【結論】仕事でやりがいはいらない→先に環境を整えよう!

パソコンを見る女性の画像。

はい!こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

考え事をするビジネスマンのイラスト。

「仕事にやりがい以外を求めたらおかしいのかな?ぶっちゃけ、仕事にやりがいはいらないでしょ?」

と悩んでいる人は読んでください。

はじめから結論言いますが、

やりがいは、絶対に必要なものというわけではありません。

実は、仕事にやりがいを感じる手順というのがあります。


僕も昔はやりがいを求めて、就活や転職をしていました。「第一にやりがい、お金を求めるなんて汚い。」そう思っていました。

ただ結果、生活や人間関係で行き詰まってしまって、軽いうつになって辞めています。

ユウスケの真顔のイラスト。
今思うと「考え方が悪かったな〜」と反省しています。

体験談を元にお話しします。


本記事でわかること

  • 仕事にやりがいはいらない?
  • なぜ仕事にやりがいと言われるのか?
  • やりがいを感じるための手順。

読み終えた時には

笑顔のビジネスマンのイラスト。

「やりがい以外にも、仕事で大切にした方がいいことはあるんだな!もう1度、将来のことをしっかり考えていこう。」

と進み始めているでしょう。

前置きが長くなってすみません。では本編をどうぞ!

※4分くらいで読めます。


【結論】仕事にやりがいはいらない!

2人の女性が風船で遊ぶ画像。

やりがい搾取という言葉が広がりましたね。

ユウスケの真顔のイラスト。
やりがい搾取は、お金などの対価ではなくやりがいを意識させて働かせることです。あなたも経験あるんじゃないでしょうか?


昔なら絶対に考えられない言葉だとは思いますが、

ぶっちゃけ、仕事にやりがいは絶対に必要なものというわけではありません。


なぜならやりがいが無くても仕事はできるし、生きていくことができるからです。


そのことは、次の2つの質問をしたらハッキリします。

①借金10万を1週間以内に返済しなければならないとしたら、どうしますか?
②お金がないのにやりがいで生きれますか?


もし急ぎの借金なんてしたら、日払いの仕事をしてでも返済しようとしますよね。

その時に、やりがいなんか求めますか?

そして、生活ができないくらいお金がないのに、やりがいなんて感じている余裕はないですよね?


確かにやりがいがあった方が、仕事に熱が入ります。

ただ無くても仕事はできるので、絶対に必要なものというわけではないです。


では、なぜやりがいを求めてしまうのでしょうか?


スポンサーリンク

【仕事にやりがいはいらない】社会が求めるのはただの綺麗事!

街中を男性が歩く画像。

仕事にやりがいを求めるって、誰が正しいと言ったんでしょうかね?

ぶっちゃけ、あなたもはじめからやりがいって求めていましたか?


実は会社や社会が、やりがいを大切にしようという空気を煽ってきます。

それはお金や人間関係ということを言うよりも、なんとなく聞こえがいいから。


例えば

  1. お金のために働いている。
  2. やりがいがあるから働いている。

という2人がいたとします。


2番の人の方が、何となく聞こえが良くないですか?

正直、誰でも周りからの見た目を気にするので、お金よりもやりがいと言っちゃうんです。

あなたにも、思い当たる節があるんじゃないでしょうか?


そのため、会社や社会は『やりがいを大切にしよう!』という空気があるんです。


【いい格好しいの日本人】やりがいを求めがち!


実際に、転職者がやりがいを求めることはデータに出ています。

アスタミューゼ「転職ナビ」人材動向レポートのデータ画像。
引用元:アスタミューゼ「転職ナビ」人材動向レポート

1位に「今の職場に夢がない」、2位に「やりがいを感じられない」がランクインしています。


そして注目するのは、社会的に求めると汚いとか言われやすい「給与」や「役職」、「人間関係が悪い」などが、3位以降で入っていることです。

辞める時は「給料が安い」や「人間関係が悪い」というのが、1位とかに入るんですけどね。


このように、やりがいが求められていることがはっきりとわかります。


ただもう一度言いますが、

やりがいは、絶対に必要なものというわけではありません。


それよりも、まずは整えた方がいいものがあります。


仕事でやりがいはいらない→先に環境を整えよう!

ビーチに寝転がる女性の画像。

仕事にやりがいがあることは、本来は仕事の目的ではありません。


仕事の目的は幸せになること。

これがめっちゃ大切です。


働いているのに幸せになっていかないのであれば、なんのために働いているのかわかりません。


幸せになるための1つの手段が、やりがい。

やりがいを求めるとは、本来目的ではないです。


やりがいを求めることではなく、幸せに働くことを目的にするべき。

幸せになれれば目的が給料だろうが、職場環境であろうが、プライベートの充実であろうが何でも良いんです。


そして実は、やりがいは働く前から感じれるのもではなく、自分の環境が整っているから感じるものです。

とても大切なことです。

やりがいは、環境が整っているから感じるものです!どういうことか次にお話しします。


環境が整えば『やりがい』を感じ始めます!


やりがいを感じたいと思うのであれば、まずは環境を整えてください。


環境は

  1. お金
  2. 職場
  3. プライベート

です。


幸せは人によって感じる基準が違うので、自分が満たされているかで判断してください。


例えば、月収100万あれば幸せだと言う人もいれば、月収30万でプライベートの時間があれば幸せだという人もいますよね。

幸せの基準は違いますが、その人の基準を超えていなければいけません。


自分が満たされていない状態では、他を考える余裕はないでしょう。

生活もできないのにやりがいを求めるのは、正直無理じゃないですか?

そんなことより、「給料を上げてほしい!」となるはずです。

誰でもそうです。


自分に余裕が生まれてきて、少しずつやりがいも感じます。

自分が満たされてやりがいを感じ始めることができるので、まずは環境を整えるようにした方がいいです。


【要チェック】
環境(お金、職場、プライベート)が整う。 ⇨ 自分が満たされる。 ⇨ だんだんやりがいも感じる。

>>>仕事はやりがいかお金、両方とも手に入れる方法


※やりがいよりも楽しい仕事がしたいという人は、『つまらない仕事を楽しいに変える方法』の記事を参考にしてくださいね。


仕事をやりがいで悩んでいる人は、下の本を読んでみてください。


筆者は「脱社畜ブログ」を管理人で、みんながおかしいと思っていることを代弁しています。読むと納得してしまう内容です。


はじめから仕事にやりがいはいらない!【まとめ】

製品の写真を撮っている画像。

最後に簡単にまとめると、

・はじめから仕事にやりがいはいらない。
・やりがいは仕事の原動力の1つで、絶対に必要なものというわけではない。


仕事の環境を整えていくことで、だんだんやりがいも感じていけます。

環境(お金、職場、プライベート)を整える。 ⇨ やりがいも感じる。


上記の順番で進んでいくことが、やりがいを手に入れることに繋がるのでやってみてくださいね。


僕もはじめからやりがい、やりがいと求めすぎました。

結果、仕事が思い通りにいかずに楽しくなくなりました。


ただ今はお金や職場環境も整って、仕事にもやりがいを感じています。

絶対に「自分のことばかり考えるな!」という、きれい事を言ってくる人はいます。

が、そういった人の生活を見てみてください。対して、幸せそうに暮らしていないんじゃないでしょうか?


あなたも楽しく仕事ができるように、がんばってください!

おしまいです。

人気の記事>>>仕事はゲーム感覚でRPGみたいに楽しくなります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です