自由に働きたいなら2つ対策をしよう!【仕事を4つ紹介します】

人生の行動を開始する男性の画像。

はい!どーも、どーも!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

真顔の男性のイラスト。

「自由に働きたい!どうすればいいのかな?」
「時間に縛られずに、自由に働いている人がいる。なんであんな生活ができるのかな?」

と考えていませんか?


実は、この記事の『自由に働ける方法』を知って、『自由な仕事』を知れば、誰でも自由に働くことに近づきます。

なぜなら、僕も「時間と場所に縛られない働き方をしたい」と1年間実践して、少しずつ自由に近づけていると感じているからです。


この記事では、自由に働く意味を知って、自由に働ける方法とその仕事やコツを紹介しています。

読み終えた時には、「自分も自由に働きたい!」と前向きに考えているでしょう。

5分くらいで読めるので、ぜひ読んでもらえると嬉しいです。


この記事でわかること

  • 自由に働くとは?
  • 自由に働くための方法。
  • 自由に働ける仕事。
  • 自由に働くためのコツ。
  • 自由に働ける仕事を探す方法。


自由に働きたい!【意味を具体的に考えてみよう】

お金が発生するメカニズムの画像。

自由に働くとは、「お金、時間、場所、仕事内容、考え方など」に、縛られない働き方のことです。


人によっては、自由な時間が4時間あればいいという人もいれば、ずっと自分の好きなことをしていたいという人がいます。

そのため、企業で働いていても、自由だと感じている人はいます。


人によって定義や基準は変わりますが、基本は「お金、時間、場所、仕事内容、考え方など」に、縛られない働き方のことです。

自由に働くことで「好きなこと」を「好きな時間」「好きな場所」で、働けるようになります。


自由に働くことをよく

  • 休みが多い。
  • 仕事が自分で選べて楽。

だと思う人がいますが、これは全く違います。


自由に働こうと思うと、どうしても自分主体の働き方をしなければなりません。

つまり、お金を自分で稼ぐからこそ、自由が手に入るということです。


ということは、稼げていないと楽ではないし、休むことが全くできません。

「自由になった≠楽」ではなく「自由になった=自分の力が試される」ということです。


長くなったので、簡単にまとめます。

自由に働くとは

「お金、時間、場所、仕事内容、考え方など」に、縛られない働き方のこと。
「自由になった≠楽」ではなく「自由になった=自分の力が試される」。

ユウスケの真顔のイラスト。
何もしなければ、お金に縛られて不自由です。自由を手に入れるためには、かなり努力が必要です。


では自由に働くために、あなたがどうすればいいかを具体的にお話ししていきます。


スポンサーリンク

【自由に働きたいあなたへ】「仕事」と「お金」の対策から始めよう!

リモートのチームを作る画像。

自由に働きたいのであれば、次の2つの対策をした方がいいです。

  • 対策1:仕事に縛られない状態を作る。
  • 対策2:時間計算で仕事をしない。

深掘りします。


対策1:仕事に縛られない状態を作る。


仕事に縛られている状態とは

・企業のお金がないと生活できない。
・仕事の就業時間通りに働いている。
・仕事が辛い。

のような状態です。


お金がないときを想像すると、稼ぐために一生懸命働いているでしょう。

その状態では会社を辞めることもできませんし、ずっと目の前のお金を追って働くことになります。

それでは先ほどもお話ししたように、自由には働けません。


仕事に縛られないようにするには、

お金 ⇨ 自分で稼げる力を身に付ける。
就業時間 ⇨ 早く帰っても問題ない仕事に就く。早く帰っても文句を言われない結果を出す。
仕事が辛い ⇨ 転職する。異動する。

という風に環境を変えたり、自分を高める必要があります。


まずは、仕事に縛られない状態を作ることが大切です。


対策2:時間計算で仕事をしない。


給料の計算には、時間給という方法があります。


アルバイトやパートなどをイメージするとわかりやすいですが、時間でお金を貰っている間は永遠に自由になれないでしょう。

というのも、自由になるには絶対にお金が関わってくるからです。


例えば、時給1000円のアルバイトで毎日8時間働いても週で5.6万円が限界です。それでは、1ヶ月で22.4万円にしかなりません。

もちろん休みも欲しいと思うので、月20万くらいでしょう。

そこから税金や交際費、車があれば自動車の維持費などがかかります。


もちろん企業でも同じです。企業の正社員は、月の就業時間で給料を貰っています。

残業をしたがる人が多いのも、そのせいです。

能力給でない限りは、役職が上がらないと給料も上がりません。


ユウスケの真顔のイラスト。
ということは、単価が上がらない限り、永遠にお金の縛りからは逃れられないってことになります。


そこで時間給という考え方をやめて、能力給や成果報酬で給料がもらえる感覚を持つんです。

どういうことかというと、「1つの仕事=10万円」って感じです。

1つの仕事で考えるので、その仕事が早く終われば、当然年収も上がりますし、遅ければその分下がります。

能力給の考え方であれば、お金を稼ぐ限界もなくなるので、お金の呪縛からは逃れられます。


×時間を使ってお金を稼がない。
能力給や成果報酬で考える。


自由には、お金が絶対に関わります。

まずは、時間計算でお金を稼ぐ感覚を無くしましょう。


このように2つのことを意識すれば、自由に近づけます。

とにかく縛られやすい「仕事」と「お金」を自由な状況にしましょう。


【自由な働きたい】仕事を4つ紹介します!

