転職先の探し方は全部で6つ!【具体的な方法も徹底解説します】

カンファレンスをしている女性の画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

考え事をするビジネスマンのイラスト。

「転職先が見つからない…探し方とかあるのかな?」
「転職活動をはじめたけど、どうやって探すとうまくいくのかな?」
「転職はじめたばかりで、何もわからない!」

そんな風に悩んではいませんか?

転職を成功させるには、しっかりした探し方で探さなければなりません。


僕は「転職が成功した!」と自信を持って言えます。それはうまくいったからではなく、自分がはじめに持っていた目的を達成でしたからです。正直、履歴書や面接は落ちまくっています。転職の成功には、大切なことがあります。

この記事では

  • 転職先の探し方は?
  • 探すときの大切なポイントは?

がわかる内容です。

読み終えた時には

笑顔のビジネスマンのイラスト。

「どうやって探せばいいのかが全く分からなくて不安だったけど、完璧にわかった。いい転職ができるように動こう!」

と、悩みもスッキリして進み始めているでしょう。

4分くらいで読めますので、イメージしながら読んでもらえると嬉しいです!


なお転職の手順が気になるようであれば、下の記事に詳しくまとめていますので参考にしてください。

関連記事:【必読】転職を成功させる10の手順【イメージが湧きますよ】


転職先の探し方は全部で6つ!【当たり前のものから意外なものまで】

2台の車とビルの画像。

転職先の探し方は、次の6つが考えられます。

  1. 転職サイト
  2. 転職エージェント
  3. ハローワーク
  4. 企業のホームページから応募
  5. 求人誌
  6. 友人、親の紹介

これらの方法を使えば、仕事が見つかります。


転職サイトやハローワークは当たり前ですが、友人などに紹介してもらう裏技もあります。

友人、親の紹介は偶然が重ならないと厳しいので自分から取りにいけませんが、他は自分が行動すればできる方法です。


では、さらに細かく探し方をお話ししていきます。


具体的な探し方を簡単にまとめました!


具体的な探し方は次の通りです。


転職サイト、転職エージェント

  1. 転職サイトやエージェントに登録。
  2. 職種や条件で検索。
  3. 履歴書、自己プロフィールなどを記入。
  4. 応募。

転職エージェントの場合は、エージェントとの面談と相談などをしてサポートしてもらいます。

関連記事:転職エージェントに相談だけはあり?なし?【悩みを解決することが大切】


ハローワーク

  1. ハローワーク訪問。
  2. 登録。
  3. ハローワークの使い方の講義。(日にち決まっています。)
  4. 個人で面談。
  5. 企業の紹介、サイトから検索。
  6. 応募。履歴書などの送付。


企業ホームページ、求人誌

  1. インターネットや求人誌で企業を探す。
  2. 電話やメールで応募。
  3. 履歴書、職務経歴書を送付。(企業によっては、面接当日に持っていきます。)


友人や親の紹介は流れは違うので、言われた通りに進めてください。


大まかな探し方はこんな感じです。

簡単ですよね。


転職先を探すときのコツは、1つの探し方に絞らないことです。

理由は、求人が掲載されているところが企業によって違うからです。


例えば

A社 → 転職サイトに載っているがハローワークでは取り扱っていない。
B社 → ホームページでしか応募していない。
C社 → 転職サイト、エージェント、ハローワークに載っている。

という感じで、企業がどこの求人情報を使っているかわかりません。


希望の会社があればホームページで電話して応募するのが早いですが、希望がまだないのならわざわざ選択肢を狭める必要はないので、利用できるものは使っておいた方がいいでしょう。


探し方はわかりましたが、探すときの大切なポイントもあります。

うまく活動できなければ意味がないので、合わせて確認しておいてください。


スポンサーリンク

転職先の探し方がわかったら3つのポイントを押さえよう!【最後は行動するだけです】

場所を決めた画像。

転職の探し方がわかったら、あとは行動するだけです。


転職活動する上で大切なポイントは

  • ポイント1:根気よく自分の条件に合う会社を探す。
  • ポイント2:譲れない条件を大切にする。
  • ポイント3:譲れない条件以外は柔軟に変化させていく。

です。

簡単にお話しします。


その1:根気よく自分の条件に合う会社を探す。


転職は、簡単にうまくいくものではありません。

内定を勝ち取るためにエネルギーが入りますし、決まらなくても次にいく根気が必要です。


あなたも転職活動していく中で、絶対に壁にぶち当たるでしょう。

ただそんな壁も打ち破っていかなければ、希望の転職先にはたどり着けません。


希望の転職先に出会うために、根気よく自分に合う会社を探してください。


その2:譲れない条件を大切にする。


転職活動していくと「早く決めたい!」と思い始めて、はじめに決めていた条件を妥協したり、諦めはじめたりします。

そうやって転職すると「思っていた会社とは違う」といった、ミスマッチが起こります。


そのため、譲れない条件は大切にしてください。


譲れない条件とは

・給料が50万以上。
・土日祝休みの会社。
・営業職以外。
・会社の雰囲気がいい。
・人間関係がいい。
・能力で判断してくれる。

などです。

あなたの1番大切な希望なら、なんでもいいです。


譲れない条件さえ守れば、転職してから多少の不満や辛いことがあってもがんばれます。


譲れない条件は、会社で幸せに働くために必要なものです。

譲れない条件を大切にしてください。


その3:譲れない条件以外は柔軟に変化させていく。


先ほどお話しした譲れない条件以外は、変えてもいいです。


「矛盾してない?」と言われるかもしれませんが、転職は活動していくうちに少しずつ考え方がまとまっていきます。

それを「変えてはいけない!」と思ってしまうと、選択肢を減らして自分の将来の可能性を狭めることになります。


また「変えてはいけない!」と思うと全く妥協できない状態になるので、転職活動が長期化します。

その方がストレスになるので、多少妥協した方がいいです。

関連記事:転職は妥協してはならないはウソ!【1つだけ守れば大丈夫です】


譲れない条件以外は、柔軟に変化させていくことも大切です。


このように3つのポイントを大切にしていくと、転職もうまくいきます。

行動しながらも、意識してください。


転職先の探し方がわかったら動いてみよう!【まとめ】

ビジネスウーマンの画像。

最後にもう一度、簡単にまとめておきます。

探し方は6つ。

  1. 転職サイト
  2. 転職エージェント
  3. ハローワーク
  4. 企業のホームページから応募
  5. 求人誌
  6. 友人、親の紹介


転職活動する上で大切なポイントは3つ。

  • ポイント1:根気よく自分の条件に合う会社を探す。
  • ポイント2:譲れない条件を大切にする。
  • ポイント3:譲れない条件以外は柔軟に変化させていく。


転職エージェントやハローワークのことは、下の2つの記事を参考にしてください。




いい転職だったと言えるようにがんばってください。


おしまいです。


次の記事>>>2020年以降、これから伸びる業界とは?【要注目の5選】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です