テレワークはデメリットが多い?【5つの問題点と対策を徹底解説】

パソコンを使う女性の特徴をまとめた画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。 

真顔の男性のイラスト。

「テレワーク(在宅ワーク)が話題になっているけど、いいものなのかな?気楽で仕事ができるって魅力的だからやってみたいけど、デメリットが多そうだなぁ…」

と考えている人に向けて書いています。

確かに、テレワーク(在宅ワーク)にはデメリットがあります。


僕も家でブログを書いて副業しています。本業は福祉で施設に行って働いています。また転職前は営業職で働いていました。そのため会社で働くことと、自宅で働くことの違いを理解しています。


この記事では

  • テレワークのデメリットは?
  • テレワークのデメリットの対策は?

がわかる内容になっています。

読み終えた時には

ガッツポーズをする男性のイラスト。

「テレワーク(在宅ワーク)って意外に悪くないな。自分も考えてみようかな!」

と進み始めているでしょう。

4分くらいで読み終えれますので、読んでもらえる嬉しいです!


テレワークのデメリットが辛いと向いていません!【問題点は5つです】

夜遅くまで働く女性の画像。

テレワーク(在宅ワーク)の働き方は出勤してオフィスで働くことと違うことも多く、まだ日本では浸透していません。


ただ最近ではIT業界でリモートワークで働く人も多くて、総務省もテレワークについて紹介しています。

テレワークの動向と課題について

引用元:総務省


総務省の考えるメリット、デメリットも載っています。


そんなテレワークのデメリットは、次の通りです。

  • デメリット1:モチベーションの維持が難しい。
  • デメリット2:自分で時間を管理しなければならない。
  • デメリット3:仕事を進める責任は自分。
  • デメリット4:ON・OFFの切り替えが難しい。
  • デメリット5:コミュニケーションが減る。

1つずつ解説します。


デメリット1:モチベーションの維持が難しい。


テレワークは、どうしても一人で働くことになります。

そのため、自分のモチベーション維持が最大の課題になります。


例えば、こんなシチュエーションをイメージしてください。

家で一人で仕事をしようと思ったが、目の前に大好きなゲームがあった。どうしよう…やりたい…

さてこんな時に、あなたは我慢して仕事が始められますか?


テレワークはこういった誘惑との戦いです。

オフィスでは、すでに仕事がしっかりできる環境が出来上がっています。

・職場の人がいる。上司に見られている。
・誘惑になるものがない。
・就業時間が決められている。


そのため会社に出勤すれば、何も気にせずしっかりと仕事ができます。


ただテレワークでは一人なので、モチベーションが上がったり下がったりします。

モチベーションの維持が難しいのが、課題になります。


デメリット2:自分で時間を管理しなければならない。


仕事を誰にも管理されていないので、仕事の時間は自分で管理することになります。


テレワークは、働くことも働かないことも自分で選べます。

仕事をせずにダラダラすることもできるし、サクッと終わらせることもできます。


しっかり時間管理をしないと、無駄に長時間労働にもなります。


自分で時間を管理しなければならないことも、デメリットになります。


デメリット3:仕事を進める責任は自分。


仕事の進め方は自分次第です。

仕事を進めるか、進まないかは自分の意思しだいです。


そのため仕事ができていなければ、全て自分に責任があります。


デメリット4:ON・OFFの切り替えが難しい。


在宅ワークになるので、家やカフェなどで仕事することになります。


プライベートの空間を利用して仕事するため、プライベートと仕事の差別化がしっかりできない可能性が出てきます。

そのため、切り替えの下手な人は辛いかもしれません。


プライベートに仕事を持ち込むと、ON・OFFがうまく切り替えれない可能性があります。


デメリット5:コミュニケーションが減る。


一人なので、コミュニケーションを取る相手がいません。そのためコミュニケーションは減ります。


コミュニケーションを取ることが好きな人や、人と話すことでストレスを発散している人などは、辛くなってくるかもしれません。


以上のように、5つのデメリットがあります。


どうしてもストレスや仕事の進み方に影響してしまうポイントなので、デメリットを読んで「辛いな〜」と感じる人は向いていないかもしれません。


ただデメリットを解消さえできればメリットしかないので、次は対策をお話しします。


スポンサーリンク

テレワークのデメリットの3つの対策!【クリアすれば最高の働き方です】

誇りを感じる男性の画像。

上でデメリットは見てきましたので、その対策をお話しします。

デメリットも対策さえできれば問題はなくなるので、大切なポイントになります。


対策は3つです。

  • 対策1:仕事をする場所、時間を作る。
  • 対策2:自己責任の覚悟を持つ。
  • 対策3:コワーキングスペースを利用する。

では1つずつどうぞ!


対策1:仕事をする場所、時間を作る。


まず仕事をする場所と時間を作ることが必要です。


場所はプライベート空間と違う部屋を作るとか、机を作るとかです。

そうすることでこの場所に入ったら仕事という風に、会社に出勤する状況と同じ状況が作れます。


また仕事をする時間は決めてしまうべきです。

時間を決めないままやると、だらけてしまったり必要以上の時間を使ってしまうことに繋がります。


場所や時間を作ることで切り替えがしっかりできるので、効果的です。


決め方の例

場所 ⇨ 仕事部屋を作る。仕事のスペースを作る。
時間 ⇨ ◯時から◯時まで仕事をする。休憩は◯時に△分する。


対策2:自己責任の覚悟を持つ。


自分次第で仕事をするか、しないかが選べるので自分で責任を取るくらいの覚悟を持つべきです。


「自分で責任が取れない=会社の責任」と考えていると、仕事をすること自体から逃げてしまいます。

それでは仕事を進めることもできないので、自己責任の覚悟は持った方がいいです。


対策3:コワーキングスペースを利用する。


フリーランスや在宅ワーカーが利用するのが、コワーキングスペースです。


月額の会費や使用料を払うことで利用できますが、同じようにテレワークで働く人がいます。

仕事が基本のスペースではありますが、違う仕事をしている人同士が交流することもできるので、コミュニケーションも取れます。


おすすめの場所です。


テレワークはデメリットさえクリアしてしまえば、生産性が上がりストレスも軽減できる素晴らしい働き方です。


テレワークやリモートワークの働き方に興味があるのなら、その働き方をさせてくれる会社を選ぶことが大切になります。


仕事探すために転職エージェントを利用して、いい仕事を探してもらいましょう。


最後に簡単にまとめます。

◯5つのデメリットが辛いのなら向いていない。
①モチベーションの維持が難しい。
②自分で時間を管理しなければならない。
③仕事を進める責任は自分。
④ON・OFFの切り替えが難しい。
⑤コミュニケーションが減る。

◯デメリットをクリアする3つの対策。クリアできれば最高の働き方になる。
①仕事をする場所、時間を作る。
②自己責任の覚悟を持つ。
③コワーキングスペースを利用する。


テレワークはまだそこまで広がってはいませんが、今後は主流になってくる働き方になります。

あなたもテレワーク(在宅ワーク)に注目しておいてください!


おしまいです。


次の記事>>>2020年以降、これから伸びる業界とは?【要注目の5選】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です