【経験談】中小企業から大企業に転職できる可能性は十分ある!

上に上がる画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

真顔の男性のイラスト。

「今、中小企業に勤めているけど大企業への転職はできるかな?」
「中小から大企業の転職って厳しいって聞くけど、無理なのかな?」

という悩みがある人に読んでもらいたいです。

読めば、中小企業から大企業に転職する方法がわかります。


僕は中小企業から外資系の大企業に転職しました。大企業での仕事は本当に幸せでした。

入社してから「なぜ僕が入社できたか?」と上司に聞いたところ、理由がわかったのでお話しします。


この記事では

  • 中小企業から大企業に転職することはできるのか?
  • 僕が中小企業から大企業に転職できた訳は?
  • 中小企業から大企業に転職するデメリット。
  • 中小企業から大企業に転職するメリット。

がわかる内容です。

この記事を読み終えた時には

ガッツポーズをする男性のイラスト。

「今、中小企業でどうにか大企業に転職できないかと思っていたけど、転職する方法がわかった。どうにかできるようにがんばってみよう!」

と行動し始めているでしょう。

4分くらいで読み切れますので、読んでみてください!


中小企業から大企業に転職できる可能性は十分ある!

男性と女性がトロフィーに喜んでいる画像。

中小企業から大企業に転職できる可能性は十分あります!


僕は偏差値50くらいの大学卒業で、とりあえず内定が取れた中小企業に入社しましたが、それでも外資の大企業に転職できました。

「なぜできたんだろう?」と思いますよね?


僕も不思議だったので、上司に聞いたことがあります。


スポンサーリンク

僕が中小企業から大企業に転職できた理由は2つです!

女性がパズルがぴったりはまる場所を探している画像。

なぜ大手の会社に転職できたのか?

理由は2つありました。

  • 理由1:勤めていた中小企業が飛び込み営業の会社だったので、根性があると見込まれたから。
  • 理由2:ちょうど辞めた社員がいたから。

理由はこの2つです。


「なんだ、こんなことか!」と思われるかもしれませんが、僕は中小企業から大企業に入るには重要なポイントです。


理由1:勤めていた中小企業が飛び込み営業の会社だったので、根性があると見込まれたから。


僕が新卒の時に、個人宅の飛び込み営業の仕事をしていました。


面接の時に飛び込み営業をしていたことがプラスだったようで「この子は飛び込み営業をしてきたから、根性があるはず」と思ったそうです。


大切だったのは「うちの会社でもがんばれる人材か?」だったみたいで、僕はそこに合ったみたいでした。


大手企業は査定で求められるハードルが高いので、それに耐えかねて辞めしまう人が多いです。

そのため「根性がある」「一生懸命にがんばれる」という、基本的なことが評価されやすい傾向にあります。

関連記事:営業経験は最強!【メリットは何でも活かせるスキルが身に付くこと】


理由2:ちょうど辞めた社員がいたから。


これは完全にタイミングが良かったのですが、ちょうど辞めた社員がいたのでとにかく中途採用で2人欲しかったようです。


会社には上半期、下半期で目標成績があります。

そのため部署を任されている上長は目標成績を達成できないと自分の評価に関わるため、どうにか達成するために中途採用を入れようとします。


その時期がちょうどかぶったみたいで、僕は運が良かったと思います。


このような理由で大した学歴もない僕でも、中小企業から大企業に転職できました。


大企業の求める人材やタイミングにあなたがフィットさえすれば、可能性は十分あります。


中小企業から大企業に転職する3つのデメリット!

