ホワイト企業の2つの見つけ方!【確実に出会う方法】

人々がたくさんあるメニューから1つを選ぼうとしている画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

悩む少年のイラスト。

「前はブラック企業だったからホワイト企業で働きたい!どうやって見つけたらいいのかな?」
「中小の優良なホワイト企業に転職したい!」

と悩んでいれば読んでみてください。

誰でもホワイト企業と呼ばれるしっかりとした企業に入社したいものですが、見つけ方ってわからないですよね。

その悩みを解決します。


実は僕も、残業が月に90時間以上の会社で働いました。転職後は残業もなく、休日も福利厚生もしっかりとしていた会社でした。

本当に真逆の会社を経験しています。ホワイト企業で働くと、仕事もプライベートも充実します。

この記事では

  • ホワイト企業の定義とは?
  • ホワイト企業の特徴。
  • ホワイト企業の見つけ方は?
  • ホワイト企業に転職するには?

がわかる記事になっています。

読み終えたら

笑顔の男性のイラスト。

「やっぱりホワイト企業に入社したい!がんばろう!」

と進み始めているでしょう!

4分くらいで読めますので、読んでもらえると嬉しいです。


ホワイト企業の多い転職エージェント

  • リクルートエージェント
    求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1です。
    非公開求人も含めた多くの求人から最適な求人を紹介してくれます。
  • doda
    日本最大級の求人数を掲載しています。
    内定までをトータルサポートしてくれます。
  • ハタラクティブ
    完全に未経験でも正社員として就職できるようにサポートしてくれます。
    紹介先は実際に足を運んだことのある会社ばかりです。

※全て5分もかからずに登録できます。


ホワイト企業の見つけ方はあなた次第?【満足して働ければそれでいい】

男子がデータの前で座っている画像。

ホワイト企業の定義は

就職活動を行うに際して、入社後に福利厚生が整っていたり離職率が低いなどから入社することが好ましいとされている企業。

引用元:Wikipedia

とされています。


正直、ホワイト企業の定義はとても抽象的で、人によって変わります。

他の人から「残業が少し多いんじゃない?」と思われても、本人が働いていて不満がなければ問題ありません。


あなたが満足して働ければ、ホワイト企業になります。


ホワイト企業になるには?


ホワイト企業になるには

  1. 給料
  2. ボーナス
  3. 休日
  4. 有給
  5. 残業
  6. 福利厚生
  7. 育休など時代に合っている制度

などが関わります。

これらの要因に不満が起きなければホワイト企業ですし、大きな不満があればブラック企業だと言えます。


ポイントは

ホワイト企業かどうかは、あなたが決めれる

ということです。


ホワイト企業の特徴。


一般的なホワイト企業の特徴は、次の通りです。

  1. 年間の休日が120日以上ある。
  2. 月の残業30時間以内で、残業代がしっかりと支払われる。
  3. 福利厚生が充実している。
  4. 働きに対しての年収がしっかりもらえる。
  5. 有給休暇がしっかりと取れる。
  6. ハラスメントがない。
  7. 離職率が1割未満。
  8. 女性や障害者もしっかり働ける。
  9. コンプライアンスが守られている。


上記のような特徴のある会社は、ホワイト企業と一般的に呼ばれます。

どうしても資本が高い企業でないとできないので、大手企業に多いです。(一概には言えませんが)


ホワイト企業に入社すればいいことばかり!


あなたがホワイト企業に入社できれば、給料、休み、残業、福利厚生が手厚いのでいいことばかりです。


大きなメリットは

  1. 働きやすい。
  2. 時間がある。
  3. 精神面が安定する。

ということです。


休日もしっかりしているので、ストレスも少なく時間も余裕があります。

働きやすく、時間があって、精神面が安定するのがホワイト企業です。


スポンサーリンク

ホワイト企業の2つの見つけ方!

