英語が話せない人でも海外転職はできる!【おすすめの仕事3種】

世界地図を見ている男性の画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

腕を組むビジネスウーマンのイラスト。

「外国が好きだから、海外で働きたいんだよな。英語が話せなくても転職できるかな?」

と考えている人は読んでみてください。

「海外で働きたい!でも、英語に自信がない。」と思って、なかなか前に進めない人は多いです。

その悩みを解決します。


僕は外資系の企業で働いていたので、海外の人と触れ合うこともありましたが、外国語を話せなくても働いている人は多かったです。

転職していた時に「英語不問」「英語力不要」という企業が、たくさん存在することに驚いていました。


本記事でわかること

  • 英語が話せなくても海外に転職できるのか?
  • 海外に転職するためにすることは?
  • 英語力は身につけた方がいいのか?
  • 就労ビザも取ろう。

読み終えた時には

笑顔のビジネスウーマンのイラスト。

「これっ、私でも海外で働けるじゃん!やってみよう!」

と進みはじめているでしょう。

3、4分で読めるので、読んでみてください!


英語が話せない人でも海外転職はできる!

世界地図の画像。

結論から言うと

英語が話せなくても海外で働けます。


英語は必須ではありません。

企業によっては「英語不問」「英語力不要」と、求人に記載している企業もあります。


実は日本語を話せる人や日本人が、海外で必要にされています。

それは日本人の勤勉さや真面目さ、日本語の需要の増加が関わっています。

笑顔のユウスケのイラスト。
グローバル化や日本人の気質が世界で認められ始めて、貴重な存在として需要が高まっているんです!


実際に、どんな仕事ができるのでしょうか?


スポンサーリンク

英語が話せない人でも海外で転職できる3種類の仕事!

4人のチームがミーティングをしている画像。

英語を話せなくても転職できる海外の仕事は、3種類あります。

  • その1:日本人をターゲットにした仕事。
  • その2:日本語を教える仕事。
  • その3:英語を話さなくてもできる仕事。

1つずつお話しします。


その1:日本人をターゲットにした仕事。


海外旅行に行く日本人が増えています。

その日本人をターゲットにした仕事であれば日本語で対応するので、英語はあまり必要ありません。


もちろんお店に案内したり、観光地を案内するなどの業務があれば英語が必要になりますが、先に話す内容や仕事内容を準備しておけばいいだけです。


具体的な仕事

日本人旅行客のツアー、海外ウエディング、ウエイター


その2:日本語を教える仕事。


日本の文化やアニメ、日本食などが世界中で注目を浴びています。

親日家と呼ばれる海外の人もいるくらいで、日本語の授業なんかもカリキュラムに入っている学校も増加中。


そういった日本語を教える側の仕事に就けば、日本語を活かして働くことができます。


具体的な仕事

日本語を学びたい人(日本語会話)、日本語学校


その3:英語を話さなくてもできる仕事。


英語を話さなくても、できる仕事もあります。


例えば、海外の商品をネットで買い物する人が増えています。

旅行にも海外サイトを利用して、格安でいく人もいますね。

そのため、今は日本人向けのコールセンターがあって、日本語で働けます。

グローバル化によって、こういった仕事も増えてきています。


具体的な仕事

日本食オーナー・料理人、コールセンター


番外編:ハワイ


仕事内容ではないですが、ハワイは日本人も多くて英語の使用頻度も減らせるので、未経験でも働くことは可能です。


日本語が使用可能なお店がたくさんあったり、日本語がわかる人もいたりするので、日本語で話せる機会は多いです。

もちろんアメリカなので全く英語がいらないわけではないですが、全て英語でなくてもいい分、移住してから英語を覚えても大丈夫。

環境もとてもいいので、子連れで移住するってことも可能ですね。


このような内容の仕事であれば日本語のみでも働けるので、英語は話せなくても大丈夫です。


では、具体的にどうやって上記のような仕事を探して、転職すればいいのかをお話しします。


英語が話せない人が海外に転職する時はプロに手伝ってもらおう!

