短期退職は理由しだいでありです!【上司と面接の理由の伝え方】

2人で改革を考えている画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

考え事をするビジネスマンのイラスト。

「短期退職ってありかな?」
「まだ1ヶ月だけど、もう仕事を辞めたい。上司にはどういう伝え方をすればいいかな?」
「短期退職は再就職に不利って聞くけど、どんな風に履歴書とか面接で理由を説明すればいいかな?」

と悩んでいる人は読んでください。

短期退職は良くないというイメージがあるので、かなり悩みますよね?

その悩みをスッキリさせます。


僕は2回退職しています。1日目は新卒の時に3年目で辞めています。2回目は2年目で辞めています。ただ転職に影響したかと言えば、正直影響していません。それよりも、もっと早めに辞めておけば良かったと思っています。

この記事では

  • 短期退職はありか?
  • 短期退職の時の上司への伝え方。
  • 転職活動で短期退職の理由の伝え方。

がわかります。

読み終えた時には

笑顔のビジネスマンのイラスト。

「短期退職しようかなと思って悩んでいたけど、やっと前に進める!」

と進み始めているでしょう。

4分くらいで読めるので、読んでみてください!


短期退職は理由しだいでありです!

男性がコンテンツを見ている画像。

短期退職は理由しだいでありです。


まず仕事が辞めたいと感じる時は

・仕事がうまくいっていない。
・人間関係がうまくいっていない。
・仕事が楽しくない。
・仕事が向いていない。

といった、辛く感じる時に辞めたいと思うでしょう。


ただ仕事に取り組んできた時間が少ないため、まだ仕事に慣れていない可能性がある中で辞めたいと感じてしまっている可能性があります。


では具体的に、どんな理由の時は辞めていいのかお話しします。

  • 理由1:聞いていた条件と違う。
  • 理由2:職場でハラスメントがある。
  • 理由3:人間関係が合わない。

深掘りします。


理由1:聞いていた条件と違う。


面接の時に条件(給料、休日、残業、福利厚生など)のことを話されて雇用に到ると思いますが、時々いっていたことと実際の条件が違うことがあります。

条件を大切にして入社した人は、不満が溜まるでしょう。


そもそも聞いていた条件を守らない会社はロクな会社ではないので、辞めてしまって大丈夫です。


理由2:職場でハラスメントがある。


どんな理由があっても、ハラスメントされる会社なんかにはいてはなりません。


セクハラやパワハラは精神を壊します。

そんな会社は正常ではなく、今後あなたに悪影響を与えるのでさっさと辞めましょう。


理由3:人間関係が合わない。


仕事をする上で、最もストレスになるのが人間関係です。


人間関係は上司、同僚、他の会社の人などが関わりますが、そんな人たちと合わなければ、大変なストレスがかかります。


人間関係はあなたの努力で変えることができない訳ではないですが、あなただけでなく相手の努力も必要になります。

ただ相手は人間関係が合わないと思っているとは限りませんし、もし相手も変えようとするととんでもない時間と労力を使います。


その間に人間関係で疲れてしまって、体を壊す危険性もあります。


人間関係が合わないと感じた場合は、辞めてしまっても大丈夫です。

関連記事:仕事で人間関係が辛いときの対策!【幸せのために転職もすべき】


こういった理由の時は、短期退職しても問題ありません。というか退職した方がいいです。


仕事は、あなたが幸せになるためにするものです。


ただ上の3つでは幸せに働けません。そのため、退職するべきです。


逆に上の3つに当てはまらなければ、少し考え直した方がいいでしょう。

例えば

・仕事が合わない。
・仕事の結果が出ない。

などです。


この理由は、すぐに成果がわかりません。

仕事を半年以上は続けてわかるものです。


こういった理由で辞めたいと感じている時は、少し考え直しましょう。


では次は、短期退職を決めた時にどうやって上司に伝えればいいのかをお話しします。


スポンサーリンク

短期退職の時の上司への伝え方!【大切なことは仕事を辞めることです】

二人の男性が話す画像。

短期退職しても問題なければ、次に悩むのが上司になんて伝えようかということでしょう。


結論を言いますが、


周りに迷惑をかけずにきれいに辞めたいと思うでしょうが、ウソをついてもいいのでとにかく辞めることに力を入れた方がいいです。


辞めたいのに辞められないのは、かなりのストレスになります。

あなたもやる気がないことを、ずっとやり続けるのは辛くないですか?