男性が3つのカテゴリーと1つを結び付けている画像。

ホワイト企業の探し方は、2つあります。

  • 見つけ方1:記事、サイト
  • 見つけ方2:口コミサイト

1つずつお話しします。


見つけ方1:記事、サイト


記事やサイトから探す方法があります。


次の記事は、東洋経済の新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ500の記事です。

東洋経済 新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ500の表。
引用元:東洋経済 新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ500
https://toyokeizai.net/articles/-/168308?page=2

このように、記事でホワイト企業を見極めることができます。


サイトでもホワイト企業を探せます。

下の記事は、ホワイト企業大賞企画委員会が出しているホワイト企業大賞です。

ホワイト企業にふさわしい会社を調べて、大賞を発表しています。

気になる方は、URLで飛んでみてください。

ホワイト企業大賞の表紙画像。
引用元:ホワイト企業大賞(http://whitecompany.jp/news/4-1.html


このように、現在はホワイト企業を記事やサイトで出していることもありますので、記事とサイトで企業を探してみてください。


見つけ方2:口コミサイト


口コミサイトを使うのもありです。

口コミであれば、実際に働いていた人や働いている人が書き込んでいるので信頼性が高いです。


無料で使えるサイトがありますので、登録してみてください。3分くらいで登録できます。


以上のような方法で、ホワイト企業は見つけられます。


ホワイト企業を探す作業はめんどくさいかもしれませんが、見つけられれば選択肢ができます。

見つけられたら、後は行動に移すのみです。

どんどん応募してみましょう。

ちなみに、もっと確実にホワイト企業を見つける方法があるので紹介します。


ホワイト企業の確実な見つけ方!【転職エージェントOK、ハローワークNG】

女性がアイデアを組み合わせている画像。

ホワイト企業の確実に見つける方法があります。

確実にホワイト企業を見つけたい時は転職エージェントを利用しましょう。


転職エージェントには

  • 希望の条件(給料、休み、就業時間など)
  • 働きたい場所
  • 働きたい職種

などを伝えておくことで、あなたに合う企業をエージェントが見極めて紹介してくれるでしょう。


自分だけで会社の内部まで確認するのはなかなか難しいので、実際にエージェントが訪問した求人を紹介してもらえば、ミスマッチが減ります。

また非公開の求人を数多く抱えているので、超ホワイト企業や隠れホワイト企業を紹介されることもあります。


ホワイト企業に確実に出会うためにも、転職エージェントの利用はした方がいいでしょう。


笑顔のユウスケのイラスト。
多くの転職者を成功させている経験があるので、ホワイト企業を探すには適任です。転職を成功させるために、プロに甘えましょう。


ホワイト企業の多い転職エージェント

  • リクルートエージェント
    求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1です。
    非公開求人も含めた多くの求人から最適な求人を紹介してくれます。
  • doda
    日本最大級の求人数を掲載しています。
    内定までをトータルサポートしてくれます。
  • ハタラクティブ
    完全に未経験でも正社員として就職できるようにサポートしてくれます。
    紹介先は実際に足を運んだことのある会社ばかりです。

※全て5分もかからずに登録できます。


ホワイト企業をハローワークで探すのはNG。


ホワイト企業を、ハローワークで探すのはやめた方がいいです。

ハローワークは企業が無料で求人を掲載できるため、お金をかけたくない企業が利用します。

そのため、ブラック企業が混じっていることが多いです。

正直ハローワークは、会社の中までは把握していないので危険は避けるためにも、ホワイト企業をハローワークで探すのはやめた方がいいでしょう。


まとめます。

◯ホワイト企業の定義はとても抽象的で、人によって変わる。
あなたが満足して働ければ、ホワイト企業。

ホワイト企業はいいことばかり。
①働きやすい。
②時間がある。
③精神面が安定する。

◯ホワイト企業の見つけ方は
①記事、サイト。
②口コミサイト。

見つけられたら、後は行動に移すのみ。

◯ホワイト企業を確実に見つけるためには、転職エージェントを利用する。
ハローワークはNG。

やってみてください。


おしまいです。


次の記事>>>転職エージェントに相談だけはあり?なし?【悩みを解決することが大切】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です