仕事の能力不足を改善する効果的な方法!【必要なスキルと4つの原因】

ボールでストレッチをする女性の画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

悩む少年の画像。

「仕事で失敗ばかりしてる。能力不足なのかな?」
「なんでこんなに仕事の能力が低いんだろう?」
「仕事はどんな能力を身につければいいんだろう?」

と悩んでいる人は読んでください。

仕事の能力は誰でも身に付けることが可能です。


僕も、仕事が全くできませんでした。

かなり不器用でどんなことも物覚えが遅い方なので、同じタイミングで入ってきた社員に教えてもらったりしていました。

そんな僕でも、今は人を教える立場にいます。


本記事でわかること

  • 仕事で必要な能力とは?
  • 仕事で失敗ばかりするのは能力が低いからなのか?
  • 仕事の能力が低い原因。
  • 仕事の能力を上げるにはどうすればいいか?

読み終えた時には

笑顔の男性のイラスト。

「仕事の能力といってもいろいろあって自分でも磨くことができそうだ!今からしっかりスキルアップしていこう!」

と前向きになっているでしょう。

4分くらいで読めるので、読んでみてください!


仕事で必要な能力(スキル)は5つ!

男性が腕立て伏せをする画像。

仕事で必要になる能力(スキル)は5つです。


どんな能力が必要であなたには足りているのか、確認してみましょう。

  • 能力1:コミュニケーション能力
  • 能力2:プレゼン能力
  • 能力3:目標設定、改善の能力
  • 能力4:思考力
  • 能力5:マネジメント能力


能力1:コミュニケーション能力


まずはコミュニケーション能力です。

コミュニケーション能力は

  1. 話す力
  2. 聞く力
  3. 要点をまとめる力

の3つの力が必要です。


単純に、たくさん話せるからいいというわけではありません。


話し下手な人でも、コミュニケーション能力が高い人はいます。

それは、聞く力が優れているからです。


コミュニケーション能力は「話す力、聞く力、要点をまとめる力」のバランスが大切です。


能力2:プレゼン能力


仕事をすると、人に説明する機会がたくさんあります。

その機会が、仕事の成果に繋がるか否かのタイミングです。


そのためにプレゼン能力を磨きましょう。


※プレゼン能力に自信がない時は、下の本を読んでみるといいでしょう

プレゼンの考え方や要点のまとめ方、具体的な話し方などがシンプルにまとまっています。内容がごちゃごちゃしていないので、自分に生かしやすいです。ページ数も少なく、サクッと読めますよ。


能力3:目標設定、改善の能力


仕事をする上では明確な目標設定とそこまでのプロセス、失敗からの改善策を考えることが大切です。


その時に曖昧な目標設定では進む道を見失ってしまいますし、改善をしなければ失敗ばかりします。


仕事には、目標設定の力と改善する力が必要になります。


能力4:思考力


仕事を思考する力も、絶対に必要です。


何も考えずに進んで仕事が成功することは、まずあり得ません。


例え

・プロ野球選手は、どうやって練習すれば試合で結果が出るか考えている。
・バイオリニストは、どうすればきれいに弾けるのかを考えている。

どんな仕事でも、思考力は絶対に必要です。


能力5:マネジメント能力


マネジメント能力とは「組織や部下をどう動かすか?」「どうやってまとめるか?」といった力のことです。


仕事をするとあなた一人で完結するということはまず無いので、周りと協力していくことになります。

その時にあなたが上の立場であれば、絶対にまとめる力は必要です。


特にこのマネジメント能力は、30・40代以上は求められやすくなります。


仕事する上で、必要な力の1つと考えてください。


以上の5つの能力が、仕事には必要です。

おさらいしておきましょう。

  • 能力1:コミュニケーション能力
  • 能力2:プレゼン能力
  • 能力3:目標設定、改善の能力
  • 能力4:思考力
  • 能力5:マネジメント能力


あなたは「足りていないな…」と感じる能力はありましたか?


大丈夫です。

はじめから仕事の能力が高い人などいないので、まだまだここからです。


スポンサーリンク

どんな人でもはじめは仕事の能力が低いです!