カンファレンスをしている女性の画像。

僕は中小企業から大企業に転職しましたが、大きな会社に入社して感じたデメリットがあります。

  • デメリット1:お金にシビア。
  • デメリット2:社員のレベルが高い。
  • デメリット3:キャリアアップの査定基準が高い。

1つずつお話ししていきます。


デメリット1:お金にシビア。


大企業はお金にシビアです。

これは僕がかなり驚いたことで、中小企業を経験した後だったので正直やりにくかったです。


車の走行距離やガソリン代のチェック、経費のチェックなど会社のお金に関わることは本社の経理が関係してきます。

少し変なところがあると注意が入って手直ししていたので、かなり時間が取られて面倒でした。


このように、お金にはシビアなところがあります。


デメリット2:社員のレベルが高い。


大企業に入社するほどの人が会社に集まっているので、社員のレベルが高いです。


営業成績などでその人たちと戦わないとならないので、社員レベルが高くて毎日必死でした。

中小企業の仕事のスピードや勉強の量をイメージしていると、びっくりすると思います。


レベルの高い社員と戦わないとならないことはデメリットです。


デメリット3:キャリアアップの査定基準が高い。


大企業の特徴として、キャリアアップするための査定基準が高いです。


査定が高い理由は

  • 企業の求めるレベルが高くなっている。
  • 入社する社員のレベルが高い。
  • 給料や福利厚生がしっかりしているので、しっかり働いてもらわないと会社として営業が厳しい。

だからです。

そのため、キャリアアップの査定基準が高くなっています。


このように大企業に入社すればデメリットも出てきます。

デメリットをクリアできるのであれば、中小企業から大企業に転職するチャレンジ価値はかなりあります。


中小企業から大企業に転職するチャレンジ価値はかなりある!

スピーカーで話す男性の画像。

中小企業から大企業に転職するチャレンジ価値はかなりあります。


それは4つのメリットがあるからです。

  • メリット1:給料が高い。
  • メリット2:福利厚生が整っている。
  • メリット3:会社の信用性が高い。
  • メリット4:自分のレベルがかなり上がる。

1つずつ解説します。


メリット1:給料が高い。


給料は高いです。会社によっても変わりますが、間違いなく上がります。


次の記事は、東洋経済新報社が発表したランキングです。


「総合職の平均年収が高い会社」ランキング300

引用元:東洋経済新報社

軒並み、大手企業が平均1000万を超えています。


ここまでの給料はもらえなくても、かなり給料が恵まれていることがわかります。


メリット2:福利厚生が整っている。


大企業は福利厚生が整っています。


会社は福利厚生を充実させれば

  • 優秀な人材が集まる。
  • 優良企業として名前が広がる。
  • 政府の政策から逃れられる。

ので力を入れています。


福利厚生の例として

寮完備。家賃無料。育児休暇。入社祝い金。退職金制度の充実。フレックスタイム。プレミアムフライデー。ノー残業デー。オフィス授乳室。

など、企業ごとに様々な試みがされています。


福利厚生が整っていることも魅力です。


メリット3:会社の信用性が高い。


大企業は会社の信用性が高いです。


会社の信用性が高いと

  • 家が購入しやすい。
  • ローンが通りやすい。
  • クレジットがゴールドやブラックになる。
  • 銀行が貸してくれるお金の金額が高くなる。

など、大手企業がバックにあるので信用が高いです。


会社の信用性が高いことも魅力です。


メリット4:自分のレベルがかなり上がる。


大企業のデメリットとして「査定基準が高いこと」と「社員のレベルが高いこと」がありましたが、そのおかげであなた自身のレベルはかなり上がります。

なぜなら、クリアするためにがんばざるを得ないからです。


結果が出ないと、働いていても居辛くなるので辞めたくなります。

魅力が多い大企業に転職できたので、辞めたくはないですよね?


そのため自然とがんばるので、自分のレベルがかなり上がっていきます。


このようなメリットがあるので、大企業にチャレンジする価値はあります。

あなたもチャレンジしてみてください!


転職できれば「こんなに恵まれていいの!?」と感じると思いますよ。


転職を考えるなら、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントに登録することで、非公開求人も紹介してもらえるようになるので大手企業の求人数も増えます。


大企業に転職したのであれば、ハイキャリアの求人に特化している転職エージェントを使いましょう。

おしまいです。


次の記事>>>学歴や経歴なしでお金が稼げる職業に就ける!【職種や業界で選ぼう】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です