対策する。


まずは求人を出している企業があなたに受ける、「長続きしない人材」という悪い印象を消さないといけません。

そのためにすべき対策が、転職と将来の目的をハッキリ持つことです。


なぜ前職を辞めたいのかをマイナスの理由で説明すると、間違いなく悪い印象になります。

逆に、前向きな転職の理由なら「目的があったから辞めたのか。」といい印象になります。


そのため、転職と将来の目的をハッキリさせておきましょう。


なぜこんなに早く辞めたのですか? ⇨ 将来の目的をハッキリと伝える。


ポイント2:自己分析を徹底的にする。


自己分析をしっかりとやりましょう。

新卒で辞めたいと思うのは仕事選びで失敗しているので、自分が合う企業や自分の魅力をしっかりと分析するべきです。

また短くても働いた経験から、さらに具体的に行きたい業界や就業条件がハッキリしたでしょう。


そういった経験を含めて、自己分析を徹底的にやりましょう。


ポイント3:第二新卒に強い転職エージェントを利用する。


最後に、第二新卒に強い転職エージェントを利用した方がいいでしょう。

転職エージェントには、第二新卒を手厚くサポートしている専門のエージェントがあります。


第二新卒は社会経験が少ない、転職が初めて、専門知識が少ないなど、他の転職者よりも不利な部分があります。

そのため不利な部分をカバーするために、転職エージェント利用して転職しやすくしましょう。


転職エージェントがしてくれるのは

・転職や仕事の相談。
・合う求人の紹介。
・転職サポート(面接や履歴書・職務経歴書)。
・企業にあなたを押してくれる。
・企業への条件の交渉。

です。


登録は無料でなので、サービスを有効活用すれば転職も有利に進めることができるでしょう。


第二新卒に強い転職エージェント

  • リクルートエージェント
    求人数10万件以上、転職支援実績、顧客満足度No.1です。
    多数の求人からあなたに合う企業を選別して紹介してくれます。
  • doda
    転職ならdodaで有名で、日本最大級の求人数を掲載しています。
    内定までをトータルサポートしてくれます。
  • ハタラクティブ
    完全に未経験でも、正社員として就職できるようにサポートしてくれます。
    紹介先は、実際に足を運んだことのある会社ばかりです。


※転職サイトのことは、下の記事を参考にしてください。⇩

転職サイトに登録だけするメリット!【注意点とおすすめ2選】


おしまいです。


次の記事>>>仕事を辞めることは全く逃げではありません!【幸せを考えよう】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です