【無職で辛いあなたへ】何でもいいから働き始めた方がいい理由!

新しい通知を見る男性の画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

・無職でいるのが辛い。どうにかしたい。
・もう辛い。無職の状況を変えるには、どうしたらいいのかな?

と悩んでいませんか?


実はこの記事の『無職で辛い時にできる具体的な行動』を読んでもらえば、簡単に現状を変えられます。

なぜなら、僕も無職を経験して実際に実践した結果、今楽しく働けているからです。


この記事では、無職で辛い原因と辛い時のリスク、無職で辛い時の3つの行動を紹介します。

読み終えた時には、悩みを解消して、無職の状況を変える方法もはっきり理解しているでしょう。

4分くらいで読めるので、読んでみてください。


記事の信頼性

笑顔のユウスケのイラスト。
・25歳で3ヶ月、27歳で1年間、無職になった。
・25歳の時は、中小企業から大手に転職成功。
・27歳の時は、自分の理想の働き方を叶える会社に入る。

本記事でわかること

  • 無職が辛い原因。
  • 無職の時に辛い状況を打破するための対策。
  • 無職で辛い人に伝えたいこと。


無職のサポートの評判のいい転職エージェント

  • リクルートエージェント
    求人数10万件以上、転職支援実績、顧客満足度No.1。
    非公開求人数が業界NO.1で、合う企業を選別して紹介してくれる。
  • ハタラクティブ
    完全に未経験でも、正社員として就職できるようにサポートしてくれる。
    紹介先は、実際に足を運んだことのある会社ばかり。


無職で辛い5つの原因!【当てはまるか確認しよう】

男性がピッチングしている画像。

まずは、あなたが「無職で辛い!」と感じる原因から明確にしましょう。

考えられるのは、次の5つでしょう。


無職が辛い原因

  • 辛い原因1:お金がなくなる。
  • 辛い原因2:仕事をしていないこと。
  • 辛い原因3:周りの目線が気になる。
  • 辛い原因4:将来への不安を感じている。
  • 辛い原因5:自分の存在価値がわからなくなる。

上から解説します。


辛い原因1:お金がなくなる。


まずお金がなくなるのが辛い原因です。

お金は精神の安定剤。

例えば、収入が1万円しかない時に何か美味しいものを食べたいと思っても、後のことが心配でカップラーメン1つにしたりとかしますよね。

これってけっこう辛い…

どこまで行っても、人生が豊かになるにはお金の役割がとても大きいです。


これはいやらしい話とかの話ではなく、資本主義の世の中である以上仕方がないこと。

なので無職で給料は1円もないので、お金が不安になってきます。


辛い原因2:仕事をしていないこと。


仕事を全くしていないことも、不安の原因です。

無職なので当然ですが、仕事をしていること自体が精神の安定にもなります。

仕事をしていないことも辛い原因です。


辛い原因3:周りの目線が気になる。


周りの目線が気になる人もいるんじゃないでしょうか?

それも辛い原因になります。


例えば、一番近い存在でいうと『親や友達』です。

僕も仕事をしていない時は、親から「何か仕事をはじめないの?」と言われていました。


今思えば、僕の将来を考えて言ってくれていたのだと思いますが、その時の僕からすると「うるせ〜」って思ってました。

親の言葉は、本人はすごいプレッシャーに感じるものなので、無職であることを辛いはずです。


あなたも周りの目線を気にしてはいませんか?

周りの目線はストレスになりやすいので、辛く感じます。


辛い原因4:将来への不安を感じている。


将来への不安も関係があります。

無職なのに将来的に余裕だと言っているような人は、ぶっちゃけ天才か、本当に何も考えていないかのどちらか。


生きていく上では『お金を稼ぐ=働く』ことを絶対にしなければならないので、将来への不安は必ずつきまといます。

人生には結婚や子供、老後などさまざまな幸せがありますが、無職の状態では将来を思い描くこともできません。

そのため、どうしても辛く感じてしまいます。


辛い原因5:自分の存在価値がわからなくなる。


自分の価値がわからなくなるというのも、無職も辛くなる原因です。


働いていれば、会社や上司・同僚などから必要とされることに喜びを感じることができます。

ただ、無職ではそういった喜びありません。

あなたも小さい時に友達と遊んでいたと思いますが、そういう時にも一緒に遊ぶということで、自分の存在価値を感じていたはず。


大人になっても、存在価値を感じることは本当に大切なので働いていないことで、存在価値を感じることができずに辛く感じます。


以上の5つ原因で、無職が辛いと感じているでしょう。

あなたは、どれに当てはまりましたか?


そして辛いことをほっておく事は、危険です。


スポンサーリンク

無職で辛い状況をほっとくのは危険!【早く状況を変えた方がいいです】

ブルーな気分になる女性の画像。

ぶっちゃけきついかもしれませんが、何でもいいので働き始めて欲しいです。

理由は、無職でストレスがかかっている状態は、人生にも私生活にも悪影響だからです。


例えば、無職の状態で明日もどうなるかわからないのに、プライベートは安心できるでしょうか?

