仕事は真面目すぎるとストレスがやばい!【デメリットと3対策】

びっくりマークを見つける画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

考え事をするビジネスマンのイラスト。

「仕事を真面目にやっていきたけど、ストレスがやばい。真面目っていいことじゃなかったのかな?」

そんな風に悩むなら読んでください。


子供の時に「あなたは真面目でいい子ね」親や先生に言われて誇らしい気持ちになった経験ありませんか?

その真面目すぎる性格は、仕事ではストレスになります。


僕も昔から「真面目だ」と言われて、実際真面目が自分の長所だと思っていました。

ただ、いつの間にやら真面目すぎる性格が、自分のクビを閉め続けていることに気がつきました。


真面目に働くのは、素晴らしいことです。

ただ真面目すぎる性格だと、しんどくなってきますよ。

本記事で、仕事に真面目すぎる悩みを解消しましょう。


本記事でわかること

  • 仕事で真面目すぎるとストレスがやばい?
  • 仕事で真面目でも仕事はできない?
  • 仕事に真面目すぎるデメリット。
  • 気軽に仕事をするための対策。

※3分くらいで読めます。


【結論】仕事は真面目すぎるとストレスがやばい!

デザインを考える画像。

結論言います。

仕事は真面目すぎると、良くありません。

真面目すぎると、ストレスがかかり続けます。


理由は、真面目な人の特徴にあります。

真面目な人の特徴

①仕事を完璧に終わらせたい。
②仕事をしっかりやっていないとモヤモヤする。
③失敗をしたくない。
④他の人に迷惑をかけたくない。
⑤疲れていても頑張りすぎてしまう。


上記のような特徴が、真面目な人にはあります。


例えば『①』のように、仕事を完璧に終わらすのはなかなか大変です。

きっと、完璧に終わらせられない時もあるでしょう。


その時に、「今日は完璧にできなかった!」と思っていたら、ストレスを感じてしまいます。


真面目な人は、周りからの影響を受けやすいのでストレスを感じやすいので、真面目すぎるのは良くありません。


スポンサーリンク

【ストレスやばい】真面目すぎても仕事はできません!

データを見る女性の画像。

ぶっちゃけ、真面目すぎても仕事はできません。

「えっ!絶対嘘だ!」と思われたあなた!

本当なんです。


例えば、真面目に仕事を終わらせたとします。

ただ、言われたままやるだけでその仕事で終わってしまっては、全く成長がありませんよね。

成長がないということは、それ以上の仕事ができるようにはなりません。


逆に少しくらい不真面目でも、自分で考えて仕事を進められる方が成長できます。

そのことは『仕事は丁寧で遅いより雑でも早い方が成長速度が早い!』でも話しているので、読んでみてください。


仕事に対して真面目なことは、仕事ができることとは関係がないので、真面目すぎても仕事はできません。

僕も真面目に働いていましたが、目の前の仕事を終わらせることが目的になっていて、仕事ができるようになった感覚はありませんでした。


実は真面目でも評価は変わらない!


そして実は、真面目でも評価はそんなに変わりません。


真面目だと、仕事もしっかり終わらせてくれて、遅刻とかもないので評価されやすいと思われるでしょう。

確かに真面目なことは素晴らしいですが、仕事を終わらせることって普通じゃないですか?