どこでも仕事をする男性の画像。

今は自由な働き方に憧れて、仕事を変える人が増えてきました。

僕もその1人ですが。

自由な働き方ができる仕事は、次の4つです。

  • その1:リモートワーク (テレワーク)
  • その2:在宅ワーク
  • その3:フリーランス
  • その4:副業

この4つです。

気になる職業からどうぞ。


その1:リモートワーク (テレワーク)


リモートワークは、自由に働ける仕事として注目されています。

日本では、テレワークという言葉の方が馴染みがありますね。


リモートワークは、英語で「remote / work(遠く離れて / 働く)」と表記されます。

遠くに離れていても、働けることが特徴です。


働く時間を自分で選んでいる人もいて「日本の会社なのに、今はタイにいる」とかは、普通にあります。


あと、お金も満たされている人が多いです。

理由は、リモートワークが実現できる仕事がIT関係だからということです。

IT関係はもともと給料がいいということもありますが、現在伸びている業界で今後も伸び続けていきます。

>>>これから伸びる業界5選!


伸びる業界は資金も満たされているので、社員に給料として渡せます。

なので、お金でも安心です。


リモートワークは、自由に働ける仕事として筆頭です。

※リモートワークの求人は、dodaに多いです。⇩

  • doda
    日本最大級の求人数を掲載しており、リモートワークの求人も多数掲載している。
    内定までをトータルサポートしてくれる。


その2:在宅ワーク


在宅ワークも、自由に働けます。


在宅ワークでイメージしやすいのは、キーホルダー作りとか小物作りとかです。

場所も家ですし、自分の時間配分で働けます。


ただお金の部分だと、あまり稼げないというデメリットもあります。

なので、主婦が空き時間でやることが多いです。


1つの自由な働き方の選択肢としては、ありですね。

在宅ワークの注意点は、『怪しい在宅ワークの4つの注意点と正しいやり方!』で解消してくださいね。


その3:フリーランス


フリーランスは自分で何もかも決めていくので、自由に働けます。

自由な働き方というと1番にイメージされるのが、フリーランスでしょう。


会社員ではなく、1人の実業家として働くイメージなので仕事を取れば働きますし、働かないと思えば働かなくてもいいです。

働き方は、本当に自由です。


ただ、全てが自分の責任です。

固定給があるわけではないので、お金は不安定で稼げなければ給料は『0円』。


お金に対しての稼ぐ覚悟があるのなら、自由な働き方になるでしょう。


フリーランスの代表的な職種

・プログラマー
・エンジニア
・ライター
・カメラマン
・画家
・音楽家


※フリーランスは、最初はクラウドソーシングで経験を積んでいきましょう。公式サイトに、仕事が多数掲載されています。⇩


その4:副業


副業も、1つの自由な働き方です。

最近はサラリーマンの副業ブームで、かなり数が増えています。


副業としてやることと言えば、ブログ、ライター、YouTube、動画編集などが多いです。

実際にリモートワークをしながら、ブロガーとしても成功されている人もいます。

ツイート提供:Tsuzukiさん(@1276tsuzuki
リモートワーク、ブログで生計を立てられていました。フォロワー数は4.5万人超え。副業ブログに興味があるなら、フォローしておきましょう。


副業で少しでも稼げればお金の縛りはなくなるので、自由に近づきますよ。


以上の4つの仕事で自由は掴みやすいです。

あなたも、ぜひ試してみてくださいね。


自由に働きたいならの2つのコツを意識しましょう!

女性が2つのデータから選択している画像。

自由に働きたい人に、働けるコツがあるので紹介します。

  • コツ1:考えているだけでなく、とにかく行動してみること。
  • コツ2:自分を縛っているものを捨てること。


コツ1:考えているだけでなく、とにかく行動してみること。


「自由になりたいなぁ」と思っている人はけっこういます。

やはり仕事のストレスは嫌ですし、働かなくていいなら働きたくはありませんよね。

誰でもそうです。


ただ「自由になりたい!」と言って動いている人は、ごくわずかです。

みんな言っているだけで行動しません。

それでは絶対に自由にはなれませんし、なりたいと思えば思うほど今やっている仕事に不満が溜まります。


だから「自由になりたい!」と言っているだけではなく、なんでもいいので行動してみましょう。

行動することは「コツ2:自分を縛っているものを捨てること。」でお話しする内容がいいです。


コツ2:自分を縛っているものを捨てること。


自分を縛っていることは『お金、仕事、場所、時間、考え方、周りの人』です。

捨てるというと過剰に聞こえるかもしれませんが、最低でも距離をおかなければ自由にはなれません。


例えば、あなたが今住んでいる家は、その場所にしかありません。

その家を大切であれば、その土地から引っ越すことはできませんね。持ち家とかになると、そこに一生暮らすことになります。

家に縛られている状態を変えるには、家を手放すしかありません。


このように、過剰に聞こえるかもしれませんが、捨てることをしなければ自由にはなれません。

>>>全てを捨てると手に入るもの!


以上が2つが、コツになります。

どちらも勇気がいるかもしれませんが、効果があると僕も経験しています。

意識することで本当に近づいていくので、やってみてください。


自由を働きたいなら転職も考えよう!【おすすめサイトを紹介します】

女性が更新して喜んでいる画像。

最後に、自由に働きたい人におすすめの求人サイトを紹介しておきます。

まずは、自由な働き方ができる企業を知ることも大切です。


最近だと、新型コロナウイルスの影響で、リモートワークやテレワーク、在宅ワークが注目されています。

その影響で、求人も増えているのでぜひ検索してみてくださいね。


おすすめの転職サイトは『doda』なので、ぜひ公式サイトに飛んでみてくださいね。

無料』で登録・サポートしてくれるので、マイナスはありませんね。

dodaの公式サイトに飛ぶ>>>


これでおしまいです。

ぜひ自由に働けるように、がんばってくださいね。


次の記事>>>異業種の転職を簡単にするには?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です