短期退職は理由しだいであり!【誰でもできる失敗しない伝え方】

2人で改革を考えている画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

考え事をするビジネスマンのイラスト。

「短期退職になるけど、転職してもいいかな?」
「短期退職の時、上司にどう切り出せばいいのかな?やっぱり、再就職には不利かな?」

と悩んでいませんか?


実は、この記事で紹介する『短期退職の理由の伝え方』を実践すれば、面接でいい印象が与えられます。

短期退職の時に大切なのは、理由の説明です。しっかりした理由で説明できれば、印象が悪くならずに逆にしっかりした人とも写ります。


この記事で、短期退職してもいい理由や上司への話の切り出し方、転職の時の伝え方を紹介します。

読み終えた時には、短期退職の悩みも解消されて、具体的に転職までのイメージが出来上がっているでしょう。

4分くらいで読めるので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。


本記事でわかること

  • 短期退職はありか?
  • 短期退職の時の上司への切り出し方。
  • 転職活動で短期退職の理由の伝え方。


短期退職は理由しだいでありです!

男性がコンテンツを見ている画像。

短期退職は、理由しだいでありです。


まず仕事が辞めたいと感じる時は

・仕事がうまくいっていない。
・人間関係がうまくいっていない。
・仕事が楽しくない。
・仕事が向いていない。

といった、辛く感じる時に辞めたいと思うでしょう。


ただ仕事に取り組んできた時間が少ないため、まだ仕事に慣れていない可能性がある中で辞めたいと感じてしまっている可能性があります。


では具体的に、どんな理由の時は辞めていいのかお話しします。

  • 理由1:聞いていた条件と違う。
  • 理由2:職場でハラスメントがある。
  • 理由3:人間関係が合わない。

深掘りします。


理由1:聞いていた条件と違う。


面接の時に条件(給料、休日、残業、福利厚生など)のことを話されて雇用に到ると思いますが、時々いっていたことと実際の条件が違うことがあります。

条件を大切にして入社した人は、不満が溜まるでしょう。


そもそも聞いていた条件を守らない会社はロクな会社ではないので、辞めてしまって大丈夫です。


理由2:職場でハラスメントがある。


どんな理由があっても、ハラスメントされる会社なんかにはいてはなりません。


セクハラやパワハラは精神を壊します。

そんな会社は正常ではなく、今後あなたに悪影響を与えるのでさっさと辞めましょう。


理由3:人間関係が合わない。


仕事をする上で、最もストレスになるのが人間関係です。


人間関係は上司、同僚、他の会社の人などが関わりますが、そんな人たちと合わなければ、大変なストレスがかかります。


人間関係はあなたの努力で変えることができない訳ではないですが、あなただけでなく相手の努力も必要になります。

ただ相手は人間関係が合わないと思っているとは限りませんし、もし相手も変えようとするととんでもない時間と労力を使います。


その間に人間関係で疲れてしまって、体を壊す危険性もあります。


人間関係が合わないと感じた場合は、辞めてしまっても大丈夫です。

>>>仕事で人間関係が辛いときの対策!


こういった理由の時は、短期退職しても問題ありません。というか退職した方がいいです。


仕事は、あなたが幸せになるためにするものです。

ただ、上記の3つでは幸せに働けません。そのため、退職するべきです。


逆に上の3つに当てはまらなければ、少し考え直した方がいいでしょう。

例えば『仕事が合わない。仕事の結果が出ない。』などです。


理由は、仕事の成果はすぐにはわからないからです。

仕事を半年以上は続けて、やっと成果は出てきます。

こういった理由で辞めたいと感じている時は、少し考え直しましょう。


では次は、短期退職を決めた時に、上司にどうやって話の切り出し方はいいのでしょうか?

すごい悩む部分だと思うので、答えを出します。


スポンサーリンク

短期退職の上司への切り出し方!【嘘をついてでも辞めましょう】

二人の男性が話す画像。

短期退職しても問題なければ、次に悩むのが上司への退職の切り出し方です。


まずポイントですが、ウソをついてもいいので、とにかく辞めることに力を入れた方がいいです。


辞めたいのに辞められないのは、かなりのストレスになります。

あなたもやる気がないことを、ずっとやり続けるのは辛くないですか?


辞める時には必ず引き止めされるので、それで辞めれない方がよくありません。

>>>誰でも退職の時は引き止められる?