世界中を回ろうと計画している女性の画像。

海外で働くために、海外転職に強いエージェントを利用しましょう。

理由は

  • 海外で働くことで日本ではわからないことが多いから。
  • 日本から転職活動をすることになるから。
  • 海外の履歴書、面接対策ができるから。

です。

海外に転職する場合は、日本とは違う点がいくつか出てくるので、転職を簡単にするためにも転職エージェントが有効ですね。


転職エージェントが手伝ってくれるのは

  1. おすすめの海外の仕事を探してくれる。
  2. 履歴書の対策。
  3. 面接の英語対策。

などです。

日本と海外では文化も言葉も違うので、日本の感覚で転職活動をすると失敗する可能性が高いです。


いきなり海外に行って仕事を探すのはリスクが大きいので、日本で仕事を探してから海外に行くことになるでしょう。

その時に「どうすれば海外で働けるようになるか?」など、わからないことも多いと思うので、海外の仕事を扱うプロに手伝ってもらうことが大切です。


また履歴書や面接で英語を使用することもあるので、「どう書けばいいのか?」「どう表現すればいいのか?」がわからないと思います。

そういったことも手伝ってもらえるのは、めちゃくちゃ心強いですね。


海外の求人を持っている、海外に強い転職エージェントに手伝ってもらいましょう。


海外に強い転職エージェント


リクルートエージェント


リクルートエージェントは有名ですね。業界最大手で求人数も満足度もNo1です。

非公開求人を多く抱えていて海外の求人も多いので、登録しておいてまず間違いないです。

転職エージェントとしての経験値も高いので、しっかりと対策を手伝ってくれて海外でも安心です。

ここから登録>>(公式サイトに飛ぶ)


JACリクルートメント


アジア各国で知名度の高いグループ会社です。

コンサルタントが高い知識でサポートしてくれて、海外や外資系企業への転職実績を持っています。

サポート内容も幅広くて、英語の履歴書の添削や英語の面接対策、中国語の話力チェックなど、さまざまなサービスがあります。

かなりのハイキャリアが狙える、エージェントサイトです。

ここから登録>>(公式サイトに飛ぶ)


ランスタッド 


世界最大級の転職エージェントで、世界中の求人を扱っています。

オランダが本社で、世界38の国と地域に事業所を持っていています。

ハイキャリアな求人を多数取り揃えているので、キャリアアップで転職ができる可能性が高いです。

登録しておけば、いい仕事に巡り逢えるでしょう。

ここから登録>>(公式サイトに飛ぶ)


※ぶっちゃけ、JACリクルートメントとランスタッドは経歴によっては、登録できない可能性もあります。

無料ですし登録できるかは会社次第なので、とりあえず挑戦してみましょう。


海外の私生活や転職のために少しくらいは英語力をつけておこう!


英語が必要ないと言っても、英語対策は少しずつしておいた方がいいです。


海外に住めば私生活でも使用しますし、面接で英語が必要になります。

英語を身につけているだけで、私生活も仕事も選択の幅が広がるので、外国にいきたいと思うなら少しずつでも身につけましょう。


英語を学ぶなら

がおすすめです。


ライザップイングリッシュ

無料体験・割引券バナー


筋トレで有名な『ライザップ』が運営する、英語スクールです。

専属トレーナーがマンツーマンで、1人1人に合わせたカリキュラムで指導します。


ライザップは、三日坊主で終わずに筋トレが続くということで話題になりました。それが、英語スクールでも行われています。

しかも、30日間は「入会コースの金額返金保証」もしてくれるので、安心して使えます。

【30日間全額返金】ライザップイングリッシュ


BizEnglish(ビズイングリッシュ)


「何年も英語を勉強しても身につかなかった。」「英会話スクールに通っても思うように話せない。」 と、成果が出なかった人や継続できなかった人におすすめ。

継続率は90.9%、満足度も97.3%と非常に高くて、3ヶ月で話せるようになると話題です。

「次こそは!」本気のあなたを本気で応援!【オンライン英会話の BizEnglish 】


実際に英語を話すことができれば、海外での生活もより楽しくなると思いますので、この機会に行動してみてください。


海外で働くためにもう1つ必要な審査→就労ビザ


海外で働こうと思うと、必ず就労ビザが必要になります。

海外の企業に内定をもらうことと就労ビザの審査に通ることで、無事海外で働き始めることができるので、チェックしておきましょう。


就労ビザに関しては、大手転職サイトのdodaがわかりやすく説明してくれているので、この記事を参考にしてください。

就労ビザとは?海外現地採用に課されるもう一つの審査

引用元:doda


英語を話せなくても、海外で働くことはできます。

大切なのは、行動してみることです。

あなたは調べている段階で行動をしているので、ぜひ次の段階に進んで、楽しい海外生活を送ってください。


おしまいです。

人気の記事>>>外資系が向いている人、向いていない人は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です