【要確認】転職しない方がいい人の3つの特徴!【感情ではやらない】

3人のチームが会った画像。

はい!こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

考え事をするビジネスマンのイラスト。

「転職しない方がいい人って、どんな特徴があるんだろう?」
「感情的に辞めてやるって言ったけど、本当に転職していいのかな?」

と悩んでいる人は読んでください。

転職しようと思った時に「自分って転職に向いているのかな?」そんな風に悩む人多いです。


結論を言うと

転職をしない方がいい人は、特徴がはっきりしています。

というのも、転職を失敗する人はスタートが悪いからです。

僕も転職しましたが、中小企業から大企業に転職して楽しく働きました。本当に転職して良かったと思っています。

本記事で、自分が転職していい人なのかを解消しましょう。


本記事でわかること

  • 転職しない方がいい人は転職を感情でしてしまう?
  • 転職しない方がいい人の特徴とは?
  • 転職した方がいい人の特徴。

読み終えた時には

笑顔のビジネスマンのイラスト。

「自分の状況をしっかりと見極めて、転職活動をしよう!」

と前に進み始めているでしょう。

4分くらいで読めるので、読んでもらえると嬉しいです!


あなたは転職しない方がいい人?→もしかして感情的になってない?

男性がチームに入れる仲間を選んでいる画像。

まず転職をする前に大切なのは、

転職をしたいと思ってすぐやるのではなくて、自分がどういう状況なのかを考えることが大切です。


あなたもイライラしたり、嬉しかったりするでしょうが、その状態は物事を冷静に見えませんよね。

感情のみで始める転職は、失敗する可能性が本当に高いです。


上司に嫌味を言われた。 ⇨ 辞めてやる! ⇨ 今の会社よりもいい求人がない。


会社の中にいると不満などが溜まっていきますが、会社にいることが当たり前になり過ぎて、自社の価値を見誤っている可能性があります。

実際に感情で転職して後悔したという人は、たくさんいます。


転職をしたいと思ってすぐやるのではなくて、自分がどういう状況なのかを考えてから選ぶことが大切です。


では「自分が転職しない方がいい人なのか?」を、次の特徴で診断してみてください。


スポンサーリンク

【要確認】転職しない方がいい人の3つの特徴!

関連記事をつなげる画像。

転職しない方がいい人の特徴は、3つあります。

  • 特徴1:転職することが目的になっている人。
  • 特徴2:自分の責任を認めて反省できない人。
  • 特徴3:不満や課題を改善しようとしない人。

1つずつ説明します。

どんな特徴があるか、自分に当てはめながら確認してみてくださいね。


特徴1:転職することが目的になっている人。


あなたは何のために転職しますか?


今あなたが転職したいと思ったのは、何らかの不満を抱えたからでしょう。

・上司の理不尽が許せない。
・人間関係が合わない。
・社風に合わない。
・将来が不安だ。
・給料が少ない。
・キャリアアップできない。
・残業が多い。

といった感じで、人それぞれに不満があって転職したいと考えたはずです。

大切なのは、その不満を解決できている会社に入社して幸せに働くことです。


転職 = 幸せに働ける仕事探し

なので、入社してから幸せに働けない環境に転職してしまったのであれば、転職の失敗ということです。

その状況になりやすいのが、転職することを目的にしているパターンです。


転職することを目的にしていると、大きなデメリットがあります。

転職することを目的にするデメリット

・しっかりと検討せずに、内定を獲得した会社に転職を決める。
・仕事への熱意がないため、決まらずに転職活動が長期化する。


「転職=手段」「目的=働いて幸せになること」

意識してください。


特徴2:自分の責任を認めて反省できない人。


仕事を辞める時は、100%会社だけが悪いということはありません。


例えば、上司の言葉が会社を辞めるきっかけになったとしても、必ずその言葉をあなたに言った理由があるはずです。

その原因を作ったのは紛れもなくあなたなので、そのことは認めないといけません。


そういった自分の責任を認められない人は、次も同じようなことで辞めたくなってしまいます。

これはもちろん会社や上司にも問題があることですが、あなた自身が解決しないといけない問題でもあります。


自分で責任を認められない人は、転職するには不向きです。


特徴3:不満や課題を改善しようとしない人。


不満や課題を改善しないままでいるということは、次の会社でも同じようなことで辞めてしまうでしょう。


不満や課題があったから、仕事を変えたいと思ったはずです。

ただ転職した先でも同じような不満が出てきた時に、改善していなければどうしますか?

また辞めたいと思いませんか?

限界だった不満がもう1度感じたら、前回よりも早く辞めてしまうでしょう。


改善しない人は同じことを繰り返すので、転職する前に自分自身を変える努力をしなければなりません。


以上の3つに当てはまっていたら、1度転職を考え直した方がいいでしょう。

逆に上記に当てはまらない人は、何も気にせず転職してもいいと思います。


【番外編】逆に転職した方がいい人の特徴とは?


逆に転職した方がいい人の特徴は、次の通りです。

・人生に叶えたい夢がある。
・転職に目的がある。
・さらに上のステップに進みたい。
・現状の仕事が辛い。
・パワハラにあっている。


上記のような状態に当てはまるようなら、間違いなく転職した方がいいです。


僕も転職経験者ですが、転職は人生を変えてくれます。

それは、仕事が人生でたくさんの時間と意味を持つから。


例えば、楽しい仕事で働いている人は仕事の時間も楽しくなります。

人生で仕事はたくさんの時間を使うので、自然と仕事の影響を受けやすいですよね。

そのため、人生を豊かにするのも仕事が大きく関係するわけです。


あなたの人生を幸せにするためにも、転職はしていいんです。


上記の転職した方がいい人に当てはまるようなら、ためらわずに転職してくださいね。

>>>成功する転職の4ステップと3つの注意点!


【まとめ】転職しない方がいい人に当てはまらない→迷わず行動!

男性と女性が前向きに進んでいる画像。

転職しない方がいい人に当てはまなければ、迷う必要はありません。

行動してみましょう。


転職は、人生の可能性を広げてくれる活動。

転職で誰でも、キャリアアップや天職に出会える可能性があります。

笑顔のユウスケのイラスト。
転職自体はどんどんやっていいものです!自分の覚悟が決まったのなら、がんばって行動してみましょうね!


感情で転職を始めてもいいことはないので、自分の状態をしっかりと分析してから行動しましょう。


転職には、転職サイトや転職エージェントを使うと有利です。

転職サイト→転職サイトの注意点とおすすめ2選

転職エージェント→転職エージェントおすすめ6選


最後に、大切な部分をまとめます。

◯転職しない方がいい人は、転職を感情でしてしまう。⇨自分がどういう状況かを、考えることが大切。

◯転職しない方がいい人の特徴は
①転職することが目的になっている人。
②自分の責任を認めて反省できない人。
③不満や課題を改善しようとしない人。

◯転職しない方がいい人に当てはまらなければ行動しよう!


その時の感情で判断せずに、冷静にあなたの状態を見ましょう。

転職は、自分の可能性を広げるターニングポイントになります。

「転職しない方が良かった」と後悔しないように、しっかり確認しましょう。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

がんばってくださいね。

おしまいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です