辞める段階で、上司があなたに向ける印象は悪いです。そのため、辞め方なんてなんでもいいです。

それよりも、ウソをついてもいいので辞めた方がいいです。


では、具体的な切り出し方を挙げてみましょう。

候補を、3つほど挙げてみます。

①聞いていた給料は◯◯万円でしたが、実際にもらえているのは△△万円で理想の生活が送れないので、目的のために退職します。

②◯◯さんと合わないので、辞めます。

③両親の体調が悪くなって実家に戻らないといけなくなってしまい、仕事を辞めざる終えなくなりました。


短期退職の時は、上司への理由説明なんて嘘でもいいので、辞めることを優先しましょう。

では次は、短期退職すれば選考に響いてくるので、その時の対策をお話ししたいと思います。


面接では短期退職の理由を聞いてきます!

ドキュメントを見る女性の画像。

短期退職すれば、転職活動では多少不利になります。

なぜなら、短期退職は単純に印象が悪いからです。


そのため、短期退職の理由の伝え方が、転職成功のポイントになります。

※具体的な短期退職の伝え方は、次のカテゴリーでお話しします。


ではまずは、なぜ面接官が短期退職の理由を聞いてくるのかを考えていきましょう。

これを考えることで、面接で適切に理由説明ができるようになるからです。


短期退職を聞いてくる理由は、次の通りです。

  1. 自分の会社は続けられるのか知りたい。
  2. 忍耐力やストレス耐性があるのか知りたい。
  3. 人として問題がないか知りたい。

以上のようなことを知りたい意図があります。


企業としては、自分の会社で長く働いてほしいと思っています。それは、人件費にすごいお金がかかっているからです。

そのため、前の会社と同じように、短期退職されたくはありません。

あなたが忍耐力がなかったりやストレスに弱いようだと、企業としては心配になりますね。


そして、短期退職するようだと、人として問題があるんじゃないかとも思ってしまいます。


以上のように、短期退職は悪い印象を与えてしまうので、面接官もしっかりと退職理由を確認してくるでしょう。

そのため、あなたが対策すべきことは短期退職の理由の伝え方です。


【短期退職の理由】誰でもできる面接での伝え方!

2人の男性が握手している画像。

短期退職した理由ですが、履歴書や面接での伝え方が重要です。


まず、押さえてほしいポイントが3つあります。

短期退職の理由、伝え方のポイント

  1. うそを付かないこと。
  2. 短期退職した理由をポジティブ(前向き)にすること。
  3. 入社意欲をしっかり伝えること。


まず、絶対に嘘はつかないでください。話に筋が通っていないと見破られますし、嘘がバレれば100%落とされます。

そして、短期退職の理由はポジティブなことにしましょう。ネガティブな理由だと、嫌になって辞めたなどマイナスイメージを持たれます。


3つ目に、入社意欲をしっかり伝えましょう。

短期退職したことで不安になるかもしれませんが、熱意や意欲が見えないと面接官も一緒に働きたいとは思いません。

「入社したい!」と、気持ちを込めて伝えましょう。


以上の3つのポイントを押さえて、短期退職の理由は伝えましょう。


では、具体的な例を挙げます。

営業部を希望して入社しましたが、配属されたのは管理部でした。
それでも働いていけば、いつか希望の部署への異動もさせてもらえるだろうと思い、管理部で全力で働きました。
ただ会社の方針で、管理部の社員は異動させれないとのことでした。
そのため、営業の仕事をするために転職することを決意しました。


内容は自分に合わせて、パクってもらって全然OKです。


短期退職でも前向きな理由で辞めたのだと伝わり、入社意欲も伝われば短期退職でも大丈夫です。

自信を持って理由を伝えて、再就職を成功させましょう。


もう二度と短期退職をしないために転職エージェントを使おう!

タブレットを接続する画像。

最後に、転職する時は短期退職という同じミスをしないためにも、転職エージェントを使った方がいいと思います。


というのも、短期退職する理由が何にせよ、あなたは一度会社選びを失敗しています。

今回短期退職にあったのは、前職のことをしっかり企業研究しなかったことにも問題があります。

合う企業を自分で見極められなかったので、同じことを繰り返さないためにも、転職エージェントなど、第三者からの意見をもらった方がいいでしょう。


無料』で登録・サポートしてくれるので、マイナス面もありません。

気軽に使って、今度こそ自分に合う会社を選んでくださいね。

短期退職におすすめの転職エージェントは『短期離職におすすめの転職エージェント4選!【悪い印象に対策を】』の記事がわかりやすいです。


最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

今回は、これでおしまいです。

人気の記事>>>ミスマッチ転職を防ぐ3つの対策!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です