辞める時には必ず引き止めされるので、それで辞めれない方がよくありません。

関連記事:退職したいのにしつこい引き止めをされる?【具体的な3つの断り方】


辞める段階で、上司があなたに向ける印象は悪いです。

そのため、辞め方なんてなんでもいいです。

それよりも、ウソをついてもいいので辞めた方がいいです。


ではどういう切り出し方がいいか、具体例を挙げます。

①聞いていた給料は◯◯万円でしたが、実際にもらえているのは△△万円で理想の生活が送れないので、目的のために退職します。

②◯◯さんにハラスメントを受けました。そんな社員のいる会社で働けないので辞めます。

③両親の体調が悪くなって実家に戻らないといけなくなってしまい、仕事を辞めざる終えなくなりました。


上司への短期退職の理由は嘘でもいいので、辞めることを大切にしましょう。


転職で短期退職の理由は伝え方が大切!

2人の男性が握手している画像。

次に短期退職した理由の伝え方ですが、履歴書や面接でどうやって伝えるかは重要です。


やはり短期で仕事を辞めたことは、印象がよくはありません。


どうしても採用する側も「また仕事をすぐ辞めてしまうんじゃないか?」「仕事が長続きしないんじゃないか?」と思ってしまいます。

再就職するためにはクリアしなければならないポイントなので、履歴書や面接の対策が重要です。


伝え方のポイントは

  1. うそを付かないこと。
  2. 短期退職した理由をポジティブ(前向き)にすること。
  3. 入社意欲を伝えること。

ことです。


では具体例を挙げます。

営業部を希望して入社しましたが、配属されたのは管理部でした。
それでも働いていけば、いつか希望の部署への異動もさせてもらえるだろうと思い、管理部で全力で働きました。
ただ会社の方針で、管理部の社員は異動させれないとのことでした。
そのため、営業の仕事をするために転職することを決意しました。


このように伝えれば短期退職でも前向きな理由で辞めたのだと伝わり、希望の会社への入社意欲も伝わります。


短期退職でも自信を持って理由を伝えて、再就職を成功させましょう。


もう二度と短期退職をしないために転職エージェントを利用しましょう!

タブレットを接続する画像。

転職する時は短期退職という同じミスをしないためにも、転職エージェントを利用しましょう。


短期退職する理由が何にせよ、一度あなたは会社選びを失敗しています。

同じミスをしてしまうと、また上司に辞めることを伝えて会社を変えないといけなくなります。


同じようなことはしたくないと思うので、同じミスをしないためにも転職エージェントの力を借りましょう。


転職エージェントは仕事の相談をしてくれるだけでなく、合う求人の紹介や面接や履歴書の添削を手伝ってくれます。


転職エージェントがサポートしてくれること

・仕事、転職の相談。
・履歴書、職務経歴書の添削。
・面接の対策。
・合う求人の紹介。
・転職者を企業に紹介する。
・企業に条件の交渉。


サポートも手厚く、無料なので利用できるものは使っておきましょう。


詳しくは下の記事にまとめていますので、参考にしてください。


最後に簡単にまとめます。

◯短期退職は理由しだいではあり。
①聞いていた条件と違う。
②職場でハラスメントがある。
③人間関係が合わない。

それ以外の理由なら考え直した方がいい。


◯短期退職の時の上司への伝え方。
周りに迷惑をかけずにきれいに辞めたいと思うでしょうが、ウソをついてもいいので辞めた方がいい。


◯転職活動で短期退職の理由の伝え方。
①うそを付かないこと。
②短期退職した理由をポジティブにすること。
③入社意欲を伝えること。


おしまいです。


次の記事>>>【必見】転職する勇気が出ない人に贈る名言と効果的な3つの対策!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です