物に片足を乗せる男性の画像。

もし能力が足りていないと思っても、どんな人でもはじめは仕事の能力は低いのでそんなに気にする必要はありません。


能力は経験をたくさんすることで磨かれていき、向上していきます。

例えば、元プロ野球選手のイチローさんは毎日数百本の素振りとトレーニングを欠かさずやって能力を磨いてこられました。


はじめに能力不足と感じるのは当然です。

仕事の経験の数や勉強の量で、成長の度合いが変わります。


今から能力差を上げるためにも、今後はたくさんの経験を積むことが大切です。


誰でも、はじめは仕事の能力は低いです。


大切なので、しっかり意識しておいてください。


長年続けているのに仕事の能力が低いなら何か原因があります!【具体例4つ】

キャラクターが2つのデータをテストしている画像。

ただ仕事を長年続けているのにも関わらず、仕事の能力が低いと感じる時は必ず何か原因があります。


考えられる原因は、次の通りです。

  • 原因1:マイナス面ばかり見ている。
  • 原因2:自己否定ばかりしている。
  • 原因3:チャレンジが少ない。
  • 原因4:経験から学べていない。

1つずつ自分に照らし合わせながら、考えてみましょう。


原因1:マイナス面ばかり見ている。


仕事をすれば、成功も失敗もあります。

あなたは月末に仕事を振り返ったときに、成功したことを考えますか?それとも、失敗ばかり浮かんできますか?


失敗ばかり浮かぶ人は、マイナス面を見過ぎています。


仕事では、必ず上手くいったことがあるはずです。

それが小さくても、成功は成功なので構いません。


マイナス面ばかり見ていると、自分を下げて評価し過ぎてしまい能力が低いと感じてしまいます。


原因2:自己否定ばかりしている。


自己否定するのは自分に自信がない人の特徴ですが、能力が上がりにくい人の特徴でもあります。


自分を否定している状態は、自分のモチベーションを下げています。

モチベーションは仕事に大きな影響を与えますが、仕事に向かう気持ちが変わります。

>>>仕事はモチベーション(やる気)で決まる!


能力が高い人は仕事に真剣で、本気で取り組んでいます。そのことからもわかるように、モチベーションが低いと能力も上がりません。

自己否定ばかりしている人はモチベーションが低いので、能力も低い傾向にあります。


原因3:チャレンジが少ない。


能力を上げるには、たくさんの経験を積む必要があります。

チャレンジが少ないということは、経験してきた数も少ないということです。


仕事ができる人は、絶対的にチャレンジしてきた数が多いです。

その逆で、チャレンジが少ない人は能力が低いです。


原因4:経験から学べていない。


せっかく経験しても反省や改善もしなければ、何も向上しません。


「経験したからOK!」で終わらせるのではなく

・なぜ失敗したのか?
・なぜこういった結果になったのか?

などを考えることで、経験する意味が出ます。


反省も改善もしていない経験では、成長はありません。


このような5つの原因が考えられます。

あなたにも、思い当たる節があったのではないでしょうか?


では今後、仕事の能力を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

次のことをすれば、仕事の能力は向上していきます。


仕事の能力を改善するために、失敗を経験と前向きに捉えて毎日積み重ねましょう!

2人で改革を考えている画像。

仕事の能力を改善するには

失敗を経験と前向きに捉えて、毎日積み重ねることです。


なぜこれで能力が上がっていくのかというと

1.失敗からは学ぶことばかり。
2.日々積み重ねるから力になる。

からです。


失敗は学ぶことが多いです。

例えると、分かれ道で間違った道に進んだとしても間違ったことがわかれば、次は同じような道に進むことは無くなります。

これと同じで、失敗することで同じようなシチュエーションがくれば、正解を出せるようになっているんです。


これが、能力が向上したということです。

またその失敗経験を繰り返していくことで、経験が積み重なっていって大きな力に変わっていきます。


あなたのビジネススキルを上げるために、失敗を経験と前向きに捉えて、毎日積み重ねましょう


※もし対策をしているのにも関わらず、能力が上がらないようなら仕事が向いていないと思います。

自分に合う仕事がわからない時の3つの手順!』も参考にしてみてくださいね。


仕事の能力がないことに悩むことがあるとは思いますが、今からでも向上できます。


仕事の能力がないと悩むことよりも、行動しない方が問題です。

行動がなければ、ビジネススキルを身に付けることもできません。


今からでも大丈夫なので、能力を向上できるようにがんばりましょう!

おしまいです。


人気の記事>>>仕事は雑でも早い方が成長速度が上がります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です