苦手な仕事をすると不幸せになる!【排除するとメリットが大きい】

成功方法を考える男性の画像。

こんにちは!ユウスケ<@1002_t_yusuke>です。

腕組みする作業着の男性のイラスト。

「苦手な仕事があるんだけど、どうするのがいいのかな?」
「苦手なこと本当にしたくないんだけど、やっぱり挑戦しないといけないのかな?」

と悩んでいる人は読んでください。

誰でも仕事で苦手なことはありますが、実は無理して挑戦する方が良くありません。仕事のできる人ほど、苦手なことはしていません。


僕も昔は苦手なことでも挑戦しないといけないと思ってつらいのを我慢してやっていました。ただストレスがすごくて得意なことやできることをしっかりするようになってから、仕事がものすごいできるようになりました。

この記事では

  • 苦手な仕事はするべきなのか?
  • 苦手な仕事をするデメリット。
  • 苦手な仕事が減った時のメリット。
  • 苦手な仕事をやらされる時はどうすればいいのか?

がわかります。

読み終えた時には「自分のためにもできる限り苦手なことはしない方がいいんだな。自分も仕事もプライベートも充実するようにがんばろう!」前に進み始めているでしょう。

4分くらいで読めるので、読んでみてください!


苦手な仕事はするべきなのか?【他の人に任せればいいです】

ハートを送り合う男性と女性の画像。

結論ですが、

苦手な仕事は他の人に任せればいいです。


苦手な仕事と得意なこと、自分のできることは分けて働くようにするのがベストです。

はじめにお話ししましたが、仕事ができる人は苦手な仕事をできる限りやっていません。

それは自然とそうなっているのではなく、意識的にやっています。

それは後からお話しする、苦手なことをするデメリットと苦手な仕事をなくすメリットがあるからです。

これは仕事の分業性が始まった理由にも繋がります。

大切なのは、得意なことやできることをやって苦手なことは他の人に振ってしまうか協力することです。


苦手な仕事は他の人に任せればいいです。


では、苦手な仕事をするデメリットからお話しします。


スポンサーリンク

苦手な仕事をするデメリット【こんな思いをしてまでやる必要はない!】

リモートワークで働く女性の画像。

苦手な仕事をするデメリットは、次の3つです。

  • デメリット1:仕事のスピードが落ちる。
  • デメリット2:やる気が落ちる。
  • デメリット3:ストレスが増える。


デメリット1:仕事のスピードが落ちる。


苦手な仕事だと、どうしてもスピードが落ちてしまいます。

そうすると無駄に時間がかかってしまい、他の仕事が終わらなかったり休憩がなくなってしまったりするでしょう。

そもそも、なぜ世の中に分業性の仕事があると思いますか?

専門性というのは、得意な仕事に特化しているということです。そうすることで、仕事を効率的に進めているわけです。

そのことからも、苦手な仕事をすることはスピードが落ちることがわかるでしょう。


デメリット2:やる気が落ちる。


苦手なことは、誰でもやりたくはありません。やりたくないことにはやる気は出ませんし、モチベーションは下がります。

仕事はやる気が本当に大切です。やる気が基礎にあって仕事ができるようになると言っても過言はありません。

関連記事:仕事はモチベーション(やる気)で決まる!【現実的なモチベ維持の方法】


「苦手なことをする=やる気が低下する」ことになります。


デメリット3:ストレスが増える。


苦手なことは、ストレスの原因になります。

例えば、苦手な食べ物を食べるのはつらくて嫌ですよね?

それと同じで、苦手な分野の仕事をすることはつらいです。

それでも「苦手なことは挑戦して、克服した方がいい!」という人もいますよね。

ただこれは間違っていて、苦手な仕事は挑戦して無理ならすぐに辞めていいです。

なぜなら、仕事は自分が幸せになるためにやるものだからです。

自分が幸せになるためにやるにも関わらず辛いことを無理に続けて、ストレスがかかり過ぎては仕事をする意味がありません。

苦手なことはストレスがかかります。


このように、苦手な仕事をやることはデメリットがあります。こんな思いをしてまで、苦手な仕事をすることに意味がありますか?


逆に、苦手な仕事が減った時のメリットが大きいです。

次はメリットをお話しします。


苦手な仕事が減った時のメリット【ベストは徹底的に排除してしまうことです】

2人でデザインを作っている画像。

苦手な仕事が減った時のメリットは

  • メリット1:仕事のスピードが上がり、自由に使える時間が増える。
  • メリット2:仕事が楽しくなる。

です。深掘りします。


メリット1:仕事のスピードが上がり、自由に使える時間が増える。


得意なことは、仕事のスピードが上がるということはわかりやすいですね。

スピードが上がることで仕事に使う時間も減らせるので、その分あなたが使える自由な時間が増えます。

僕もできる限り無駄なことを減らして、いかにして自分の時間を作るかを意識してやっています。

そうすることで時間の削減だけでなく

・仕事のミスが減る。
・仕事が効率的になる。
・仕事に頭を使うようになり、仕事力が上がる。

ようになりました。

その分、自分のやりたいことに時間を使っています。


プライベートを大切にしている人はプライベートに時間が使えるようになるので、さらにいいですね。

関連記事:絶対に仕事よりプライベートを優先するべき根拠!【幸せになれるかが大切】


得意なことを意識的にすることで仕事のスピードが上がり、自由に使える時間が増えます。


メリット2:仕事が楽しくなる。


仕事自体が楽しくなります。

そもそも仕事が楽しくない理由は

  1. 仕事ができないこと。
  2. 職場の環境が悪いこと。

が大きな原因です。

仕事が楽しくなる方法は、下の記事で詳しく触れていますので読んでみてください。

得意なことを集めればストレスになることも無くなるので、楽しく仕事ができます。


このように、得意な仕事をやれば仕事がうまく進み出します。

ベストなのは、苦手な仕事を徹底的に排除してしまうことです。

こんなにメリットがあるのに、わざわざ苦手な仕事をする必要はありません。

ただそれでも、苦手な仕事をやらされる状況ってありますよね?そんな時は、どうすればいいんでしょうか?


苦手な仕事をやらされる時はどうすればいいのか?【転職してしまいましょう!】

二人の男性が話す画像。

苦手な仕事をやらされる状況であれば、転職してしまいましょう。


苦手な仕事をすることで、必ずストレスがかかって辛くなってきます。

人によっては「克服した方がいい」「挑戦しないといけない」と言いますが、それ以上に大切なことは自分の長所を活かすことです。


そもそも仕事は一人でやるものではありません。必ず何かで人に協力してもらっています。

なので、全て自分一人で仕事をやる必要はありません。

苦手な仕事を続けるとストレスが大きくなるので、転職してしまいましょう。



苦手な仕事をできる限り無くして、有意義な働き方をしましょう。


おしまいです。


次の記事>>>仕事が向いてないから辞めるのは甘え?【理由によっては甘えです】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です