お金の心配とかも出てくると思うので、常にお金のストレスもかかりますよね。


無職で辛い状態は、ストレスで人生にも私生活にも体にも悪影響です。

そのため、少し辛いかもしれませんが、働けるようにがんばりましょう。


とりあえず何でもいいから働き始めてみましょう!


僕も無職の時は「何もしたくない。」「上手くいくかな?」という不安でいっぱいで、進むのをためらっていました。


ただそれでも、勇気を出して働き始めるとメリットは大きいです。

それは、自分の存在意義を感じれるということです。


どんなに簡単なことでも上手くいったり、周りの役に立つと、自分の存在価値を感じることができます。

存在価値を感じれると、働いていることの楽しさやその会社にいることの嬉しさを感じてきます。

これがすごいエネルギーになるので、少しずつでも働くことへの活力になっていきます。


別にいきなり大きな会社に入るとか、周りからすごいとみられる仕事をするとか、そんなことする必要はありません。

まずは、あなたが「働いててもいいな」と感じること。これが本当に大切なので、何でもいいので働いてみましょう。


では、具体的にどうやって働き始めればいいのか、紹介しますね。


【無職の辛い】状況を変える3つの働き始め方!

パレットから色を選ぶ画像。

では、無職で辛い時にできる働き始め方を紹介します。

  • 働き始め方1:とりあえず転職してみる。
  • 働き始め方2:派遣社員として働いてみる。
  • 働き始め方3:採用されやすい業界に入る。

上記の3つの方法で、簡単に今の状況を変えることができます。


働き始め方1:とりあえず転職してみる。


まず一つ目の行動は、とりあえず転職してみることです。


あなた自身も職種や仕事内容、条件などにこだわりながら、仕事探しをされてきたかもしれません。

ただ今まで無職だったことで、企業側はどうしても採用に不安に感じます。

なので、転職活動をしてもなかなか内定はもらえません。


それでも、このまま無職の状況を続けるっていうのも、あなたには良くないので、まずはどんな企業でもいいから転職をしてみて働き始める。

そうすることで、自分に合う合わないの仕事も見えてきます。


もちろん仕事をはじめてみて「辛い…」と感じたら、辞めてしまえばいいです。

人生は1つの仕事で決まりません。

転職をしてみることで思いがけなく仕事ができたり、人間関係もできて自信もつきます。

まずは転職をしてみましょう。


無職のサポートの評判のいい転職エージェント

  • リクルートエージェント
    求人数10万件以上、転職支援実績、顧客満足度No.1。
    非公開求人数が業界NO.1で、合う企業を選別して紹介してくれる。
  • ハタラクティブ
    20代、無職、フリーターの転職に弱いと言われる、立場の人のサポートに優れている。
    実際に足を運んだことのある会社を、紹介してくれる。


働き始め方2:派遣社員として働いてみる。


派遣社員として働いてみるのも、1つの手です。

ユウスケの真顔のイラスト。
派遣と聞くと、負け組のような感覚があるかもしれませんが、全くそんなことはありません。僕も派遣社員で働いていたことはありました。


実際、派遣社員はメリットがあります。

メリット1: 就業時間が守られやすい。
メリット2:同一賃金同一労働によって賃金や休みが正社員並になった。

※現在新型コロナウイルスによって派遣切りが騒がれているますが、能力さえあれば派遣社員としてしっかり生計を立てている人もいます。


派遣会社に登録さえしておけば仕事を紹介してもらえるので、入り込みやすいです。

まずは派遣社員として働いてみるのもありです。


求人数、職種の多い派遣サイト

  • リクナビ派遣
    知名度も高く、求人数も豊富で仕事探しが安心してできる。


働き始め方3:採用されやすい業界に入る。


採用されやすい業界に入るのも手です。

社会の中で仕事は無数にありますが、採用されやすい業界と採用されにくい業界というのはもちろんあります。


例えば、

採用されにくい業界→金融関係・公務員など。
採用されやすい業界→福祉業界、IT関係、保険営業業界など。


採用されやすい業界を選ぶことによって、とりあえず働き始めることができます。

状況のような業界を狙って、転職活動をしてみてください。

介護職は『介護職は楽すぎる3つの理由!』を読んでもらうと、わかりやすいです。


以上の3つが、現実的な対策です。

確かにアルバイトをするという手もありますが、アルバイトではキャリアアップに繋がらず、将来の不安を持ち続けることになります。

実際に働いてみるしかないので、この機会に行動してみてくださいね。


最後に僕が一番伝えたいことが、無職について、あまり考えすぎないでということです。


僕も無職の時は、どうしても自分を嫌いになったり「なんてダメなやつなんだ!」と悲観的になっていました。

それでも今思うのは、どんなことも無駄ではないということ。

無職の時の経験というのは今にも生きていますし、何より無職であったとしても人生にさほど影響していません。


なので無職ということを考えすぎないで、あなたが今できることを精一杯やってみてください。

それが今は意味がなくても、必ず将来的に意味があるものになってきます。

これ僕の実体験です。


人生はここからです。

がんばっていきましょうね。

人気の記事>>>仕事はゲーム感覚がベスト!【人生がRPGみたいに楽しくなります】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です