仕事で失敗して不安を抱いた時の解消法!【問題になる原因と性格】

深夜に外にいる女性の画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

腕を組む女性のイラスト。

「仕事で失敗して不安…不安を解消する方法はあるのかな?」
「あの仕事は失敗していないかな?すごい不安だ…」

と悩んでいませんか?

せっかくの休みや仕事終わりに、モヤモヤと不安を抱いてしまうとストレスもかかってゆっくりできないので、不安を解消しましょう。


先日こんなツイートをしました。

僕は心配性でした
家を出るときも
・鍵をかけたか不安になる
・窓を閉めたか不安になる
・電気や火の元を消したか不安になる
というので15分くらい確認して、自信が持てないと出れませんでした
ただこの性格のおかげで仕事や約束事はミスが減っていたと思います
短所も長所だなと感じる出来事です


僕は心配症で、家の鍵を閉めても「窓がを閉めたか?」「電気を消したか?」と出発まで15分くらい確認しないと出れないくらいでした。

もちろん仕事でもめちゃくちゃ確認してやっていて、仕事じゃない時間も不安は抱いていました。

そんな性格なので、解消のやり方をたくさん試してきました。


本記事でわかること

  • 仕事で失敗すると不安だと感じる原因。
  • 仕事で失敗して不安を抱いたときの解消法。
  • 仕事で失敗が不安になるのは心配症の性格からきている?
  • 仕事で失敗する不安を少しでも取り除く手順。

読み終えた時には

笑顔のビジネスウーマンのイラスト。

「仕事で失敗して不安だったけど、少しスッキリした。不安を解消できるように動いてみよう!」

と、悩みもスッキリして前向きに進めているでしょう。

4分くらいで読めますので、読んでみてください!


「仕事失敗するかも…」と不安になる原因!

審査の合格した男性の画像。

まずは、仕事で不安だと感じる原因はなんなのか?を明確にしておきましょう。


仕事で不安だと感じる原因

  1. 上司に言われるかもしれない不安。
  2. 周りに迷惑がかかっているかもしれない不安。
  3. 失敗したことで「これから何かあるんじゃないか?」というモヤモヤした不安。
  4. 失敗していないか?」という不安。

不安になる原因は、この4つのどれかに当てはまるでしょう。

あなたはどれに当てはまりますか?


僕が多かったのは、『1』『3』『4』ですね。とにかく不安なことを想像していました。

これらの不安の原因をはっきりしておくと、冷静に自分を見つめ直すことができるので、少し考えてみましょう。


スポンサーリンク

仕事で失敗して不安を抱いた時の解消法!【具体案を4つ紹介します】

音楽を聞く女性の画像。

「仕事で失敗しで不安だ!」「仕事でミスしていないか不安だ」という人は4つの不安解消の方法を試してください。

  • 方法1:不安を感じる時間を作らない。忙しくする。
  • 方法2:同僚や友人など信頼のできる人に相談する。
  • 方法3:職場に行って状況を確認する。
  • 方法4:リラックスする状態をつくる。

順番に説明します。


方法1:不安を感じる時間を作らない。忙しくする。


不安を感じてしまうのは、考える時間があるからです。なので考える時間がないくらい忙しければ、考える余裕なんてありません。

例えば

  • 勉強する。
  • 家のことをする。
  • 別の仕事をする。
  • 買い物にいく。
  • 趣味をする。

などです。

とにかく、不安を感じないくらい忙しくしましょう。


方法2:同僚や友人など信頼のできる人に相談する。


不安なのであれば、人に話すると少しでもスッキリするでしょう。

話す相手は同僚か友人なので信頼できる人だと、気を遣うことなく話せるのでいいと思います。


言葉で出すことは、不安を解消するのにベストな方法です。


方法3:職場に行って状況を確認する。


これはめんどくさいやり方ではありますが、職場に状況を確認しに行ってください。


「職場に行くの!なんで?」と思われると思いますが、不安は目に見えないから感じます。

不安はほとんどが自分が作り上げたイメージでできているので、実際に見に行くというのが効果的ではあります。


見に行くことで「やっぱりなんともないな。心配しても仕方ないな。」と納得できるようになるので、不安を解消することができるでしょう。


方法4:リラックスする状態をつくる。


とにかくリラックスできる状態を作りましょう。リラックスできることはなんでもいいです。


  1. 瞑想する。
  2. 寝る。
  3. ボーッとする。

など、あなたがリラックスできることをして、気を紛らわせましょう。


このような方法を試してみてください。

すると少しは不安を解消できて、ゆっくりできるはずです。


不安は誰でも抱きます。

大切なことは、不安を解消してストレスを感じないようにすることです。

いろいろな方法を試してみましょう。


仕事で失敗が不安になるのは心配症の性格からきている?

女性がお風呂場の窓を開けている画像。

不安でいっぱいになるのは、あなたの性格が少し関係しています。


僕もそうなんですが、自分は心配症だなと普段から感じてはいませんか?


心配症だから、仕事に対して不安になる

簡単な結論ですが、これが全てです。


例えば『あっけらかんとしたテキトーな男』は仕事で失敗しようが、何も心配しません。

あなたの職場にもいるんじゃないでしょうか?


そういった気楽そうな性格に憧れて、心配症を直そうと考えるかもしれませんが、性格なので無理やり直す必要はありません。

性格は直そうと思ってもすぐに直るものではありませんし、直せないことも多いです。


性格を無理やり直すことは余計なストレスになるので、やめておきましょう。


それでも心配することは減らしたいと思うので、少しでも不安が取り除ける方法を使いましょう。


仕事で失敗する不安を少しでも取り除く手順!

男性と女性がトロフィーに喜んでいる画像。

仕事で失敗する不安を少しでも取り除く手順は、2つあります。

  • 手順1:仕事をした後に指差し確認、紙にチェックして自分が確信を持ち切れるまで確認しまくる。
  • 手順2:心配しても結果やその後に変わりはないことだと理解して、いい意味で諦める。

1つずつ確認しましょう。


手順1:仕事をした後に指差し確認、紙にチェックして自分が確信を持ち切れるまで確認しまくる。


まずは仕事をした後に指差し確認、紙にチェックして自分が確信を持ち切れるまで確認しましょう。


  • 自分の記憶に残すこと。
  • 自分が言い訳できないくらい確信を持つこと。

が目的で、心配になるのは記憶に自信がないことが原因になるので「ここまでやれば大丈夫だ!」と思うくらい、やり切ることが大切です。


この方法のいいところはとことんやるので、だんだんやるのが面倒になってきて心配する性格が少しずつ直ることにあります。

これ僕の実証済みです。


手順2:心配しても結果やその後に変わりはないことだと理解して、いい意味で諦める。


先ほどテキトーな男の話をしましたが、あっけらかんとした人は心配しても何も変わらないことを理解しています。


実は不安になることは、あなたの勝手なイメージで作り上げているので、失敗したときや仕事を終えた後にしか状況を変えることができません。

あっけらかんとした人はそれがわかっているので、「心配しても仕方ない」といい意味でわかっているのです。


あなたも何となくわかると思いますが、変えれるのは現在のみです。未来や過去は変えれません。

あなたも過去を思い出せば「無駄に心配してきたな」ということがあるはずです。

過去を思い出して、少しずつ心配することを諦めましょう。


心配しても変わることではないと理解して、いい意味で諦めてください。


以上のような2つのやり方で少しずつ心配することを減らしていければ、仕事の不安も少なくなっていくでしょう。


おしまいです。

次の記事>>>将来の仕事が不安を解消するためにやるべきこと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です