やりたくない仕事があるなら転職すべき?【将来の幸せが重要】

チームワークのある女性達の画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

・やりたくない仕事がある。もうやりたくない。転職してもいいかな?
・やりたくない仕事があるのに、辞めたらダメなのかな?やっぱり我慢しないといけないのかな?

と悩んでいませんか?


実は、この記事の『やりたくない仕事を続ける3つのデメリット』を読めば、転職すべきだとわかります。

なぜなら、僕が昔やりたくない仕事を続けて辛くて転職した結果、幸せになれているからです。


この記事では、転職してもいい理由、やりたくない仕事を続ける3つのデメリット、続けるように言われる3つの理由を紹介します。

読み終えた時には、やりたくない仕事を続けることがリスクで、幸せにつながる行動ができるようになっています。

4分くらいで読めるので、読んでもらえると嬉しいです。


この記事でわかること

  • やりたくない仕事があるなら、どうすべきか?
  • やりたくない仕事を続ける、3つのデメリット。
  • やりたくない仕事を続けるように言われる3つの理由。


【結論】やりたくない仕事があるなら転職してもいい!

近代的な生活をする女性の画像。

結論ですが、やりたくない仕事があるなら転職してもいいです。

言い過ぎですかね?ただ、僕は本気で思っています。


もちろん、朝の掃除が嫌なんです。とか、5分間の瞑想が嫌なんです。とかは違いますよ。

前提条件としては、やりたくない仕事を1時間も2時間もかけてやっているなら、転職した方がいいです。


なぜ、はっきり言えてしまうのか?

理由は、やりたくない仕事を続けてもいいことがないからです。

大切な部分なので、深掘りします。


スポンサーリンク

やりたくない仕事を続けてもいいことはない!【転職すべき3つのデメリット】

3つのノートを書いた男性の画像。

やりたくない仕事を続けても、いいことはないんですよ。本当に。

やりたくない仕事を続けていると、次の3つのデメリットがあります。

  • デメリット1:仕事のモチベーションが上がらない。
  • デメリット2:ストレスがかかる。
  • デメリット3:時間を無駄にする。


デメリット1:仕事のモチベーションが上がらない。


1つ目が、仕事のモチベーションが上がらないことです。


あなたも、やる気全然ないんじゃないでしょうか?

もしかしたら、はじめはやりたくない仕事だけだったのに、仕事自体が嫌になっている状態とか?

これは、かなり末期です。


仕事を嫌々やるのは、ストレスですし、働くのも嫌いになってしまいます。

仕事は人生の大部分の時間を使うので、人生すら嫌になってしまう危険性もあります。


仕事のスピードも遅くなって何もないので、大きなデメリットです。


デメリット2:ストレスがかかる。


2つ目が、ストレスがかかることです。


やりたくないことをするのって、本当にストレスですよね。

ストレスが体に悪いことは、誰でも知っていることです。


やりたくない仕事をし続けることは、ストレスを我慢し続けることと同意。何もいいことがありません。


ストレスがかかるのも、デメリットです。


デメリット3:時間を無駄にする。


3つ目が、時間を無駄にすることです。


はっきり言います。やりたくない仕事をするのは、本当に時間の無駄です。

なぜなら、やりたくない仕事をやっている暇があったら、自分のために使った方が有益だからです。


やりたくない仕事ってやらされですよね?

上司や会社の指示だから、やっているだけだと思います。


やらされ仕事では、成長もできませんし、ストレスが溜まるだけ。それなら、その1時間を自分のために使った方がいいです。

そのため、時間が無駄なんです。


以上の3つのデメリットがあるので、やりたくない仕事を続けてもいいことはなくて転職すべきです。


ただこんな普通のことなのに、世の中ではやりたくない仕事があっても、我慢して続けようと言われます。

それは、なぜでしょうか?

とんでもない理由があるので、説明しますね。


やりたくない仕事も我慢して続けようと言われる3つの理由!【転職がベスト】

疑問がある画像。

やりたくない仕事を続けようと言われるのは、次の3つの理由があります。

  • 理由1:やりたくない仕事を自分もやってきたという同調圧力。
  • 理由2:仕事は我慢が大切という根性論。
  • 理由3:根拠のない三年論。


理由1:やりたくない仕事を自分もやってきたという同調圧力。


1つ目が、やりたくない仕事を自分もやってきたという同調圧力があります。

『みんながやっているから、それが当たり前』という論理ですね。


どんなことでもそうですが、多数派が正しいという雰囲気が日本にはあります。

例えば、「フリーで働くのは、リスクが高くてダメだ」などですね。

正社員で働くことが正しいから、正社員じゃないとおかしいよって雰囲気ありますよね。

これと同じです。


やりたくない仕事を自分も周りもやってきたので、やらないといけないという同調圧力から、続けた方がいいと言われます。


理由2:仕事は我慢が大切という根性論。


2つ目が、仕事は我慢が大切という根性論です。


確かに、ここが勝負時ってタイミングは我慢する必要があると思います。

ただ、やりたくない仕事は勝負時ではないですよね。

日常的な出来事です。


ただ世の中の人は、仕事は『全て』我慢が必要だとまとめてしまっています。

特に上司はすぐ辞められてもいけないので、仕事は我慢しないといけないと言うんですよね。


この根性論から、続けた方がいいと言われます。


理由3:根拠のない三年論。


3つ目が、根拠のない三年論です。


昔から「仕事が三年は我慢しないといけないよ」と言われています。

僕も実際に、上司からも親からも「とりあえずは三年は我慢した方がいい」と言われてきました。

その時は「そういうものなのか」と思っていましたが、今考えると本当に時間を無駄にしたなと思っています。


この三年論は、なんの根拠もありません。

誰かが、三年が1番成長するというデータでも取ったのでしょうか?


成長は早い人なら一年目からしますし、だらだら仕事をしていれば十年だってかかります。

根拠もない三年論が昔からあるので、言われ続けているだけかなと感じます。


そのため、続けようと言われるわけです。


以上の3つの理由から、やりたくない仕事でも続けようと言われます。

続けた方がいい理由が、あまり信用できないことが何となく感じてもらえたでしょうか?


やりたくない仕事を我慢して続けているようであれば、転職は素晴らしい選択ですよ。


【やりたくない仕事】転職して幸せを手に入れよう!

ハートを出す女子の画像。

やりたくない仕事を続けていても、不満が溜まっていくばかりで幸せには近づきません。


上でもお話ししたように、やりたくない仕事を続けることはデメリットが多すぎます。

もしあなたが、やりたくない仕事を1時間も2時間も我慢してやっているなら、転職はいい選択なので前向きに行動しましょう。

今後、さらに幸せな人生になっていきますよ。


この機会に、将来を考えて行動してみてくださいね。

転職の方法は『失敗しない転職の始め方!【7つのステップを全て解説します】』にまとめているので、参考にどうぞ。


おしまいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です