自分に合う働き方診断と転職に役立つ4つの無料特典プレゼント!>>ここをタップ

介護職の給料は安いのか?【業界のこれからと上げ方】

詳しい情報を見る男性の画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

真顔の男性のイラスト。

「介護職って給料安いよね。平均年収っていくらなんだろう?」

と考えている人は読んでみてください。

昔から給料が安いとイメージを持たれている福祉業界ですが、実際は変わってきています。

僕も実際に福祉の仕事に携わっていて、初めての給料の時に「あれ?働きの割に結構もらえるな」と感じていましたし、実際にデータにも現れています。


記事の内容

  • 介護職の平均年収。
  • なぜ介護職の年収は安いのか?
  • 年収はこれからも上がっていく?
  • 介護職の給料の上げ方。


読み終えた時には

ガッツポーズをする男性のイラスト。

「意外に年収もいいし、介護職いいかもな!」

と考えているでしょう。

4分くらいで読めるので、読んでいただけると嬉しいです。

ではいきましょう。


介護職の給料は安いのか?

データをまとめて決定している画像。

介護職は給料が安いというイメージがありますが、だんだん改善されています。


下記に介護職の月収を、厚生労働省のデータを参考にまとめました。


介護従事者等の平均給与額の状況(月給・常勤の者、職種別)


介護職員生活支援相談員介護支援専門員事務職員
平成29年9月290,120円312,390円342,770円300,120円
平成30年9月300,970円321,080円350,320円307,170円

引用元:厚生労働省 平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要


平成30年の介護職の平均月収は

300,970円

で、とうとう30万を超えてきました。


年収換算すると『3,611,640円』です。

もちろん働いている人の能力や勤続年数で差は出ますが、それはどんな仕事でも言えることですね。


介護職の年収はまだ安い!


この平均年収『3,611,640円』は高いのかな?安いのかな?と思われると思います。

まずは下記を見てください。

歯科衛生士 342万5900円
個人教師 361万8900円
行政書士 100万〜300万


上の仕事の人たちは生活できているはずなので、福祉の仕事でも生活は普通にできます。

ただ平均なので値段を上げている人もいれば、低い人もいます。


給料が安い理由は?


なぜ介護職は年収が安いのか?

介護職の年収が、安い理由は

①業界が人材に重要視できていない。
②古い体質の維持。

の2つだけです。


実際に福祉の業界で働いていると感じるので、古い考え方が根付きすぎているということです。

古い考えの影響で、人材も重要視できていないです。


昔は勤続年数や年功序列といった文化があり、実際福祉の業界ではまだそれを引っ張っています。

そのため、働き始めは勤続年数が短いから、給料もあまり高くはありません。


以上のように、介護職の平均年収は上がってきていますが、体感ではそんなに感じないでしょう。


「えっ?それじゃ介護職やらない方がいいじゃん…」と思うかもしれません。

ちょっと待ってください!

実は、今後も介護職の年収は上がっていきます。

それどころか、計画的に年収を上げる方法もあるので、読み進めてみてください。


スポンサーリンク

介護職は給料が安い…実はこれからも上がっていく!

女性が機能を見る画像。

日本の社会問題で、2025年問題というものがあります。


2025年問題とは、団塊の世代が一斉に75歳を迎える社会問題です。

「2025年問題」とは何か 団塊世代が後期高齢者に 医療・介護の費用膨張  独居、認知症の増加も課題 

引用元:47NEWS


そのため今後は

  • 福祉施設が必要になる。
  • 福祉施設の職員の需要が増える。

という問題が出てきます。


この問題を解決するために、次のような状況になることが予想できます。

1.施設が増えていく。
2.人材を増やす。
3.国が関与する。

結果、自然と給料が上がっていきます。


1.施設が増えていく。


需要があるところには起業家が増えていきます。

それは、利益になることがわかっているからです。


施設が増えるということは職員が必要になるため、他よりもいい条件の求人を出して、職員を確保していこうという動きが出ます。

その結果、給料が増えていくでしょう。


2.人材を増やす。


利用者が増えるということは、それだけ職員が必要になります。

そのため施設が増えるのと同じで、既存の施設も職員の確保に動くでしょう。

実際に現在も、その動きが顕著に見られます。


3.国が関与する。


これから目の前に迫っている問題のため、国の関与が積極的になっています。

それを裏付けるように2018年4月に社会福祉法が改正されたり、平均月収が30万を超えてきたりと、目に見えるようになってきました。

厚生労働省のホームページでも、動きが見ることができます。→厚生労働省


国の問題として解決が必要不可欠なので、これから先は税金を導入していくことが予想できます。

そういうところには大きな会社や起業家が関与していくので、結果給料は上がっていくでしょう。


以上のような理由で、介護職は今後は給料が伸びていきます。

また、自分で計画的に給料を上げていくこともできます。


介護職の安い給料の上げ方!

アップデートする画像。

介護職は今後は伸びる業界ということもあり、自然と給料も上がりますが、自分のやり方次第ではさらに上げれます。

結論から言うと、

給料のいい施設に、どんどん転職していくことです。


介護職は専門職です。

そのため1度手に入れたスキルは、他の施設でもそのまま活かせます。


そして、現在は人材不足の福祉業界。どこの施設も人材を欲しがります。

そんなところに福祉の経験者が応募してきたら、採用されるのも簡単です。


そのため、経験を積みながらいい施設に転職をしていくと、自然と給料も上げていけます。


あと、必ずどこかで「これ以上給料が上がらない」という時がきます。

その時は、その施設で役職を付けれるようにがんばりましょう。

福祉で給料を上げるには

  • 資格を持っているか?
  • 役職者か?

のどちらかです。

そのため、給料の一番いい施設に転職をした後は資格と役職を狙う。

この2つで給料は上がっていきます。


手順をおさらいします。

給料のいい施設を見つけては転職していく。 ⇨ 今以上の休廊のいい施設が見つからなくなったら、その施設で資格と役職を狙う。

上記の方法が最強です。


ぶっちゃけ、福祉業界は施設によって社員の扱いが全く違うので、無理だと思ったら施設を変えてしまっていいです。

自分の生活が豊かになるようにがんばりましょう。


給料を上げるにはサイト選びが大切!


介護職を探すには、サイト選びが大切です。

利用者さんの数に対してスタッフが少ないというような施設や、極端に給料の低い施設など、施設によって待遇が全く違う福祉業界。

ミスマッチをなくすためにもいい施設の探せる、いいサイトを利用するのが重要です。


サイト選びのポイントは

  1. 会社が大きい。
  2. 福祉の仕事を紹介してきた歴史が長い
  3. 福祉を専門にしているサイトであること

の3つです。

3つに共通していることは、福祉の仕事に対する経験が多いことと選択肢が多いことです。


ポイントに当てはまるサイトを載せておくので、自由に選んでみてください。


今後は、介護職は絶対に必要な仕事になります。

待遇面はまだまだですが、ゆっくり改善されてきました。

もう悪い業界ではなくなってきているので、ぜひがんばってください。


おしまいです。


人気の記事>>>介護職に将来性ないはウソ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です