真面目じゃなくても、もらった仕事は確実に終わらせる。当たり前です。


ぶっちゃけ、真面目なことは普通なんです。

そのため、「やってくれてありがとう」とは思うけど、働いている以上当たり前なので、評価にはそんなに影響しません。


そして、仕事に真面目すぎるとデメリットがあります。


仕事に真面目すぎるデメリット!【ストレスに関わります】

目標を共有する画像。

仕事に真面目すぎると、デメリットがあります。

下記の3つが、ストレスに関わります。

  • デメリット1:完璧にやり切らないと気が済まない。
  • デメリット2:仕事が気になってしっかり休めない。
  • デメリット3:他人を頼れない。


デメリット1:完璧にやり切らないと気が済まない。


1つ目が、完璧にやり切らないと気が済まないことです。


完璧主義は、ストレスと戦うことになります。

完璧を求めすぎると

・仕事が終わらさないと気が済まない。
・上司に出す資料はミスのないように作り切りたい。
・同僚や上司がしっかり仕事していないとイライラする。

という風に、ストレスがかかる状況が多くなります。


そのため、完璧にやり切らないと気が済まないのはデメリットです。


デメリット2:仕事が気になってしっかり休めない。


2つ目が、仕事が気になってしっかり休めないことです。


例えば、仕事が平日中に終わらなかったとします。

真面目だと、「月曜日に、すぐに仕事を終わらせないと」と考えてしまいますよね。

真面目な性格なので、終わらなかったことで「他に迷惑がかからないかな?」と気になってしまうでしょう。


せっかくのんびりできるはずの休日も、仕事のことを考えてしまうので、ゆっくりできなくなってしまいます。

しっかり休めないのは、大きなデメリットです。


デメリット3:他人を頼れない。


3つ目が、他人を頼れないことです。


会社では、同じ職場で働いている上司や同僚がいるはずです。

もしわからないことがあるのなら、聞けばいいですよね。


ただ真面目すぎると、周りに迷惑をかけたくないと周りの人に頼れないことがあります。

同僚に聞けば簡単に解決できるのに、同僚の時間を使うのが申し訳ないと、聞かなかったりします。


この時間が本当に無駄ですし、仕事のスピードにも関わりますよね。


このように、他人を頼れないこともデメリットです。


以上の、3つのデメリットがあります。

上記のデメリットは、全てストレスに関わります。


真面目すぎるだけで、悪い影響がたくさん出てきてしまうので、本当はもっと気軽に働ける方がいいです。


【仕事のストレスがやばい】真面目すぎる人は気軽に働こう!

寝転がりながらパソコンを使う男性の画像。

では真面目すぎる人が、どのように仕事をすればストレスもかからずに働けるのか、対策を考えてみましょう。

  • 対策1:ゲーム感覚で働く。
  • 対策2:仕事は失敗してもいいと理解する。
  • 対策3:休みと仕事の時間をしっかりと分ける。


対策1:ゲーム感覚で働く。


対策の1つ目が、ゲーム感覚で働くことです。

ぶっちゃけ、日本人は仕事のことを難しく考えすぎているなと感じます。


・働けば、いい方向にでも悪い方向にでも進みます。
・働けば成長していきますし、もしかしたら全く成長しないかもしれません。


こんな風に働くことは、ゲームのレベルアップに似ているんです。

そのため、ゲーム感覚で働ければ気軽に仕事ができるようになります。


※僕も、もともと気軽に仕事ができなかったですが、今はゲームみたいに働いています。

ゲーム感覚で働くためには『仕事はゲーム感覚がベストです!』に対策をまとめているので、読んでください。


対策2:仕事は失敗してもいいと理解する。


2つ目が、仕事は失敗してもいいと理解することです。


当たり前の話ですが、誰も失敗したいとは思わないですよね。

ただ働いていると、成功することもあれば失敗することもあります。

その結果、全く進めない。失敗が怖くなってしまってはいけませんよね。


そのため、仕事は失敗してもいいと理解してください。

失敗はしていいです。

失敗した結果、わかることもありますし、しない方がいいこともわかります。


真面目で失敗してはいけないと思うのは、働きづらく原因になるので、「失敗してもいい」と意識してくださいね。


対策3:休みと仕事の時間をしっかりと分ける。


3つ目が、休みと仕事の時間をしっかりと分けることです。


真面目で仕事のことばかり考えていると、ストレスを解消する暇がなくなります。

他にも、休みに仕事をするリスクはあります。>>>【注意】休みに仕事をする3つのリスク!

そのため、意識的に休みと仕事を分けることで、ストレスを上手く解消できます。


『休みは休み、仕事は仕事。』そんな風にしっかり分けて充実させましょう。


以上の、3つの対策をしてみましょう。

少しずつですが、気軽に働けるようになっていくでしょう。

気軽に働くことができれば、仕事もプライベートも充実していくので、ぜひ対策してくださいね。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

真面目はいいことです。ただ真面目すぎるのは、仕事に悪影響を出す可能性もあるので、気軽に働いていきしょう。

本来、仕事は楽しいものです。


幸せに働けるように、少しずつ変えていきましょうね。

おしまいです。

人気の記事>>>絶対に仕事よりプライベートを優先すべき!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です